光回線の知識

光コンセントとはどんな設備でどうやって使うの?

投稿日:

光回線の新規申込みをする時に、オペレーターから聞かれるのが光コンセントの有無で
これがあると無いのでは工事費用に違いが出ることもあります。

ただ光コンセントとは何のこと?と思う人も多いようで。
それに聞いたことがあってもどんなものがわからないという人もいるはずです。

光回線の申込みで確認されることから光回線で使うことはわかるのですが・・・
という人にもわかりやすく光コンセントの説明をしてみたいと思います。

光コンセントとは光回線でインターネットに繋ぐ時の差込口

まず「光コンセント」とは何なのか、簡単に説明してしまえば光回線のインターネット
接続に使う差込口が光コンセントです。

もう少し説明すると、電化製品を使う時には電気を供給するためにコンセントを使って
電源をとっていると思います。

壁についている「コンセント」を想像してもらうとわかりやすいのですが
この電気のコンセントのように光回線のケーブルを差し込むのが光コンセントです。

普通のコンセントとの違いは、豚鼻と言われる2つの穴の形状ではないことと
電源コンセントのようにある程度付いている位置が決まっていないことです。

はっきり言えば光コンセントはどこにあるかわかりません。
設置した人によってどこに光コンセントをつけるのか変わってくるからです。

そして全ての家の中に光コンセントがあるわけではなく、光コンセントがない
という家のほうが多いと思います。

まあこれらのことはあとから説明するとして、まず「光コンセント」とは
光回線を使ったインターネット回線を使う時の差込口とおぼえてください。

光回線終端装置と外部から引き込んだ光回線をつなぐための差込口

ではこの光コンセントとはどんな時に使うものなのか。
先程のように光回線を使ったインターネット接続する時に使います。

もっと詳しく言えば家の外から引き込みをした光ファイバーケーブルと
インターネット接続のための周辺機器をつなぐために使います。

光回線の場合、光ファイバーケーブルを使ってインターネット接続をします。
この光ファイバーケーブルは特別なデータ保存方式を使って通信をしています。

その特別な保存方式のままでは普通のパソコンやスマホで読み取ることが出来ないので
一度普通の保存方式に変換する必要があります。

その変換装置がONU、光回線終端装置という機材なのですがこれに光回線を
接続するために使うのが光コンセントです。

電柱などから引き込みをした光ファイバーケーブルをそのままONUに繋ぐと
光ファイバーケーブルが破損した時の交換作業がとても大変です。

それに光ファイバーケーブルは曲げにくく破損しやすいのであまり無理な状況で
ONUに接続しないようにする必要もあります。

そこで一度光コンセントをONUとの接続がしやすいところに設置して
こちらとつなぐようにすれば光回線の破損も少なくなります。

それに万が一、光回線が断線してしまった場合でも交換するのは自宅内に設置した
光ファイバーケーブルのみなので交換も簡単です。

このようなメリットがあるので光コンセントを設置することが多くなっているのです。
というかNTTではほぼすべての工事で光コンセントを設置しています。

光コンセントが使えるのはNTTのサービスを使うときだけ

今までの説明で光コンセントとは光ファイバーケーブルを差し込むための接続口
という説明をしています。

でも実際に光コンセントが使えるのは基本的にNTTの回線を使っている場合のみで
NTT以外の光ファイバーケーブルでは使えません。

現在光回線といえばNTTのフレッツ光以外にも地方電力会社が設置する設備もあり
そちらで光回線を使っている人も多いかと。

例えば中部電力が提供するコミュファ光や関西電力が提供するeo光に
四国電力が提供するピカラ光などがあります。

これらのサービスも光回線を使ったインターネット接続サービスですが光コンセントを
使って接続することは基本的にありません。

光コンセントを使う場合は既存のものを使わずに新しく設置して使うということになる
と思います。

実際にauひかりでは部屋にNTTの光コンセントがあった場合でも、それを使わずに
新しく光コンセントを設置することがあります。

現状では光コンセントが設置されている場合に使えるのはNTT関係の光回線サービス
と考えていいと思います。

新築時に光コンセントをつけると壁のコンセントと同じところにある場合も

では光コンセントがどんなところに設置されているのか調べてみましょう。
新築のマンションなどで最初から光回線を使う前提の場合は壁にあります。

通常の電気のコンセントと同じように壁にすでに設置してあり、そこにケーブルを
繋いでONUと接続させることができるようになっているタイプです。

マンションなどの場合、MDFという中央回線分配装置が設置されているのですが
こちらで電話回線などと一緒に各部屋まで光ケーブルがつながっています。

これを最初から、新築のときから光回線の利用を考えている場合には工事の時点で
壁の中に光ファイバーケーブルを通しています。

接続場所もスッキリとまとまるように他の回線と同じところを使っていることが多く
電気コンセントや電話線のモジュラージャックと同じところに設置されています。

目印としては「光」という文字や「光コンセント」「光SC」という表示がされています。
SCというのは光ファイバーケーブルの接続端子の形のことです。

多くの場合は下から上に向かってコネクタを挿す形なのでコネクタの形状がわかりにくく
光という文字が目印になっています。

あとから設置した場合はエアコンダクト穴の近くにあることが多い

一戸建ての場合は最初から光コンセントをつけていることは少なく、光回線の
契約をしたあとに光コンセントを設置することが多いです。

そのために壁に穴を開けて通すことをせず、すでに空いている穴から光ケーブルを
通してそこに光コンセントをつくるということが多いです。

壁に穴を開けて通すもの、といえば大きなものならエアコンのダクトを通す穴が
思い浮かびます。

このエアコンダクトの穴に光ファイバーケーブルを通して室内に引き込んでから
光コンセントを設置するということも多いのです。

そこで光コンセントがエアコンダクトの近くにある、ということも多くあります。
賃貸アパートなどもこの方法で光コンセントを作ることが多いです。

他にも一戸建てだと電話回線のケーブルも電柱などから引き込みをしています。
これと一緒に光ファイバーケーブルを引き込むこともあります。

この場合はモジュラージャックのそばに光コンセントをつけています。
電話の周りにスペースがない場合はコンセントカバーを交換することもあります。

まあこの場合は工事の人がコンセントカバーを開けて交換してくれるはずです。
間違っても自分でコンセントカバーを開けて設置するのは止めましょう。

賃貸で光コンセントがあれば工事費用が安くなる場合も

賃貸住宅を借りた時に、室内に光コンセントがあった場合のメリットとして
光回線接続サービスの契約をした時に工事費が安くなる可能性があります。

室内に光コンセントがある、ということはすでに室外から光ケーブルの引き込みが
終わっているということになります。

集合住宅ならMDFまで光回線が引き込まれていて、室内に光コンセントがあれば
あとは契約して光回線を開通させるだけです。

この状態なら光ファイバーケーブルの設置工事に職員を派遣して工事する必要がなく
基地局内の切り替え工事だけで光回線を開通させることができます。

派遣工事がない場合は光回線の工事費用は2,000円なので普通の工事費用に比べて
かなりお得になります。

ちなみにNTTの光回線を集合住宅で派遣工事する場合、15,000円の工事費用がかかり
これを一括か分割で支払う事になります。

最初に説明したとおり、光コンセントが流用できるのはNTTの光回線だけですが
お得に使えるインターネット回線として有力な候補になると思います。

光コンセントがあっても派遣工事が必要になる場合も

部屋の中に光コンセントが設置されていても派遣工事になることもあります。
これはインターネット回線がちゃんと繋がるか確認する必要がある場合です。

例えば新築やリフォームで新しく光コンセントをつけた場合、その設備が本当に
インターネット接続できるかを確認する必要があります。

以前使っていたという確認が取れない場合にも回線が生きているのか調べるために
接続確認のために人を派遣して調査をすることになります。

同じ建物の他の部屋で開通が確認されていても、申し込みをした人の部屋の回線も
しっかりと確認をするために派遣工事になることも多いようで。

光コンセントがあるから必ず工事費用が安くなるという訳ではありません。
ただ安くなる可能性は高いのですが。

そこで光コンセントがある場合は光回線の申し込みの時にオペレーターなどに
光コンセントがあることを伝えましょう。

光コンセントがあることで派遣工事が必要ないならそこで説明されるはずですし
派遣工事が必要ならその理由を聞くこともできます。

光コンセントがある場合は直接話ができる光回線の申込み方法を選びましょう。

光コンセントの撤去が必要ない場合もある

自分が賃貸住宅を引き払うとき、設置した光コンセントはどうすればいいのか。
これは賃貸住宅によって大きく変わってきます。

アパートなどでは後でその部屋に入る人のために光コンセントをそのまま残して欲しい
と頼まれることもあります。

大家さんや管理会社から原状回復を求められるのが一般的なので撤去が必要と思いますが
状況によっては光コンセントをそのままにしておけます。

ただ集合住宅で戸建てプランを選んだ場合に設置した光コンセントの場合は
撤去を求められることも多いです。

実際に光コンセントの撤去についてトラブルの報告もあるので、撤去の確認は
きちんとしておいたほうがいいと思います。

特に賃貸住宅の入居時にすでに光コンセントが設置されている場合は
借りる時にその設備をどうするのか、最初から確認しておきましょう。

他人が設置した光コンセントの撤去を求められるのは納得出来ないので・・・
どんな状況でも光コンセントの撤去について最初に聞いておくのがいいと思います。

-光回線の知識

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.