ソフトバンク光の不満・疑問

ソフトバンク光の通信速度の速さはどれくらい?

投稿日:

以前から注目されている光コラボの1つにソフトバンク光があります。
ソフトバンクユーザーはスマホの月額料金が安くなる特典があります。

ソフトバンクのスマホを使っているなら固定回線をソフトバンク光にするという
選択肢もあるのですが・・・

このソフトバンク光の通信速度についての口コミがちょっと気になります。
実際に通信速度の速さはどれくらいなのでしょうか。

ソフトバンク光はフレッツ光を使った光コラボの1つ

まずはソフトバンク光というサービスについてちょっと調べてみます。
こちらはNTTが提供しているフレッツ光を使ったインターネット接続サービスです。

NTTではフレッツ光回線をプロバイダなどに卸して、プロバイダ一体型の料金体系で
月額料金の支払いができるサービスを開始しました。

それが光コラボというサービスで、こちらではすべてのサービスでフレッツ光回線を
使っています。

そしてフレッツ光とプロバイダ料金を今までは請求していましたが、それを
プロバイダとフレッツ光の利用料金がセットになった月額料金で請求しています。

このセット料金になって月額料金が大体1,000円は安くなるのが光コラボです。
そんなサービスの1つがソフトバンク光というわけです。

ソフトバンク光はプロバイダにYahoo! BBを使っていて、戸建てが5,200円で
集合住宅なら3,800円という月額料金で利用ができます。

更にソフトバンクのスマホを使っていると、データ定額パックの容量による割引が
使えるのでスマホの月額料金が安くなるという特典もあります。

かなり大雑把な説明ですが、ソフトバンク光にすると固定回線とスマホ、両方の
月額料金が安くなるという魅力があるサービスになっています。

使っているのはフレッツ光なので基本的な通信速度は一緒のはず

ではソフトバンク光の通信速度について確認してみます。
使っている回線はフレッツ光なので基本的な速さはフレッツ光と変わりません。

カタログスペックで言うなら契約にもよりますが下り最速1Gbpsという
通信速度でのインターネット接続が出来るはずです。

つまり今までフレッツ光を使っていた人がソフトバンク光に転用、光コラボへの
乗り換えをした場合も通信速度は変わらずに下り最速1Gbpsが出るはずです。

ソフトバンク光以外の光コラボを使っていてもそれは変わりません。
光コラボは全てフレッツ光を使っているので通信速度は変わらないのです。

ただこの通信速度はあくまでもカタログスペック、ネット関係の言葉で言えば
ベストエフォートということになります。

ベストエフォート、つまりベストの状態になるための最大限の努力をしています
という意味で実際に最高速度がいつでも出るという保障はありません。

まあ簡単に言えば光回線というかインターネット回線の通信速度はどれも
理論値なので最高速度が出ることはまず無いのですが。

光回線の通信速度はプロバイダによって大きく影響を受ける

では実際にインターネットの通信速度に違いが出るのは何故なのか。
大きな原因としてはプロバイダが影響していると考えられています。

プロバイダはインターネット回線に接続するためには必ず通らなければいけない
高速道路で言う料金所のようなものです。

そしてこのプロバイダの通信設備が整っていない状態ではユーザーがインターネットへの
入り口で混雑してしまい、それが通信速度に影響すると考えられます。

連休などで高速道路が混雑する原因に料金所の混雑が影響しているのと同じで
多くのユーザーが一度にプロバイダに集まると混雑で速度が遅くなるのです。

つまり混雑しないプロバイダなら快適な速度でインターネットが出来るのですが
混雑するプロバイダは通信速度が遅くなる、と言われています。

でも大手プロバイダは設備がしっかりしているのでユーザーが多くても入り口も
それに対して多いので混雑解消が速いという意見もあるのですが。

とりあえずプロバイダがインターネットの通信速度に大きく影響をしている
というのは間違いなさそうです。

ソフトバンク光の速さは速いと遅い、どちらの意見もある

では実際にソフトバンク光を使っているユーザーの意見では通信速度に関して
どう感じているのでしょうか。

口コミを見てみるとソフトバンク光は速い、という意見もあるのですがその一方で
ソフトバンク光は遅いという意見もありました。

まあインターネットの速さに関してはどちらの意見もあるのは普通なのですが。
まずはそれぞれの意見を確認してみたいと思います。

ソフトバンク光に変えたら通信速度が早くなったという意見

ソフトバンク光を使い始めたらずいぶんと速さが高くなったという意見があります。
こちらはかなり速度自体にもばらつきがありますが。

ソフトバンク光では快適にインターネットが使える速さの目安として下り速度が
60Mbps程度必要と説明していました。

実際にブラウジングや普通画質の動画を見るくらいなら通信速度は10Mbps程度あれば
十分快適に楽しむことができます。

ただし高画質動画を見る、パソコンを使ったオンラインゲームをするという使い方なら
下り100Mbpsは必要になります。

最近のハイビジョンテレビ並の高画質動画を見るには最低でも60Mbps程度の速さが必要
という考えからこの通信速度になっていると思われます。

そしてソフトバンク光が速いという意見では60Mbpsを上回る通信速度がでている
という人は多くいました。

混雑すると言われる時間帯、夜9時以降の通信速度でも下り80Mbps程度の速度が出る
という口コミも見られました。

混雑していない時間帯には下り100Mbpsを超える速さがでているという意見も多く
快適に使えているという口コミを多く見ることが出来ました。

確かに地域によってはソフトバンク光は快適に使う事ができる速度になっている
と言えそうです。

ソフトバンク光はADSL以下の速さしかでないという意見も

ソフトバンク光が快適という意見の一方で、ソフトバンク光を使い始めてから
通信速度がとても遅くなったという意見もありました。

実際に速度計測をした結果を写真で上げている人がいたのですが、それを見ると
混雑時に下り1Mbpsという計測結果がでていました。

また別の口コミでは下り1Mbpsもでていないという結果がありました。
他にもADSLよりも遅いという意見もチラホラと。

色々と調べてみるとスマホのテザリングのほうが快適に使える速さだ、という意見も
見ることが出来るほどソフトバンク光は遅くなってしまっているようです。

こちらの意見では特に混雑する時間帯の夜9時以降の通信速度は本当にひどい状況に
なりやすいという意見が多くありました。

簡単に調べただけでもかなりソフトバンク光の速さに関しては意見が分かれるところ
という印象です。

ソフトバンク光の速さを改善する方法としてIPv6方式の通信がある

ソフトバンク光に限らず、インターネット回線の通信速度はプロバイダの混雑に
大きく影響を受けています。

そこでそんな状況を改善する方法が色々と考えられているのですが、その1つに
IPv6方式の通信サービスを使うという意見があります。

元々IPv6方式のサービスは現状のIPアドレス枯渇問題を解消するために作られた
新しいインターネット接続方法です。

新しい接続方法ではインターネット接続にプロバイダを通さず、別のVNEという
接続業者を通してインターネット接続するという方法が開発されました。

そして今までの通信と互換性を持たせるためにプロバイダと提携することで
ユーザー情報の共有をして従来の通信も高速で通信が出来るようになりました。

正しくはIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式という通信方法なのですが、これを使えば
どんな状況でも混雑を回避して快適に通信が出来るようになります。

ソフトバンク光のプロバイダ、Yahoo! BBでもこの方式の通信サービスを始めていて
IPv6高速ハイブリッドというサービスが提供されています。

こちらを使うことで快適な速さでのインターネットが出来るようになる、と言う口コミも
かなり多く見られました。

ではソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドについて詳しく見てみましょう。

契約には光BBユニットのレンタルが必要

ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッドを使うためには申し込みが必要なのですが
その前に、サービスを使うために光BBユニットのレンタルも必要になります。

基本的にIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信ではIPv6に対応したWi-Fiルーターが
必要なのですが、ソフトバンク光では光BBユニットのみの対応のようです。

現状ではソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッドを使うためには光BBユニットの
レンタルが必須となっています。

そして光BBユニットは月額500円のレンタル料金がかかります。
つまりこちらのサービスを使うには別途500円が加算されるということに。

光BBユニットのレンタルが出来たらあとは申し込みをするだけです。
一応ルーター設定が必要になりますが、こちらは公式サイトで説明があります。

ユーザー自身でできる簡単な設定と申込みだけで通信速度がかなり速くなるので
ちょっとコストがかかりますがおすすめしやすいサービスです。

ソフトバンク光から別の回線に乗り換えてしまう

ソフトバンク光の速さだけではなくサービス内容等にも不満があるならいっその事
回線サービス自体を乗り換えてしまうという方法もあります。

ソフトバンク光に決めたのはソフトバンクの携帯割引があるから、という場合でも
NURO光に乗り換えればソフトバンクの端末割引サービスが使えます。

しかもNURO光はフレッツ光ではない、ブラックファイバー回線を使ったサービスなので
フレッツ光よりも快適な速度で使える可能性は高いです。

実際にNURO光を使っているユーザーの口コミを見ると下り300Mbpsを超えるような
速さでのインターネット接続が出来るようです。

かなり魅力的な通信速度なのですが、現状では契約できる地域が限られていて
関東地方の一部、中部地方の一部、関西地方の一部のみ対応地域があるだけです。

全国対応ではなく対応地域内でも建物の位置関係によっては光回線の引き込みが
出来ないので申込みを断られるということもあります。

インターネット回線の速さは魅力的なのですが、全国対応ではないという
かなり大きな欠点があるNURO光です。

事業者変更を使ってお得な光コラボへの乗り換えもおすすめ

NURO光への乗り換えではソフトバンク光の違約金に加えてNURO光の
回線設置工事費用も必要になります。

まあそれ以前に対応地域という大きな問題もあるのですが。
それを考えると別の光コラボへの乗り換えという方法もあります。

今なら光コラボ同士の転用、事業者変更という手続きができるので
回線工事を考えずに光コラボの乗り換えができます。

光コラボならソフトバンク光を使っている時点で同じフレッツ光回線を使う
ということで契約できることに間違いはありません。

しかも事業者変更なら解約するソフトバンク光の違約金と事務手数料3,000円程度で
別の光コラボに乗り換えができます。

例えばドコモ光に乗り換えれば余計なコストをかけずにIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式
サービスを使う事ができるプロバイダもあります。

これに合わせて携帯端末もMNPで乗り換えてしまえばソフトバンク光と同じように
スマホの月額料金割引も続けて使えるようになります。

解約再契約で余計な回線工事費用を支払うよりも事業者変更で回線工事の必要なく
光コラボを乗り換えれば損をすることはありません。

安定した速さを余計なコスト無しで使いたいなら事業者変更という方法も
おすすめできます。

-ソフトバンク光の不満・疑問

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.