ソフトバンク携帯の不満・疑問

ソフトバンクのギガモンスターを使うとスマホは使いやすくなる?

投稿日:

スマホの月額料金はどんどん高くなる傾向にあります。
その理由の1つにはデータ定額パックが大容量で月額料金が高くなるから。

ソフトバンクでも大容量のデータ定額パック「ギガモンスター」の提供を開始して
注目されているのですが・・・

このギガモンスターにすればソフトバンクのスマホはもっと使いやすくなるのでしょうか。
ギガモンスターについて調べてみました。

ギガモンスターはデータ通信容量20GBと30GBの大容量定額パック

まずはギガモンスターというサービスの内容について確認してみます。
こちらは以前ソフトバンクから提供されていたデータ定額パックの1つです。

ギガモンスターが提供されていた当時、スマホは通話基本料金にプロバイダ料金と
データ定額パックを合わせた金額が月額料金でした。

データ定額パックはデータ通信容量の上限が決められていて、その容量を超えた
通信をした時に速度制限がかかるというサービスです。

この当時はデータ定額5GBが一般的な容量で、月額料金は定額パックだけで
5,000円かかりました。

そしてギガモンスターというサービスが発表されると、これがとても注目を
集めることになります。

その理由は今までのデータ定額パックに比べるとコスパがよく大容量のデータ通信が
出来るようになるからです。

ギガモンスター20GBと30GBという2種類のサービスが提供され、それぞれの
月額料金は6,000円と8,000円です。

5GBで月額5,000円だったところに20GBで月額6,000円という新サービスの発表。
しかも1,000円というのはデータパックの追加1GBの料金と同じです。

例えば今まで5GB上限のデータパックを使っていて、それでも足りずに1,000円を
追加して1GB増やして使っていた人は毎月6GBを6,000円で使っていたことに。

これと同じ金額で20GBも使えるギガモンスターはとてもお得に感じました。
多くのユーザーに注目されたというのもわかる気がします。

ギガモンスターを使うにはスマ放題の加入が必要

今まで毎月のデータ定額パックだけでは足りていなかったというユーザーには
とても魅力的なギガモンスターです。

ただしギガモンスターを使うためにはちょっとした条件もありました。
それが通話基本料金プランにスマ放題を選ぶことです。

スマ放題は国内すべての通話が無料になる通話プランで、月額料金は2,700円と
ちょっと高い料金プランです。

これよりもちょっと安いのがスマ放題ライトで、こちらは5分以内の国内通話が
全て無料になる月額1,700円のプランです。

ギガモンスターを使うためにはこのどちらかの通話プランに加入することが
条件でした。

つまり安くしてもスマ放題ライトにプロバイダ料金とギガモンスター20GBでは
月額8,000円が必要になるのです。

これに留守電メッセージサービスなどのオプションを付ければもっと金額は高くなり
スマホに毎月10,000円の月額料金が必要になるという状況でした。

ギガモンスター30GBを契約すれば更にデータ通信容量は余裕ができますが
月額料金は確実に10,000円を超える金額になると思います。

ギガモンスターを使うか節約方法を考えるか意見の分かれるところ

実際にギガモンスターが発表された当時から意見としてはすぐに乗り換えるべき
という意見の他に節約をするほうがいいという意見も多くありました。

確かにユーザーによっては毎月6,000円を支払っているなら同じ料金で
20GBという大容量が使えるほうがお得です。

でもスマホで毎月6GB以上使っているというのはかなりのヘビーユーザーで
人によっては2GBでも十分に使えるはずです。

それにギガモンスターを使った場合、テザリングオプションの料金が発生します。
大容量になったからテザリングで他の通信機器も使いたい、というのは負担が増えます。

私個人の意見を言わせていただけると、ギガモンスターはかなりユーザーを選ぶサービス
という印象でした。

確かに大容量データ定額パックは魅力的なのですが、実際にスマホを20GBもの通信で
使うという感覚が私はわかりにくいです。

私のように出来る限りデータ通信容量を節約して、スマホを易く使いたいという人には
おすすめできないプランと言う印象でした。

現在はウルトラギガモンスター+のサービスに移行している

ギガモンスターは現在、サービスの提供が終了しています。
というか別のサービスに変わっているのです。

それがウルトラギガモンスター+というサービスです。
まあ名前のとおりにギガモンスターと同じ系列のサービスなのですが。

ちなみに現在ソフトバンクのスマホの料金体系が大きく変わり始めています。
以前のようなデータ定額パックを選んで契約するという形ではなくなっています。

現在ソフトバンクのスマホは大容量定額プランのウルトラギガモンスター+と
段階的料金プランのミニモンスターの2種類のみです。

ユーザー自身がデータ定額パックを選ぶスタイルではなく、両極端に2極化した
料金体系になっているという印象のサービスです。

では現在のウルトラギガモンスター+はどんなものになっているのか。
こちらも確認してみることにします。

ウルトラギガモンスター+は大容量50GBのデータ定額パック

現在提供されているソフトバンクのスマホの定額パックの1つが
ウルトラギガモンスター+です。

そのサービス内容は大容量のデータ定額パックで、以前のサービスよりも更に
大容量通信をするユーザーに特化したサービスになっています。

簡単に説明すれば、月間データ通信容量上限50GBのデータ定額パックで
月額料金は2年契約で5,980円です。

この月額料金はウルトラギガモンスター+のみの料金で、当然ですがスマホを
使う場合には他にも多くの契約が必要になります。

現在の料金体系では通話の基本料金プラン1,200円にウェブ利用料300円と
ウルトラギガモンスター+の料金5,980円が必要ということに。

単純にこれだけの料金を合わせると月額7,480円が必要になります。
当然消費税も加算されるのでそれなりに大きな金額になります。

ただしデータ定額パックとしての料金だけを考えるなら以前の30GBよりも
月額料金は安くなっています。

通話の基本料金プランも安いのでトータルコストを考えると安く使える
という印象になるのですが・・・

もう少しウルトラギガモンスター+について調べてみます。

ウルトラギガモンスター+では特定のSNSにデータ通信容量消費がない

ウルトラギガモンスター+の大きな特徴として特定のSNSを使った時に
データ通信容量の消費がない、というサービスがあります。

現在はキャンペーン期間中なので、全ての動画やSNS接続にかかるパケット通信で
データ通信容量の消費がありません。

動画サイトで高画質動画を見ていてもウルトラギガモンスター+で契約した
50GBというデータ通信容量を消費しないのです。

キャンペーン期間は2019年9月までなので、それ以降はSNSへの接続でデータ通信を
行えば当然データ通信容量が消費されます。

ただし特定のSNSに関してはキャンペーンが終わってもデータ通信容量の消費がなく
使い放題になります。

ウルトラギガモンスター+で消費しないのはYoutube、AbemaTV、インスタグラム
TVer、GYAO!、huluなど10個のSNSです。

TwitterやFacebookなど多くのユーザーのいるSNSでもデータ通信容量がかからずに
利用できるようになるというのはかなり魅力的です。

大容量のデータ通信をしなければかなりコスパが悪いという印象

サービス内容を見れば確かにデータ通信に関してかなり魅力的なサービスが
ウルトラギガモンスター+だと思います。

現状で通勤通学の時間をSNSで潰しているという方にとっては確かに魅力が多い
と思いますがそれ以外では大きな魅力はありません。

何より料金が高く、割引を使えなければ毎月8,000円以上の月額料金がかかるのは
大きな負担になると思います。

まあ現状ではソフトバンクを始め多くの携帯キャリアが料金体系の見直しを
行っていて、大きく2極化しているというのが現状です。

ソフトバンクだけではなく、他段階定額プランと大容量定額プランの2択になった
料金体系は他のキャリアでも導入されています。

当然大容量のデータ通信パックを使いたいと思うならウルトラギガモンスター+は
とても使いやすいと思いますが・・・

お得になるユーザーをかなり選ぶ、という印象がとても強いです。

スマホ料金の割引を考えるなら固定回線の割引を使ったほうがお得

ソフトバンクの公式サイトでの説明でも使われているのですが、他の割引を併用して
ウルトラギガモンスター+をお得にすることが出来ます。

月額料金の説明ではみんな家族割+とおうち割を適応させればウルトラギガモンスター+を
使っても月額料金が4,000円弱まで下がるという説明でした。

まあその場合は家族割引として同じグループに登録している人がギガモンスター+に
4人以上加入している必要があるのですが。

家族全員大容量のデータ通信を行うという家庭でもない限り売る鳥ギガモンスター+に
家族4人も加入することはないと思います。

そしてウルトラギガモンスター+ではデータ容量のシェアと残ったデータ通信容量の
繰越ができないというデメリットもあります。

これを考えると家族で使うならデータシェアパックと固定回線のおうち割が使える
という状況のほうが使いやすいかもしれません。

ちなみにおうち割は対象の固定回線をソフトバンクユーザーが契約することで
家族割引として同じ家族グループにいる全員がデータ定額パック1,000円割引です。

実家にいて親が固定回線契約をしているならこちらを使うほうがお得になりそうです。

家族がソフトバンク以外ならキャリアの乗り換えもおすすめ

データ定額パックのシェアと固定回線割引を考えるならドコモ光を使ってキャリアも
ドコモに乗り換えるという方法もおすすめです。

自宅の固定回線をドコモ光にすることでソフトバンクと同じようにドコモの携帯も
毎月1,000円の割引を受けることが出来ます。

家族がドコモの契約なら、自分もドコモに乗り換えて固定回線での割引を使う
というのもおすすめです。

親が契約しているドコモのデータ定額パックをシェアパックに変えてもらえば
大容量のデータ通信が出来るのは変わりません。

しかも自分の月額料金はドコモ光の割引とシェアプラン専用のパックになるので
かなり月額料金が下げられると思います。

現状他の固定回線契約、ソフトバンク光などに契約している場合でも今なら
事業者変更という手続きが出来るようになっています。

事業者変更は簡単に言えば光コラボの再転用が可能になるサービスです。
つまりソフトバンク光からドコモ光への転用が出来るようになります。

これなら光コラボの乗り換えに光回線の撤去と再設置という余計なコストがかからず
お得に光コラボの乗り換えが出来るようになります。

ウルトラギガモンスター+のような大容量データ定額パックが必要ない、と思うなら
こんな方法でお得にするのもおすすめです。

-ソフトバンク携帯の不満・疑問

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.