ソフトバンク光の不満・疑問

ソフトバンク光を解約する手続きってどうやるの?

投稿日:

ソフトバンクの携帯端末、特にスマホを使っている人は自宅の固定回線もソフトバンクが
お得になるソフトバンク光を使っている方も多いと思います。

スマホの月額料金割引はとても魅力的なので多くのユーザーが注目し、実際に多くの
ソフトバンクユーザーが加入しています。

でもそんなソフトバンク光を解約する時にはどうすればいいのでしょうか?
解約のための手続きなどを確認してみましょう。

ソフトバンク光の解約は6日間以上の時間が必要

まずはソフトバンク光を解約する時に、ソフトバンクに連絡するのですが
それは解約予定日の6営業日前までに連絡が必要です。

明日解約したいから今日連絡してすぐに解約、というわけにはいきません。
解約したいと思う日の最低でも6営業日前に連絡が必要なのです。

まああまりにも事前に連絡するのも出来ないはずですが、最低でも1週間以上前には
ソフトバンクに連絡をすることが必要と考えたほうがいいと思います。

その理由は、ソフトバンク光の解約手続きには時間がかかることも多くすぐに
解約手続きが完了しないから。

ソフトバンク光の解約手続きは意外にやることが多く、時間的な制限もあるので
色々と注意が必要なのです。

ソフトバンク光の解約にはお金がかかる場合も

ソフトバンク光を解約する時には解約手続きだけではなく、それの伴った
手数料などの料金がかかる場合もあります。

まあわかりやすいのは解約違約金と回線撤去工事費用でしょうか。
これは多くのユーザーが支払いをする可能性が高い料金です。

ソフトバンク光は2年契約で月額料金の割引があるので、2年以内の解約では
違約金が発生します。

24ヶ月毎の契約更新月に解約をすれば違約金は発生しませんが。
回線撤去工事費も状況によっては発生しないことがあります。

ただしレンタル機器の返送料金など、ユーザー負担のものもあるので全く料金が
かからずに解約できるということはほぼ無いです。

ソフトバンク光のサポートダイヤルに電話をかける

では実際にソフトバンク光を解約する時の手順を確認してみます。
解約手続きをするためにはソフトバンク光のサポートセンターに電話をします。

契約に関することの変更などはユーザー専用サイトでも確認や変更ができます。
でも解約に関しては必ず電話での連絡が必要です。

ただソフトバンク光の公式サイトでは、まずユーザーサイトで自分の状況などを
確認してから解約することをおすすめしています。

例えば新規加入でソフトバンク光に申し込みをした場合、回線設置工事費用を
分割で支払っているならその設置工事費用の未払い期間なども確認できます。

契約期間の確認なども出来るのでたしかに一度会員専用サイトを見てから
解約の手続きを始めたほうがいいかもしれません。

ちなみにソフトバンク光のサポートダイヤルは最初に186をつけてから
0800-111-2009です。

こちらに電話をして解約を申し込むということになります。
注意することとして解約予定日の6日前に連絡が必要になること。

ちなみに6日前というのは土日のソフトバンクが営業をしていない日を含まない
6営業日前ということなので単純に1週間前では間に合わないことも。

先程も言ったように「明日解約したい」と言ってもそれは出来ません。
解約手続きはある程度の余裕を持って行いましょう。

光回線の撤去工事がある場合は工事希望日を連絡する

ソフトバンク光の解約を申し込んだら設置してある光回線をどうするのか
確認することになります。

戸建の場合はほぼ確実に撤去工事が必要になります。
集合住宅の場合でも光回線を残していいということは少ないかと。

賃貸の場合は次の入居者のことも考えて大家さんや管理会社が光回線を
そのまま残してもいい、という人もいるそうですが。

基本的に賃貸住宅は原状回復が必要なので、工事が必要になると思います。
ただし集合住宅の場合は立会工事が必要ないということもあります。

マンションなどの回線分配方式によっては自宅での配線設置は何もなく
機材の設置も無い、または自分で行うことになるので撤去作業がありません。

それ以外の場合は撤去工事の希望日を伝えることになります。
第3希望まで出すことが出来て、そのどれかに撤去工事をすることになります。

立会は基本的に契約者本人が行うのですが、一応代理人でも可能です。
ただ代理人が誰になるのかを事前に連絡する必要があります。

先に引っ越しが決まってしまった場合は家族ではなく、管理人などになるので
その連絡はソフトバンク光と管理人それぞれに自分で行いましょう。

レンタル機器の返却をする

ソフトバンク光を解約すれば当然ですが使っていた機材は必要ありません。
レンタルしていた機材を返却する必要があります。

ただし注意点があり、ソフトバンク光の場合はソフトバンクからのレンタル器材と
NTTからのレンタル器材があります。

元々NTTのフレッツ光回線を使ったプロバイダ一体型のサービスがソフトバンク光です。
つまり海鮮に関する機材はNTTからのレンタルということになっています。

まあ回線撤去作業が自宅内部であって立会工事で撤去作業をしている場合は、その時に
工事に来たNTT関係者が一緒に機材の撤去も行っているはずです。

つまり自宅で撤去作業をしている場合はNTTに返却する機材は一緒に撤去されている
という状況です。

この場合はソフトバンクのレンタル器材だけを返却することになります。

NTTへ機材を返却する場合は、NTTから返却用の機材回収キットが送られてくるので
それを使って返却します。

配送先の記入もされている配送伝票も一緒に入っているのでそれを使って返却する
という簡単な手続きになります。

でもソフトバンクへの機材返却は自分で箱なども用意する必要があります。
当然配送料金は元払い、つまりユーザー負担になります。

返却する機材の確認はしっかりとしておく

ソフトバンク光の契約状況によってソフトバンクに返却する機材の種類は変わり
場合によってはかなり多くの返却機材があるので注意しましょう。

IP電話を使っていた場合、IPv6方式のサービスを使っていた場合は機材に
光BBユニットがあるのでそれをACアダプタと一緒に返却します。

またひかりTVを申し込んでいた場合には地デジチューナーなどもあるはずです。
これらの返却も当然ですが必要になります。

あとはソフトバンク光で行っているサービス、光回線開通までの期間に無料で
モバイルルーターのレンタルが出来るようになっています。

このモバイルルーターをレンタルしている場合にはその返却も必要になります。
使っているサービスによって返却機材が変わるのでしっかりと確認しましょう。

ちなみに返却機材はソフトバンク光の解約から14日以内に行わないと
接続機器違約金および修理交換料金を取られることになります。

ソフトバンク光を解約したらちゃんと確認してすばやく返却をしましょう。

ソフトバンク光を解約した時の注意点

ではソフトバンク光を解約した時にどんなことに注意が必要になるのか。
簡単に調べてみました。

ソフトバンク光を解約する、ということは使っているプロバイダも一緒に解約をする
ということになります。

この場合はYahoo! BBがプロバイダなので、ここで使っていたサービスも同時に
使えなくなるということになります。

Yahoo! BBで使っていたサービスの中では多分メールアドレスが一番大きな問題に
なると思います。

解約すれば同じメールアドレスは使えなくなるので注意しましょう。
ただし入会時にもらったフリーメールのアドレスは使い続けられます。

まあ最近ではキャリアメールを含めて、プロバイダなどからもらったメールアドレスを
使っている人も少なくなっていると聞きますが。

LINEなどのメール、Gmailなどフリーメールを使っていた人にはあまり関係がない
という感じでしょうか。

回線設置工事費の未払いは一括返済が必要

ソフトバンク光に新規加入申し込みをした場合、光回線設置工事を分割で支払う
という設定にした場合は契約期間とのズレが出る可能性も。

契約は2年契約なので24ヶ月で違約金なく解約できますが、回線設置工事は30ヶ月
という分割になっていることも多いです。

そのために24ヶ月で解約すると残りの6ヶ月分の回線設置工事費用が未払いになります。
これの支払いは一括払いになるので注意しましょう。

回線設置工事費は引き続き分割での支払いを続ける、ということが出来ません。
解約時の支払いコストが増えることになるので注意しましょう。

別の光コラボに乗り換えるなら事業者変更がおすすめ

ソフトバンク光を解約して別の光コラボへ乗り換えをするなら単純に解約するのではなく
事業者変更の手続きをするほうがおすすめです。

事業者変更は単純に言えば「光コラボから光コラボへの転用」が出来る制度です。
フレッツ光からソフトバンク光に転用した人ならわかりやすいと思います。

手続自体も「転用」とほぼ変わらず、手数料も事務手数料3,000円程度で出来るので
基本的に解約して再契約するよりもかなりお得になります。

例えばソフトバンク光を解約してドコモ光に新しく申込みをする、と言うなら
事務手数料とソフトバンク光の違約金くらいでドコモ光に乗り換えができます。

NTT東日本の管轄からNTT西日本の管轄に引っ越しをするためにいちご解約する
という場合にも「事業者変更」が使えるのです。

ちなみにソフトバンク光を止めてフレット光に戻したい、という場合にも使えます。
フレッツ光を使い続けるつもりなら解約よりも事業者変更がおすすめです。

まあ光コラボ以外の回線を契約したいなら使えないので、その場合は解約する
という選択になるのですが。

フレッツ光や光コラボを使い続けるなら回線撤去費用など余計なコストをかけずに
使い続けられるので損をしないためにも事業者変更を使いましょう。

-ソフトバンク光の不満・疑問

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.