ドコモ光に乗り換え

光ギガからドコモ光に乗り換えるお得な方法とは

投稿日:

一度光コラボに転用すると、その後でフレッツ光に戻すことや別の光コラボに
乗り換えることが難しくなると言われています。

実際に手続きなども大変なので光コラボを選ぶ時にはかなり慎重にするべき
という意見は多くあります。

ただちょっとした不注意でおすすめできない光コラボに加入してしまったときに
お得に乗り換えることができる方法もできそうですが・・・

現状で光ギガからドコモ光に乗り換えるのはとても大変

光ギガという光コラボをご存知でしょうか。
Toppa! というプロバイダを経営するハイビットが提供する光コラボです。

かなり広く勧誘を行っていたので、一度くらいは勧誘で名前を見たことが
あるかもしれません。

その光ギガという光コラボなのですが、こちらがとても評判が悪いことでも有名で
過去2回も行政指導を受けていることでも有名です。

それを知らずに光ギガに加入してしまうと、乗り換えをしたいと思う人も多く
特に携帯電話の割引があるドコモ光への乗り換え希望が多いと聞きます。

ただ現状では光ギガからドコモ光への乗り換えはとても困難な状況です。
手続きやかかるコスト面の問題がとても大きいのです。

まずは現状で光ギガからドコモ光に乗り換える場合の状況を確認してみます。

光回線を一度撤去して再設置する工事が必要

一度光コラボで使った光回線はそれ以降、他の光コラボでは使えなくなります。
フレッツ光回線を完全に光コラボ専用として企業に卸して使うためです。

つまり光回線自体は同じフレッツ光で使っているものなのですが中身が変わるので
別の光コラボでは使えなくなります。

賃貸住宅で以前利用していた住民が残した光コラボの光コンセントが次に入った
入居者が使う別の光コラボでは使えないのも同じ理由です。

現状では光コラボから光コラボへの乗り換えをする時には使っている光回線を
一度撤去して、新しく設置をし直す必要があるのです。

当然撤去費用と設置費用がかかります。
撤去費用は大体10,000円位、設置費用は光コラボと住居の形態によって変わります。

集合住宅なら2,000円位でできる場合もあるのですが、戸建住宅では光回線設置は
18,000円位かかります。

光ギガからドコモ光に乗り換える場合、一戸建てなら回線工事費用だけで
30,000円くらい必要になってしまうのです。

ひかり電話やひかりTVは解約再契約が必要

もう一つ、光ギガからドコモ光に乗り換える時に大変なのがオプション加入していた
ひかり電話やひかりTVです。

フレッツ光から加入していたオプションなら光コラボへの転用ではそのまま使い続けて
何も問題はありませんでした。

でも光コラボを乗り換える時にはオプションも全て一度解約する必要があります。
また使う場合には再度契約が必要になるのです。

ひかりTVで長期契約をしていた場合には違約金がかかります。
まあ現状の契約では3,500円程度ですが。

問題はひかり電話で、こちらは解約した場合に電話番号が変わってしまいます。
一度アナログに戻せるならいいのですが・・・

ひかり電話の加入でもらった電話番号は光コラボの乗り換えをすると使えなくなり
同じ番号をもらうことが出来ません。

つまり現状では電話番号が変わってしまう可能性は高いのです。

電話番号はアナログ戻しをすれば変わらずに使い続けられる

ひかり電話のアナログ戻しとは、元々アナログ回線で使っていた電話番号のみできる
電話番号を変えずに光コラボの乗り換えをする方法です。

元々アナログ回線で使っていた電話番号をひかり電話にした時にMNPで使った場合
同じ電話番号をアナログ電話に戻すことができます。

一度アナログ回線の電話に戻して光コラボを乗り換える。
その後またひかり電話の申込みをして電話番号をMNPで使えばいいのです。

ひかり電話加入時にもらった電話番号の場合、アナログ電話で使っていた
電話番号ではないので戻すアナログ回線がないので出来ません。

これはアナログ回線で使っていた電話番号でのみできる方法です。
ちなみに手数料は2,000円から11,000円とかなり幅があります。

現在のアナログ回線の状況とNTTに情報が残っているかなどで料金が
変わるようですが・・・

元々使っていたアナログ回線がまだ使えるようなら8,000円はかからないくらいで
アナログ戻しは出来ると思います。

まあそれにしても高い工事になる可能性はあるのですが。

光ギガに行政指導が入った原因は無いはずの転用費用

では次に光ギガの評判が悪い原因、行政指導が行われる原因についても
確認をしてみましょう。

行政指導、というかはっきり言えば業務改善命令が出た理由としては光ギガを
選んだユーザーが不利益を被るような営業をしていたから。

もっとはっきり言えば光ギガにしか無い、普通の光コラボでは取られることがない
コストをユーザーからもらっていたことに対する注意がありました。

フレッツ光を使っているユーザーが光コラボにするときは「転用」という方法で
光コラボに乗り換えをする事になります。

そしてこの「転用」ではその時に使っていたフレッツ光回線をそのまま使うので
回線工事費が必要なく事務手数料だけで乗り換えが出来るようになります。

手続き的には色々とあるのですが、コストが殆どかからずに出来るというのも
転用の大きな魅力の1つです。

でも光ギガへ「転用」をした時には何故か「転用工事費用」が必要だったのです。
名前は初期工事費用ですが、転用をした時に工事はないはずです。

しかもこの初期工事費用は33,375円とかなり高額で、それを36回払の分割で
支払い続けていたということのようです。

途中解約した時にも未払い分の初期工事必要の支払いが必要になります。
これがかなり大きな負担になってユーザーにかかるのです。

行政指導後にはこの初期工事費用がなくなったことでもわかるように
謎のコストを取られていたとしか思えません。

契約してしまった以上、支払い義務があるというのはかなり残念ですが
こんなことをされれば乗り換えを考えるのもよくわかる気がします。

光ギガが行政指導を受けたポイントは他にも多い

ちなみに光ギガが行政指導を受けたのはこの「初期工事費用」だけではなく
他にも多くのポイントが有りました。

特に電話などでかなり強引な勧誘をして、しかもその説明が不十分でなおかつ
間違った認識を与えるような説明だったことも問題として挙げられています。

つまり嘘の勧誘をしてユーザーを増やしていた、と判断されたわけです。
実際に初期工事費用の説明などもしっかりとされていなかったと聞いています。

それに転用に必要な「転用承諾番号」取得の手続きに関しても強引なところがあり
そちらでも注意が行われていました。

強引な勧誘と嘘の説明、不必要な料金の支払いを求めるという行動が問題点になり
実際に2階に渡って行政指導を受けているのが光ギガです。

少しでもコストを安くするために事業者変更が開始されるまで待つのもおすすめ

現状少しでも早く光ギガからドコモ光に乗り換えたいと思っている方も多いと思いますが
光コラボ同士の乗り換えならとてもおすすめの制度がもう少しで始まります。

一応2019年7月から開始される予定の制度が「事業者変更」という制度で、こちらでは
光コラボから光コラボへの転用が可能になるのです。

現在は説明したとおりに一度光コラボに転用すれば、乗り換えるためには解約して
別の光コラボを再契約する必要があります。

でも事業者変更なら光コラボから光コラボへの転用、光コラボからフレッツ光への転用
ということが出来るようになります。

光ギガからドコモ光に乗り換えるのも事業者変更を使えば解約再契約が必要なく
転用と同じ感覚で再転用が出来るのです。

ではこの事業者変更ではどんなメリットが有るのか。
詳しく確認してみましょう。

光ギガからドコモ光に乗り換えても工事必要がかからない

フレッツ光からの転用と同じように光コラボ同士の転用が可能になるのが事業者変更です。
つまり光ギガからドコモ光に乗り換える時に工事費用がかからなくなります。

光ギガではなぜか転用で工事費用が必要でしたが普通は転用に工事費用はありません。
そして事業者変更でも工事費用もなく乗り換えが可能です。

ただし事務手数料は必要になります。
今の所事務手数料として3,000円程度かかるのでは、と言われています。

回線の撤去も再設置もないので工事費用が全くかかりません。
これはかなりのコストダウンが期待できる乗り換えです。

フレッツ光やプロバイダのオプションもそのまま乗り換えが可能

もう一つ大きなメリットとして光回線を使ったオプションを始め、プロバイダで
契約しているオプションもそのまま乗り換えが可能になることです。

まず光回線を使ったオプション、ひかり電話やひかりTVはやはり転用と同じように
サービス内容を変えずにそのまま使い続けることができます。

解約再契約ではないのでひかりTVの違約金も必要なく、何よりひかり電話の
電話番号がそのまま使い続けることができるのです。

アナログ戻しも必要なく、ひかり電話でもらった電話番号もそのまま使い続けることが
出来るのでプロバイダが変わっても電話番号が変わりません。

プロバイダのオプションに関しては乗り換えるプロバイダに同じようなサービスがあれば
それを契約する形になります。

乗り換えるプロバイダにサービスがない場合は、現状ではNTTがサービスを代行して
使っているサービスに近いものを提供する事になりそうです。

光ギガの解約違約金は必要になる

かなりメリットが大きな事業者変更ですが、コストが全く必要ないわけではなく
使っていた光コラボの解約違約金は発生します。

光ギガからドコモ光に乗り換えるなら光ギガで発生した解約違約金は支払いが必要で
もし初期工事費用の契約もしていれば支払いが必要になってしまいます。

「詳しい説明もなく契約させられた」と言っても契約書がある以上支払いが必要で
これは必要なコストということになります。

ただ違約金が発生しないタイミングで解約をすれば、このコストはかかりません。
現在まだ始まっていない事業者変更なので、乗り換えタイミングを考えるのもいいかと。

レンタル器材の返却費用がユーザー負担になる可能性も

後はレンタルしていた機材の返却についても負担がある可能性が。
基本的にレンタル品の返却費用はユーザー負担だった気がします。

ただ転用と同じなのでNTTからレンタルしている機材はそのまま使い続けることが
出来るようになっています。

ONUやHGWなどNTTからレンタルして光ギガに転用した時には返却せずに
そのまま使い続けていたと思います。

この機材は光ギガからドコモ光に再転用した場合もそのまま使い続けることが
出来るはずなので返却する必要がありません。

返却が必要なのは解約する光ギガでレンタルしていたものです。

初期契約解除制度も上手に使う事が重要

光ギガのように行政指導が入るようなプロバイダや光コラボというのは珍しいですが
実際に使っていてもあまりいいと思えないところはあります。

そんな時には回線契約のクーリングオフ、初期契約解除制度も使いましょう。
こちらは契約から8日間なら一方的に契約解除が出来る制度です。

クーリングオフと同じで決まりはあるのですが、契約してしまった後でも違約金の
支払いをせずに解約することが出来るのはとても便利です。

まあこちらの場合も事務手数料が返却されず、レンタル機器の返送費用はやはり
ユーザー負担になります。

でも光ギガのような不要な転用時の回線工事費の支払いを続けるよりも安いコストで
解約ができる制度です。

ちなみに初期契約解除制度は事業者変更でも使うことができます。
強引な勧誘で事業者変更をしてしまった時にも使えるので覚えておきましょう。

-ドコモ光に乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.