光回線の知識

光キャビネットとはどんな設備のこと?

投稿日:

光回線を設置する時には色々と工事を行っています。
その中には特別な機材を取り付けているということも。

光回線サービスを頼んだ時の工事説明に「光キャビネットの設置」という項目が
あるのですが、この光キャビネットとはどんな設備なのでしょうか。

光キャビネットが設置されない工事などもあるのですが・・・
その違いについて調べてみました。

光キャビネットは光ファイバーケーブルの分岐点になるもの

まずは光キャビネットとはどんな設備なのか。
簡単に言えば光ファイバーケーブルの分岐点になるものです。

基本的には家など住居の外壁に設置されて、電柱から光キャビネットまで
インターネット用の光ファイバーケーブルが接続されます。

そして光キャビネットから室内まで光ファイバーケーブルを引き込んでいます。
室内に引き込まれた光ファイバーケーブルは光コンセントからでます。

その光コンセントとONUという光回線終端装置をつなぐことでパソコンなど
家庭用機器で読み取ることが出来るデータに変換しているということになります。

つまり光キャビネットとは電柱などから引き込まれる光ファイバーケーブルと
室内に引き込む光ファイバーケーブルの分岐点になるものです。

ではなぜ光キャビネットを設置するのか、その理由についても確認してみます。

光キャビネットがあれば回線の交換が便利

例えば一戸建ての場合、近くの電柱から光回線を自宅に引き込む時に光キャビネットを
使わずにそのまま引き込みをしてもいいのではないか。

そんな事を考えた人もいると思いますが、この「電柱から直接引き込みをする」という
方法では色々とリスクが高くなってしまうのです。

簡単に言えば光ファイバーケーブルのメンテナンスのためにも光キャビネットは
かなり重要な設備になるということです。

例えば何かの原因で光回線が断線してしまった時に交換が必要なのですが
光キャビネットがない場合は電柱から引き込んでいる回線自体を交換します。

それでは回線引き込み工事と同じことを、撤去も含めて行うのでかなり時間がかかり
その間は工事の人が自宅に上がり込んでいるということになります。

そしてこれが電柱近くの断線でも自宅に工事が入るということになります。
天災等で光回線が断線しても自宅工事が必要という自体になります。

でも光キャビネットを設置していれば、ここから電柱までの断線なら自宅に入らず
電柱から光キャビネットまでのケーブルを交換すればいいだけです。

部屋の光ファイバーケーブルの断線で電柱まで工事をする必要がなくなり
光コンセントや光キャビネットまでの交換工事で終わります。

このようにメンテナンス時のリスクを分散させることが出来るので光キャビネットは
とても重要な設備ということになります。

集合住宅では分配器の前に光キャビネットに接続させている

もう一つ、光キャビネットとは集合住宅に光ファイバーケーブルを引き込むために
使われている装置でもあります。

集合住宅では光回線を各部屋までそれぞれ引き込みをしているわけではなく
建物で1つの光回線を使っている、ということも多いです。

そのために共有部分に光ファイバーケーブルを引き込んで、そこから分配装置で
各部屋まで回線を分配しているのです。

この共有部分への海鮮引き込みに光キャビネットが使われていて、電柱などから
光ファイバーケーブルが光キャビネットまで設置されます。

光キャビネットから分配装置、建物によって変わりますが古くから使われているのは
電話回線を使った光回線の分配です。

この分配装置まで光キャビネットからケーブルを接続して分配をすることが多く
集合住宅では以前から多く使われている機材なのです。

NURO光では必ず光キャビネットの設置がされる

以前から使われている設備が光キャビネットですが、それが最近よく聞く言葉になった
というのは理由があります。

その理由とはNURO光という新しい回線サービスが開始されたためです。
こちらのNURO光では必ず光キャビネットの設置が行われます。

NURO光は対応地域がまだ全国ではなく、利用できるユーザーが少ないという
デメリットが有るのですが高速通信が魅力の回線サービスです。

高速通信が出来る理由はNTTが予備やメンテナンス用に設置した、通常では
使われていない光ファイバーケーブルを使っているからです。

フレッツ光よりもユーザーが少なく、混雑していない回線を使えるためにいつでも
高速通信が出来るという魅力のサービスです。

そしてNURO光では戸建てや集合住宅にかかわらず、全ての契約者の部屋に直接
光ファイバーケーブルを引き込みます。

集合住宅でも共有部分への引き込みではなく、契約者の部屋に直接光回線を
引き込むために必ず外壁に光キャビネットを設置しているのです。

賃貸住宅の場合は外壁に光キャビネットの設置許可を貰う必要があるので
最近では光キャビネットという設備が知られるようになったと言われています。

NURO光の工事手順を考えると光キャビネットは重要

それにもう一つ、NURO光では回線工事が必ず2回行われます。
それは室内工事と電柱からの引き込み工事が別に行われるためです。

NURO光を提供しているのはSo-netです。
そして使っているのはNTTが設置したダークファイバーと言われる未使用ケーブルです。

つまり契約した場合に室内の設置工事はSo-netが行って、電柱からの引き込み工事を
NTTが行うという形になります。

そこでまずは室内工事として光コンセントの設置と光ファイバーケーブルを室内まで
引き込むための経路を作り、外壁に光キャビネットを設置します。

ここまでがSo-netの工事範囲で、これが終わったあとにNTTが光キャビネットまで
光ファイバーケーブルを設置する工事を行います。

光キャビネットとはこの工事の区切りをするためにも役立っている設備でもあります。
これならNTTの工事は立ち会いも必要なく契約者に負担がかかりません。

まあ光キャビネットの設置位置によってはベランダなどから接続させるのでやはり
立ち会いが必要になることもあるのですが・・・

NURO光の場合は特に工事分担の区切りとして光キャビネットが使われています。

マンションなどでMDFが設置されていると光キャビネットを使わない

高層マンションなど直接光ファイバーケーブルの引き込みができない場合には
MDFを使ってNURO光を引き込みます。

MDFとは電気などの配線分配装置の1つで、各階に設置されている分配装置です。
ここまでNURO光の回線を引き込んで分配するという方法もあります。

この場合はMDFまで光回線を室内から設置して、室内では光コンセントとONUの
設置を行います。

NTTの工事としては電柱などから光ファイバーケーブルを既存のケーブル設備を
使ってMDFまで引き込みをします。

この時に外壁に回線を引き込むための金具などを設置しますが光キャビネットは
設置されません。

引き込まれた光ファイバーケーブルはMDFの内部で直接接続されます。
つまりMDFが光キャビネットの代わりになっています。

建物によって引き込み方法が違うので、NURO光の対応をしていても事前にきちんと
工事の説明を聞く必要は高いと思います。

光キャビネットの設置にはビス止めが必要

賃貸住宅の場合は光キャビネット設置の時にちょっと注意が必要になります。
それは設置する時にビス止めが必要になるためです。

外壁に直接設置する光キャビネットは基本的に3箇所のビス止めをして外壁に
設置する形になります。

そのために賃貸住宅の場合は外壁に傷をつける、という扱いになるので事前に
大家さんや管理会社に許可をもらう必要があるのです。

それにケーブルを引き込むために、外壁にケーブルを安定させる金具の設置も
必要になる場合があります。

こちらも基本的にはビス止めが必要なのでやはり外壁を傷つけてしまいます。
一応光回線契約を解約した時には撤去作業の時に穴埋めをしてくれるのですが。

賃貸住宅の場合は原状回復が基本なので傷をつけるということになる場合は
必ず確認が必要になります。

場合によっては工事工程の説明も必要になるのですが・・・
この辺りの資料は契約する回線業者に確認してください。

光キャビネットの設置に両面テープを使う場合も増えている

基本的には光キャビネットの設置にはビス止めが必要なのですが、それに反対をされる
という自体が多かったのか最近ではちょっと変わってきました。

光キャビネットの設置にビス止めを使わず、両面テープでの設置ができるようになり
外壁に傷をつけずに工事ができるところもあります。

光ファイバーケーブルを安定させるための金具も両面テープで止めることが出来るので
完全にビス止めをせずに光ファイバーケーブルの引込工事が出来るようです。

しかも両面テープは接着面を外壁に残すことなく取り除けるので外壁がテープ跡で
汚れる心配もありません。

ただし建物の外壁の状態、光ファイバーケーブルの引き込み場所などの条件によっては
両面テープが使えないという状況もあります。

この場合はやはりビス止めをすることになるので、その場合はまた許可取りが必要
ということになるのですが。

-光回線の知識

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.