ドコモ光に乗り換え

ぷらら光からドコモ光に乗り換える方法は?

投稿日:

NTTのグループ会社ということでぷらら光を使っている、という方も多いかと。
確かにフレッツ光回線提供のNTTの系列会社ならサービスは安定していると感じます。

でもぷらら光では同じNTTグループのドコモが提供しているスマホの割引など
グループ関係のお得な割引が使えません。

そこでドコモの携帯端末に乗り換えた時に、一緒にぷらら光からドコモ光に
固定回線も乗り換える方法を考えてみます。

今はぷらら光からドコモ光に乗り換えることは難しい

ぷらら光はフレッツ光回線を使った光コラボというサービスで、プロバイダに
plalaを選んでフレッツ光回線とセットで支払いをする事になります。

プロバイダ一体型料金体系といえばいいでしょうか、今までのフレッツ光+プロバイダの
月額料金よりも安くなるというメリットがあります。

ただし光コラボにするにはフレッツ光を使っている場合には「転用」という制度を使えば
事務手数料だけで乗り換えることができます。

フレッツ光からぷらら光にするなら転用をするだけで回線工事も必要なく乗り換えが
出来るようになります。

ただ一度「転用」をしてしまうと、別の光コラボの契約をする時に回線を流用することが
出来なくなります。

つまり現状ではぷらら光からドコモ光に乗り換える場合には一度光回線の撤去をして
再設置工事が必要になります。

転用のときのように簡単にぷらら光からドコモ光に乗り換えをする方法が現在は
まだないのです。

光回線の撤去と再設置工事にはかなりの費用が必要

では現状でぷらら光からドコモ光に乗り換える場合、どれくらいの費用がかかるのか。
簡単にですが調べてみました。

まず使っている光回線の撤去と、新しく使う光回線の設置工事が必要です。
どちらも光コラボなので使うのはフレッツ光なのですが、流用ができないのです。

説明では光コラボにした時にフレッツ光を契約した光コラボ専用回線として
卸すために他のサービスでは使えなくなるとか。

新しく光コラボを使うためには、新しい光回線が必要になるので現在の回線を
まずは撤去してそこに新しく回線を設置するという工事が必要です。

撤去工事は大体10,000円位、回線設置工事は普通にフレッツ光の設置工事費で
戸建てが18,000円で集合住宅が15,000円です。

更に費用のことを考えるなら解約するぷらら光の解約違約金が発生する可能性も。
まあぷらら光は基本的に2年契約の割引がありません。

つまり契約途中の解約による違約金というのが発生しないのです。
ただしこれには例外があります。

例えばぷらら光に加入する時にキャンペーンを使っていた場合、キャンペーンの
適応条件に複数年契約が必要と書かれている場合があります。

後はひかりTVに加入していた場合は2年契約の可能性があるので、そちらには
違約金が発生してしまいます。

そしてこのひかりTVなどオプションサービスが光コラボ同士の乗り換えでは
大きな問題になるのです。

ひかり電話、ひかりTVなどのオプションは一度解約が必要

フレッツ光回線を使って利用していたオプションサービスは、光コラボの
乗り換えをする時に一度すべて解約する必要があります。

先程のひかりTVはもちろん、ひかり電話も解約して再契約が必要になります。
問題点としてはこのひかり電話の再契約の時に同じ電話番号が使えなくなります。

元々アナログ電話で使っていた電話番号をひかり電話にMNPした場合はアナログに
戻して解約をすると電話番号が変わりません。

そして再契約をする時にまたアナログ電話からのMNPをすればいいのですが。
アナログ回線に電話番号を戻すのにも手数料がかかります。

しかもアナログ戻しの手数料は現在の電話回線の状況によって料金が変わります。
アナログ電話回線がすでになくなっている場合には11,000円という高額が必要です。

NTT基地局の切り替え工事だけなら2,000円でアナログ戻しが出来るのですが。
それと元々アナログ電話で使っていた番号以外、アナログ戻しは出来ません。

ひかり電話に新規加入をしてもらった電話番号の場合は最初から光回線で使う
電話番号ということになります。

このIP電話でもらった電話番号をアナログ回線で使うことは出来ないのです。
まあ「アナログ戻し」なので電話番号を戻す事ができる回線もないと思いますが。

ひかりTVの場合はレンタルしていた機材を一度返却して、また借りるという
手間がかかることになります。

こちらは買い取りをしていれば次に申込みをする時にちょっとはコスト削減が
出来ると思いますが・・・

とにかく手間がかかるということになるので注意しましょう。

事業者変更という制度がもう少しで始まる予定

現状ではぷらら光からドコモ光への乗り換えにはかなりのコストがかかる
ということがわかりました。

でもこの大きなコストや手数料がかからずに光コラボ同士の乗り換えが出来る
という制度がもう少しで出来るようになります。

以前から総務省が発表していた光コラボから光コラボへの転用手続き、再転用が
出来るようになる制度がもう少しで開始されるのです。

それが「事業者変更」という手続きで、これが始まればぷらら光からドコモ光への
乗り換えもかなり簡単に出来るようになります。

以前の発表では2018年年末から2019年年始にかけてサービス開始される
と言われていました。

でも実際には2019年5月に開始と発表され、それが延びているという状態です。
現在は2019年7月に開始されるとアナウンスされています。

多くのユーザーが期待して待っているこの「事業者変更」手続きの内容を
ちょっと確認してみましょう。

光コラボから光コラボへの再転用で手続きが簡単に

簡単に言えば事業者変更というのは光コラボの再転用が可能になることです。
つまり光コラボ契約中に再度、別の光コラボに転用が出来るようになるのです。

例えばフレッツ光からぷらら光に転用する時には事務手数料として3,000円と
プロバイダの変更があればその手続が必要でした。

でもフレッツ光+plalaで使っていた場合にはプロバイダの変更無しでぷらら光に
転用するので乗り換え作業がありません。

回線もフレッツ光をそのまま流用することが出来るのでとても簡単にぷらら光に
転用することが出来ました。

これと同じように事業者変更でもぷらら光からドコモ光にとても簡単に乗り換えが
出来るようになるのです。

転用と同じように事業者変更でも事務手数料がかかります。
これも多分ですが3,000円程度で出来ると考えられています。

そして「再転用」なので回線の工事が必要なく、基地局の切り替え工事だけで
別の光コラボに乗り換えが出来るようになります。

転用のときと同じようにドコモ光でplalaを使うなら事業者変更でも
プロバイダの解約と契約が必要なくなります。

事業者変更では環境を変えることなく、かなり簡単に光コラボ同士の乗り換えが
出来るようになるのです。

事業者変更では光回線のオプションもそのまま使う事ができる

事業者変更での最大のメリットは光コラボで使っていたオプションがそのまま
別の光コラボで使えるようになることです。

今の光コラボの乗り換えではフレッツ光のオプションを一度全て解約して
再契約をする必要があります。

でも事業者変更ではひかり電話やひかりTVを解約する必要がなく、そのままの
環境で使い続けることができるのです。

つまりひかり電話の解約が必要ないので、最初からひかり電話契約でもらった
電話番号が変わらずにそのまま使い続けることができます。

アナログ戻しが必要ないのでこちらの手数料もかからなくなります。
ひかりTVの解約違約金も発生しません。

「固定回線の乗り換えをしたいけど電話番号が変わるのが嫌だ」という人には
これほど大きなメリットは無いと思います。

そしてこれはぷらら光からドコモ光という同系列企業だけの特典ではなく
どこの光コラボ同士の乗り換えでも継続利用が可能です。

プロバイダのオプションも出来る限り継続可能

フレッツ光のオプションではなく、契約していたプロバイダのオプションも
出来る限り継続して使えるようになるそうです。

ぷらら光からドコモ光の場合、ドコモ光の対応プロバイダにplalaもあるので
基本的に環境を変えずに乗り換えることができます。

でもplalaから別のプロバイダにする場合や、最初からドコモ光の対応プロバイダと
契約していなかった場合でもオプションは基本的に使い続けられます。

ただし乗り換えたプロバイダに以前のプロバイダと同じサービスがある、とは
限らないのでその場合はNTTがサポートすることになるようです。

乗り換えたプロバイダに同じサービスがあればそれを、ない場合は似たような
オプションを選んで利用することが出来るということです。

それでもない場合にはNTTがサポートして似たようなサービスの提供をする
ということになっています。

ぷらら光からドコモ光なら違約金の心配がない

事業者変更を使う時に気になるのがデメリット、というかかかる費用です。
一応光コラボの乗り換えをするので、契約解除の違約金が発生すると考えられます。

ただぷらら光からドコモ光の場合はぷらら光が基本的に継続契約がないので
契約途中の解約違約金が発生しません。

そのために他の光コラボからドコモ光への事業者変更よりはコストがかからない
ということになると思います。

ちなみにソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるならソフトバンク光の
解約違約金9,500円が発生する可能性があります。

解約違約金は契約更新月には発生しないので、できればそのタイミングで
事業者変更の手続きをしたいところです。

あとは新規申し込みをした場合、回線設置工事の代金支払いが終わっていない
という可能性も考えられます。

その場合には解約する時に残りの工事費用の支払いを一括で払うことになるかも。
フレッツ光から転用しているなら支払いは終わっているという場合が多いと思いますが。

光コラボ乗り換えの時に違約金がかからないというのは大きな魅力に感じます。

携帯キャリアを乗り換えたら固定回線の乗り換えもおすすめ

月額料金だけを考えるならぷらら光からドコモ光に乗り換えるよりも、そのまま
ぷらら光を使い続けたほうが安くなります。

ただし携帯キャリアがドコモならドコモ光にすることでスマホの月額料金割引が
出来るようになります。

家族もドコモのスマホを使っているならかなりの割引率になります。
それを考えると固定回線の光コラボも乗り換えを考えることがおすすめです。

特にぷらら光では携帯キャリアの割引が何もないので、スマホのキャリアを
乗り換えたらそれに合わせた光コラボに乗り換えるほうがおすすめです。

でも現状では光コラボ同士の乗り換えにはかなりコストと手間がかかります。
乗り換えるなら事業者変更が始まってからをおすすめします。

-ドコモ光に乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.