ドコモ光に乗り換え

BIGLOBE光からドコモ光への乗り換えは事業者変更を待ったほうがお得

投稿日:

BIGLOBE光を使っているとauスマホの月額料金が安くなります。
でももしauスマホからドコモのスマホに乗り換えたとき、今度はドコモ光で割引が。

こんな時には固定回線の乗り換えも考えてしまいますが、現状では固定回線の光コラボを
乗り換えるのはちょっと大変なのです。

でも光コラボ同士の乗り換えが簡単になるサービスも、近々開始されるはず。
この新しいサービスを使った乗り換えについてちょっと調べてみました。

光コラボから光コラボへの再転用、事業者変更というサービスが始まる

現在は光コラボを使っている場合、その回線を使って別の光コラボにすることは
出来ません。

一応フレッツ光を使っている人が光コラボを使う場合には「転用」という
サービスを使うことが出来ます。

この転用とはフレッツ光を光コラボ用の光回線に変更する手続きのことで、光回線の
工事費などがかからずに光コラボに変更することができます。

ただ一度光コラボに転用してしまうと、そのフレッツ光回線は転用した光コラボの
専用回線に変わってしまいます。

冒頭の例えを使うならBIGLOBE光へフレッツ光から転用をすると、使っている回線は
BIGLOBE光の専用回線に変更されています。

この状態でドコモ光に変更するには一度光回線を撤去して、新しくドコモ光専用の
光回線を設置する工事が必要になります。

でもこの設置工事の手間がかからずに、フレッツ光からの転用と同じように光コラボから
光コラボへの転用が出来るサービスが開始されるのです。

それが「事業者変更」というサービスです。
ただし開始時期が遅れていて、実際に行われるまでもう少しかかります。

事業者変更のサービスは2019年7月開始予定

事業者変更は以前から計画されていて、実際にはもっと早くサービス開始される予定が
立てられていました。

総務省からの発表では2018年終わりくらいから2019年はじめにはサービスが
開始される予定と発表がありました。

でも実際には2018年5月に開始予定とされて、それが延期されて現状では開始時期が
2019年7月に予定されています。

サービス内容としてはかなり便利になると考えられるので、早く開始して欲しい
というのが正直な感想ですが・・・

では実際にどんなサービスが利用できるようになるのか。
もう少し詳しく確認してみましょう。

事業者変更では回線設置工事が必要ないのでかなりのコストダウンが期待できる

フレッツ光からの転用と同じように光コラボから光コラボへの転用という感じに
変更ができる事業者変更ではどれくらいのお得感があるのか。

簡単に言えば光回線の設置工事費がかからないので光コラボを変更するためのコストが
大幅に少なくなると期待されます。

現状BIGLOBE光からドコモ光に変更する場合、BIGLOBE光の回線撤去費用と
ドコモ光の回線設置工事費用が必要になります。

回線撤去費用は大体1万円くらい、回線設置工事費用は2万円くらいが必要です。
これが必要なくなるのはかなり嬉しいサービスです。

しかも切り替えにかかる期間も大幅に減るのも嬉しいところです。
問題がなければ15日以内に事業者変更が出来るはずなのでとても簡単です。

更にドコモ光のプロバイダにBIGLOBEを選べば使う環境はほぼ変わらずに
スマホの割引サービスだけを利用できるという魅力もあります。

まあこれはBIGLOBE光からドコモ光に事業者変更をする場合のメリットですが。
それと事業者変更にかかる料金もちょっと調べてみましょう。

事業者変更では事務手数料と光コラボの解約違約金がかかる可能性がある

事業者変更では転用と同じように事務手数料がかかります。
今の所事務手数料は3,000円弱と考えられています。

多分「転用」と同じくらいと考えられるので、その辺りの金額になるのでは?
というのが多くの人の意見です。

それとBIGLOBE光からドコモ光でもBIGLOBE光の解約違約金がかかります。
プロバイダにBIGLOBEを選んだとしても光コラボの解約違約金が発生します。

しかもBIGLOBE光の場合、3年契約もあるのでこちらの契約をしている場合は
違約金も高くなっています。

2年契約なら違約金は9,500円ですが3年契約の場合は違約金が20,000円です。
事業者変更をする場合でもこの光コラボの解約違約金は発生します。

一応BIGLOBE光の解約を契約更新のタイミングでできれば違約金の発生はなく
余計なコストがかからないということになりますが・・・

ドコモ光の対応プロバイダにBIGLOBEがあったとしても光コラボの解約をする
違約金は発生するので注意しましょう。

事業者変更は基本的に転用と同じ方法で申込みをする

では実際に事業者変更を行うにはどうすればいいのか。
こちらもBIGLOBE光からドコモ光に変更する場合で確認してみます。

基本的には転用と同じ手順で、同じ方法をすればいいだけです。
まず事業者変更承諾番号をもらいます。

転用の時には「転用承諾番号」をNTTからもらったはずですが、今回は
「事業者変更承諾番号」をNTTか今契約している光コラボ業者からもらいます。

今回はBIGLOBEかNTTから事業者変更承認番号をもらうということになります。
番号をもらったらそれを新しく契約する光コラボの業者に連絡します。

今回の場合はドコモ光に加入する予定なのでドコモに事業者変更承認番号を教えて
手続きを行ってもらいます。

基本的にはこれだけで事業者変更が出来ます。
まあドコモ光に加入する時にプロバイダを選ぶなどの手続きが必要ですが。

ちなみにドコモ光では対応しているプロバイダが20社以上あって、それぞれに
新規加入のキャンペーン特典が展開されています。

つまりドコモからドコモ光に申し込みをするよりも、対応プロバイダから申込みを
行ったほうがキャンペーン特典が使えるのでお得です。

ただBIGLOBE光からドコモ光に事業者変更する場合、BIGLOBEに番号をもらって
そのままBIGLOBEに番号を提出するというちょっと変なことになるかもしれませんが。

事業者変更承認番号の有効期限は15日間

こちらも転用承諾番号と同じなのですが、事業者変更承認番号にも有効期限があります。
やはり15日間という期限があるので、この間に手続きを完了させることが必要です。

転用のときと一緒で、この有効期限内に手続きが完了しない場合はもう一度同じように
事業者変更承認番号をもらう必要があります。

当然手続きもやり直しになるのですが、まあ基本的にはあまり有効期限が切れる
ということは無いと思います。

ただし番号をもらってから手続きを開始するまでに時間がかかると、有効期限が
切れてしまうということはあります。

15日間というそれなりに長い有効期限ですが、手続きをすると決めたらなるべく
早めに手続をすることがおすすめです。

事業者変更をやめたくなった場合は初期契約解除制度も使える

焦って事業者変更を行う必要はありませんが、万が一のときのために
契約を強制的に無効にできる制度もあります。

それが初期契約解除制度というもので、こちらは書面受付を初日とした8日間は
一方的に契約をなかったことにできる制度です。

簡単に言えば回線契約のクーリングオフということです。
8日間は解約違約金などが発生せずに契約を解除することが出来ます。

ただし事務手数料は返却されず、契約に必要となった機材の返送料金は
ユーザーが負担をすることになります。

例えばONUやホームゲートウェイのレンタルをした場合はその機材を
返送するための料金がかかることになります。

そしてこの初期契約解除制度というのは光コラボや事業者変更だけではなく
全ての回線契約で使うことが出来ます。

フレッツ光やモバイルルーターの契約でも使えるので、回線契約に失敗した
と思った時には使うようにしましょう。

事業者変更はひかり電話の乗り換えも楽

事業者変更のもう一つのメリットとしてひかり電話の乗り換えが便利になる
ということがあります。

現在はBIGLOBE光からドコモ光に乗り換えた場合、IP電話のひかり電話を
契約していた場合にちょっと面倒な手続きが必要です。

元々NTTから電話番号の権利を購入していた場合、ひかり電話にする時にMNPで
同じ番号を使えるようにしたはずです。

そして今の状況では光コラボから光コラボへの乗り換えができないので
ひかり電話のサービスも一度解約して再契約する必要があります。

ただひかり電話では一度解約すると、その時の番号を使い続けることが出来ません。
そこで一度IP電話からアナログ電話に戻してから、またひかり電話に契約するのです。

つまりBIGLOBE光を解約する前に電話だけアナログ電話に戻す申込みをします。
その後でドコモ光に加入してひかり電話を契約、MNPでアナログ電話を引き継ぎます。

こんな手間を掛けることなく使えるようになるのが事業者変更です。
事業者変更ではオプションサービスをそのまま引き継ぐことができます。

当然ひかり電話も解約する必要がなく、電話番号も変わらずにそのまま使い続ける
ということが可能になるのです。

現状ひかり電話でもらった番号を引き継ぐことは出来ない

ちなみにNTTの電話番号の権利を持っていないで、BIGLOBE光からひかり電話を
契約してもらった電話番号はどうやって引き継ぎをするのでしょうか。

現状ではひかり電話の新規加入で使っている電話番号を使い続けることは出来ません。
最初からIP電話で契約した番号はアナログ戻しができないのです。

まあ普通に考えてもひかり電話加入でもらった電話番号ではアナログ回線からの
転用ではないので使えるアナログ回線がありません。

アナログ戻しと言うにはアナログ回線にもとからあったものを戻すという意味なので
IP電話をアナログにすることは出来ないのです。

つまり現在ひかり電話加入でもらった電話番号を使い続けたいと思うなら
光コラボの乗り換えは事業者変更が始まるまで待つことがおすすめです。

事業者変更では利用しているオプションは可能な限り使い続けることが出来る

ひかり電話と同じくオプションサービスの扱いはどうなるのか。
事業者変更では可能な限り同じオプションが使えるようになるはずです。

BIGLOBE光からドコモ光の場合はそれほど大きな問題になりませんが、プロバイダで
使えるオプションサービスの種類が違っています。

ひかり電話やひかりTVなどNTT提供のサービスでは同じように使えるのですが
プロバイダ提供のサービスにはちょっと違いがあります。

例えば訪問サポートの有無、ウイルス対策ソフトの有無、他にも多くのオプションが
プロバイダによって提供されています。

事業者変更をする場合、それらのオプションサービスが基本的にあまり変わらないように
NTTも含めてサポートをする事になっています。

事業者変更で乗り換えた先のプロバイダに元のプロバイダで使っていたオプションが無い
という場合でもNTTが同じようなオプションをつける事になっています。

まあBIGLOBE光からドコモ光に事業者変更をする場合、ドコモ光のプロバイダに
BIGLOBEを選べばほぼ問題なく使えるのですが。

どんなプロバイダを選んだ場合でも安心して同じ環境で使えるようになるはずです。
オプションに関しては安心できると思います。

携帯割引のためにBIGLOBE光からドコモ光はおすすめできる乗り換え

事業者変更が始まれば光コラボから光コラボへの転用がかなり簡単に出来るようになり
光コラボの選び方にも大きく選択肢が広がります。

私のようにBIGLOBE光でauの割引を使っていたけど、携帯端末の変更と一緒に
ドコモ光に乗り換えてドコモの割引を使うというのもおすすめの方法です。

まあBIGLOBE光からドコモ光の場合は解約違約金がかかるのでタイミングには
気をつける必要があると思いますが。

ドコモ光でもプロバイダにBIGLOBEを選べば現在の環境と変わらずにそのまま
光回線を使い続けることが出来るというのも魅力を感じます。

ちなみに事業者変更では光コラボからフレッツ光への変更も可能です。
更にNTT東日本からNTT西日本への引っ越しにも使うことが出来ます。

今までユーザーが負担に感じていたことが事業者変更で大きく負担を減らせる
という状態になりそうです。

-ドコモ光に乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.