ドコモ光に乗り換え

光回線を@nifty光からドコモ光に変更するとお得になる?

投稿日:

現在光コラボを使っている場合に別の光コラボに乗り換えると使っているひかり電話が
ちょっとした問題になってしまいます。

電話番号を変えることなく別の光コラボに乗り換える方法もあるのですが
それが使える人は限られてしまいます。

この問題を解決することが出来るサービスが、今度開始されることになりました。
それを使った場合にどれくらいお得になるのかちょっと考えてみました。

@nifty光からドコモ光に乗り換えると電話番号が変わる可能性がある

例えば現在@nifty光を使っていて、この光コラボをドコモ光に乗り換えたい
と思っていた場合を考えてみます。

まあこれは私のことで、@nifty光でauスマホの割引を使っているのですが
家族を含めてスマホをドコモに乗り換えるつもりです。

誰もauスマホを使わなくなると自宅の固定回線が@nifty光である必要がなく
逆にドコモ光にすることで大きな割引にも期待が出来るようになります。

でも@nifty光でひかり電話を使っている場合にドコモ光に乗り換えると
ひかり電話の電話番号が変わってしまう可能性があるのです。

学校の連絡などで自宅の電話番号を使っているのでできれば電話番号を変えずに
ひかり電話の乗り換えもしたいのですが・・・

「ひかり電話の電話番号が変わってしまう可能性」というのは電話番号が
変わらない可能性というのもあるためですが。

では@nifty光からドコモ光に乗り換えた時にひかり電話の番号が変わらない場合と
革てってしまう場合について確認してみます。

元々NTTから電話番号の権利を購入していた場合は電話番号が変わらない

まずは現状の電話番号が変わらずに同じ電話番号を使い続けられる場合を
確認してみます。

これは@nifty光でひかり電話のオプションに加入する以前からNTTの電話番号を
使っている場合です。

NTTの電話番号の権利を持っていてアナログ回線の電話を使っていた、その時の
電話番号をMNPで引き続き使っていた場合は使い続けることができます。

まあ元々持っていた電話番号を使い続けるだけなので@nifty光からドコモ光に
乗り換えた場合でも同じ電話番号を使うことができます。

ただし普通に乗り換えをしても電話番号が使えなくなってしまうのでちょっとした
手続きが必要になります。

それが「あまログ戻し」と言われる手続きです。

ひかり電話を一度アナログ回線の電話に戻してからまたIP電話にする

@nifty光からドコモ光に乗り換える前に一度NTTに連絡をして現在使っている
ひかり電話サービスをアナログ電話に戻すという手続きが必要です。

元々アナログ電話の番号をIP電話で使っていたので、その電話番号自体を再び
アナログ回線用の電話番号に戻すことも出来るのです。

ただしこのアナログ回線への変更には手数料が必要で、大体4,000円位がかかります。
これをしなければひかり電話の解約をした時に使っていた電話番号が使えなくなります。

同じ光回線を使ったサービスならそのまま使えそうだ、と思うのですが光コラボに
変更してしまうと光回線はその光コラボ専用に変わってしまうのです。

つまり現状では光コラボごとに設定されている光回線を使う必要があるので、乗り換えの
前に電話番号だけアナログ回線に戻してまたMNPを行う必要があります。

コストも手間もかかるのですが、現状では同じ電話番号をひかり電話で使い続けるには
このような手続きが必ず必要になるのです。

新規で@nifty光からひかり電話に申し込みをした場合は電話番号が変わる

ではひかり電話の電話番号が変わってしまう場合についても確認してみます。
こちらは@nifty光からひかり電話に加入した新規申し込みの場合です。

以前からアナログ回線の電話を使っていたわけではなく、@nifty光やフレッツ光に
加入した時にひかり電話に加入して電話番号をもらった場合はアナログ戻しが出来ません。

アナログ戻しはその名前のとおりにアナログ回線に戻すことです。
最初からひかり電話というIP電話で使っていた電話番号は戻すアナログ回線がないです。

つまりひかり電話の新規加入で使っていた電話番号は今の光コラボを変更すると
二度と使えなくなるということになります。

ちなみにフレッツ光から光コラボ、この場合は@nifty光に転用した場合には
電話番号が変わることなく使えました。

光コラボの乗り換えもこの転用と同じように考えている人もいるようですが
現状では光コラボに転用すると、再転用をすることが出来ないのです。

この転用による電話番号の問題があったために今までは光コラボへの転用には
かなり気をつける必要がある、と言われていました。

実際に色々と問題点もあったようで。
総務省からもその問題を解消するための新しいサービスの発表が行われました。

事業者変更という新しいサービスが始まる予定

フレッツ光と光コラボ、光コラボ同士の乗り換えに関するトラブルを解消するために
総務省から新しいサービスの提供が発表されました。

それが「事業者変更」という手続きで光コラボの再転用が可能になるということです。
これが始まればひかり電話に関する問題点はほぼ解消することになります。

まあひかり電話だけではなく多くのトラブルが光コラボの乗り換えに関してはあって
それを解決するための方法として「事業者変更」という制度が始まります。

ただしこの制度、当初の予定では2018年の終わりから2019年の初めには
開始される予定だったのですが・・・

一度正式に2019年5月から開始するとアナウンスされ、期待をして待っていたら
まさかの延期という状況に。

現在は2019年7月から受付を開始する、という発表がありました。
今度は延期されないことを望んでいます。

事業者変更で光コラボ同士の再転用やフレッツ光に戻すことが出来るようになる

では事業者変更でどんなことができるようになるのか。
簡単に言えば光コラボから光コラボへの再転用が出来るようになります。

@nifty光からドコモ光への乗り換えも事業者変更を使えば、以前のフレッツ光からの
転用と同じようにかなり簡単な手続きで出来るようになります。

転用と同じ手続きで光コラボ同士の変更ができるので、ひかり電話に関する問題点は
ほぼなくなってそのままの電話番号を使い続けることが出来るのです。

元々フレッツ光でひかり電話に申込みをしても光コラボに転用する時にはそのサービスを
そのまま使い続けることが出来ました。

事業者変更でも同じように全てのオプションが変わらずに使い続けられるので
ひかり電話も電話番号を変えずに使う事ができるのです。

アナログ戻しも必要なく最初からIP電話の電話番号の場合でも使い続けられるので
ひかり電話を使っている人にとってはかなり嬉しいサービスになるはずです。

ちなみに光コラボ同士の再転用だけではなく、光コラボからフレッツ光に戻す
ということもできます。

さらに言えば現状では同じ光コラボでもNTT東日本とNTT西日本では管轄が違うので
一度解約して再契約が必要でした。

でも事業者変更を使えばこれも問題なく、簡単な手続きだけでNTT東日本と
NTT西日本の引っ越しができます。

かなり多くの問題点の解消ができると期待しています。

事業者変更のメリットは回線工事の手間とコストがかからない

現在の状況で考えられる問題点が事業者変更でどれくらい解決できるのか。
事業者変更を使うメリットについて考えてみます。

とりあえずひかり電話に関しては説明したので割愛。
他に考えられるメリットについて考えてみます。

まずは光コラボでかかる回線工事が大幅に軽減される、と期待できます。
現状では光回線の撤去と設置の工事が必要になります。

現在@nifty光からドコモ光に乗り換えるなら、一度光回線を撤去してから
新しくドコモ光の光回線を設置する必要があります。

光回線の設置には工事が必要なのでその工事費用がかかります。
集合住宅の場合は撤去費用も2,000円程度と安いことも多いのですが。

戸建住宅の場合は撤去費用も10,000円位、更に設置費用もドコモ光の場合は
18,000円くらいとかなり高額の工事費用が必要になります。

でも事業者変更では転用と同じなのでこの工事費用がかかりません。
かかるのは事務手数料の3,000円程度です。

撤去も設置も何の回線工事もしないで@nifty光からドコモ光への乗り換えが
出来るようになるのです。

ひかりTVの再契約も必要なくなる

現状では光コラボで使っていたオプションサービスは全て解約して新しく
再契約することが必要になります。

光回線を使ってテレビを楽しめるひかりTVへの加入をしていた場合にもやはり
一度解約をして再契約が必要です。

そしてひかりTVは以前の契約では2年契約で月額料金が割引になるという契約があり
これの契約期間内に解約すると違約金10,000円が必要でした。

現在の契約では2年契約をして途中解約した場合の違約金が3,500円になっています。
まあ2年契約をしていれば違約金がかかるのは同じなのですが。

そして事業者変更ではこの解約再契約が必要なくなるので途中解約の違約金が
かからないのです。

フレッツ光を使っているサービスに関しては完全に「転用」のときと同じように
サービスを使い続けることが出来るのでかなり便利になると思います。

プロバイダの変更によるオプションサービスの変更についても出来る限り対応

場合によっては事業者変更をした時にプロバイダが変更になることもあります。
@nifty光からドコモ光の場合は、ドコモ光で@niftyを選べばいいのですが。

ドコモ光は対応しているプロバイダが20社以上あって、そのプロバイダから
好きなところを選んで契約が出来るという魅力があります。

ドコモ光対応プロバイダには@niftyを始めBIGLOBEやSo-netなどの大手が
たくさん参加しています。

対応していないプロバイダもあるので、例えばソフトバンク光からドコモ光に
事業者変更をした場合は必ずプロバイダの変更があります。

そしてプロバイダによって提供しているオプションサービスの違いがあります。
事業者変更ではそのオプションサービスについてもフォローが行われるようで。

現時点ではあまり明言されていませんが、プロバイダの変更によるオプションの
利用が出来なくなった場合はNTTがサービスのフォローをするようです。

乗り換えた先のプロバイダで提供されていないオプションを使っていた場合には
NTTがそのサービスを代行する、ということのようですが・・・

一応プロバイダのオプションも変わらずに使い続けることが出来るようです。

事業者変更は転用と同じ手続きで利用可能

実際に事業者変更の手続きはどうすればいいのか。
こちらも基本的には転用の手続きとほぼ変わらないやり方になるようです。

転用ではフレッツ光を提供しているNTTに「転用承諾番号」をもらって、それを
申し込む光コラボの提供会社に提出するという形になります。

@nifty光に転用するならNTTから転用承諾番号をもらって@niftyに提出して
申込みをするということになります。

そして@nifty光からドコモ光に乗り換える場合、今度は@niftyに
「事業者変更承諾番号」をもらってドコモに提出することに。

まあドコモ光の場合はドコモに申し込みをするよりも対応プロバイダから
申込みをしたほうがキャンペーンが使えるのでお得になります。

そして事業者変更でもドコモ光の各プロバイダは新規契約と同じ扱いになるので
そちらのキャンペーン特典が使えるようになるそうです。

ちなみに@niftyもドコモ光に対応しているのでこちらに申し込む場合には
@niftyから事業者変更承諾番号をもらって@niftyに提出することになりますが。

一応手続きとしてはこれだけなので一度転用をしたことがあれば問題なく
手続きができると思います。

事業者変更承諾番号にも有効期限がある

転用承諾番号と同じように事業者変更承諾番号にも有効期限があります。
有効期限は15日間で、この有効期限内に手続きを終わらせる必要があります。

これも転用と同じで、有効期限が過ぎてしまうと手続きの途中であっても
番号が使えなくなるのでそこで一旦手続きがストップしてしまいます。

事業者変更を続けるためにはまた新しく事業者変更承諾番号をもらう必要があり
当然ですがそちらも有効期限が15日間です。

手続きにかかる時間は転用の場合は大体1週間から10日程度かかると言われています。
それを考えると番号を受け取ってから5日以内に手続きを開始する必要があります。

事業者変更でも同じくらいの時間がかかると考えるなら、やはりそれほど時間的な
余裕はないと思ったほうがいいかと。

事業者変更承諾番号をもらったらすぐに手続きを開始することをおすすめしておきます。

事業者変更でも初期契約解除制度は使える

インターネット回線契約で契約の説明や内容でおかしなことがあり、解約したいと
思ったら初期契約解除手続きを使えます。

これはインターネット回線契約の時のクーリングオフという感じの制度で
申込みから8日以内の契約を一方的に解除することができる制度です。

強引な勧誘や間違ったセールストークによる被害を防ぐための制度ですが
これを事業者変更でも使うことができます。

申込みから8日以内という時間的な制限がありますが、万が一の時には違約金なしで
一方的に解約手続きを取ることができます。

一応レンタルなどで受け取った機材の返送料金はユーザー負担で、事務手数料だけは
返却されません。

でも不満のある回線契約を使い続けることや高額な違約金を払うことに比べると
かなりコストが抑えられるはずです。

事業者変更が開始されるとそれを使ったかなり強引な勧誘も予想されます。
その時には初期契約解除制度を思い出してください。

考えられる負担は光コラボの解約違約金だけなので使いやすいと感じる

一応事業者変更でもかかるコストがあります。
それが使っていた光コラボの解約違約金です。

@nifty光からドコモ光に変更する場合、ドコモ光のプロバイダに@niftyを選んでも
@nifty光を解約することに変わりはありません。

つまり@nifty光の契約によって解約違約金が発生することもあるのです。
ちなみに2年契約で9,500円、3年契約では20,000円必要です。

@nifty光からドコモ光への乗り換えを契約更新のタイミングで行えば違約金は
発生しないのですが。

たとえ乗り換え後に同じプロバイダを使う場合でも光コラボを変更する時には
解約違約金が発生するので、そこには注意しましょう。

でも逆に言えばそれ以外に注意点がなく、特にひかり電話に関してはかなりの
使いやすさが予想できるのが事業者変更です。

携帯端末の変更に合わせて光コラボも乗り換えたいけど電話番号の問題がある
という方にも事業者変更ならおすすめできます。

-ドコモ光に乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.