光回線の知識

SCコネクタを自作で作る作り方とは?

投稿日:

最近のインターネット回線は光ファイバーケーブルを使った光回線です。
NTTのフレッツ光など多くのサービスが提供されています。

この光回線のインターネット接続サービスでは、実際に屋外で使っているケーブルと
室内に設置しているケーブルそれぞれに光ファイバーケーブルを使っています。

普段の電化製品やパソコン周辺機器でも使わない、光ファイバーケーブルを
接続させるコネクタは自分で作ることが出来るのでしょうか?

光ファイバーケーブルの接続端子はSCコネクタという形状をしている

光回線契約をしている人ならわかると思いますが、実際に家の中に光ファイバーを
使った細いケーブルが設置されているはずです。

戸建の場合はよりわかりやすく、実際に外の電柱からケーブルを引っ張ってきて
室内に引き込んでからONUという周辺機器に繋いでいます。

室内の配線を見てみると多くの場合は光コンセントと言われるところに接続して
外部の回線と繋いでいるはずです。

この光コンセントに差し込む端子は光ファイバーケーブルの独特な形状をしていて
それがSCコネクタと言われています。

他にもLCコネクタという形状もあるのですが、一般的な家庭ではSCコネクタを
使っているはず。

普通にパソコンの周辺機器で使っているのはLANケーブルや電話線の
モジュラージャックなどですが、そのどれとも形状が違います。

まあパソコンや電化製品のケーブルは間違えて差し込まないように、コネクタの
形状をケーブルごとに変えているのが普通です。

つまりSCコネクタというのは光ファイバーケーブルを接続する時のコネクタの
形状、形ということになります。

SCコネクタは自分で作ることが出来る

ではもしも自宅内で光ファイバーケーブルを断線させてしまった時には
新しく光ファイバーケーブルを購入して自分でSCコネクタを作れるのでしょうか。

実は商品としてSCコネクタや光ファイバーケーブルは普通に販売されています。
特殊な免許や許可が必要なく、誰でも購入することができます。

ただし光ファイバーケーブルは一般的なケーブルとはちょっと違っています。
似たようなものならテレビに接続する同軸ケーブルと同じようなものです。

つまりケーブルだけを買ってきて、自分でコネクタを作ろうとするとちょっとした
工作のように作業が必要になります。

TVケーブルのコネクタを作ったことがある人ならわかると思いますが、専用の工具と
もちろん作り方も知らなければ作るのは難しいのです。

ではどうやって光ファイバーケーブルのSCコネクタを作るのか。
その作り方を確認してみたいと思います。

光ファイバーケーブルの交換をNTTに頼むと10,000円以上する

ちなみに自分で光ファイバーケーブルを交換せずにNTTに交換を頼んだ場合は
どれくらいの金額が必要になるのか。

まあ修理や交換をするところ、ケーブルの長さなどによって変わると思いますが
大体10,000円以上かかると言われています。

普通は光ファイバーケーブルは部屋の隅に設置されていて、あまりわからないところに
設置されているはずなのですが・・・

基本的に中に使われている光ファイバーがガラスのようなものなので極端に曲げると
簡単に断線してしまうのです。

最近はかなり変形に強い光ファイバーケーブルもあって、それが使われているのですが
何かの衝撃などで断線してしまうことはあります。

そんな時に交換を頼むのではなく自分で光ファイバーケーブルの交換をしようと
思う人が多いというのもよくわかる気がします。

ケーブル工作用具はSCコネクタ制作に必要なものが多い

では実際にSCコネクタを作る時に必要になる工具などを確認してみます。
基本的にはケーブルを工作してコネクタをつけるので、その工具が必要です。

必要最小限と思える工具ならストリッパー、瞬間接着剤、クリーパー、研磨用紙
と言ったところでしょうか。

ストリッパーというのはケーブルの外皮ジャケット、ケーブルを保護している
一番外側のところを剥がすための工具です。

ケーブルを切断するニッパーのような形をしていますが、完全に切断できないように
刃を閉じても穴が空いているのが特徴的な工具です。

この穴にケーブルを入れて刃を閉じれば、外にある外皮ジャケットだけを切断して
中のケーブル本体に傷をつけずにむき出しにすることができます。

それからクリーパーは光ファイバーケーブルを切断するためのカッターです。
切断面をきれいにするためにできれば専用工具が欲しいところです。

光ファイバーケーブルの切断面が汚いとデータの情報伝達がうまく行かずに
光回線を使っているのに通信速度が遅くなるという自体になります。

きれいな断面にするために研磨用の紙やすりを使うとより安定した接続が
出来るようになるのですが。

後はSCコネクタをケーブルに付けるための接着剤とできればメタルブーツという
金属製の安定金具を固定するペンチなどもあると便利です。

最低限これくらいの工具があればSCコネクタを作ることが出来ると思います。

SCコネクタの作り方

実際にSCコネクタの作り方も確認してみます。
まずはケーブルの外皮ジャケットをむいて光ファイバーケーブルを露出させます。

でも保護されている状態の時にファイバーブーツ止めたるファイバーブーツをかぶせて
SCコネクタを保護できる状態にしておきます。

ファイバーブーツはゴムの保護材でメタルブーツが露出しないようにするものです。
メタルブーツはSCコネクタと光ケーブルを止める金具です。

ブーツをつけたら外皮ジャケットをむくのですが、むいただけでは中にケブラー繊維で
保護されているのでこれをハサミで切って取り除きます。

更にバッファという保護材もあるのでそれも一緒に取り除きます。
するとガラスのような透き通った光ファイバーケーブルがでてくるはずです。

この光ファイバーケーブルはとてももろくて衝撃ですぐに折れてしまいます。
取り扱いには十分に注意しましょう。

光ファイバーケーブルの露出が出来たら、SCコネクタをかぶせていきます。

SCコネクタの向きに注意をして先端から光ファイバーが出るくらいに固定します。
仮止めをするために瞬間接着剤がとても便利です。

SCコネクタの先端からちょっとだけでている光ファイバーケーブルをクリーパーで
切断します。

切断面をSC研磨ディスクや研磨用紙を使ってきれいに整えてからメタルブーツを
かしめて動かないようにします。

最後にハウスジャケットなどコネクタの外装を整えたらSCコネクタの完成です。

知識があるなら回線の接続状態を見ながら作業するのがおすすめ

実際に作業をしていると、ちゃんと光ファイバーケーブルにデータを通すことが
出来ているのか確認することも必要になります。

使っていないルーターなどでケーブル接続をして、SCコネクタを接続させてちゃんと
通信ができるかを確認する必要があるのですが・・・

はっきり言って光ファイバーケーブルを使ったLANを使っているという個人ユーザーに
会ったことがありません。

多分会社などで一部使っているところはあるのでしょうが・・・
まあそもそもSCコネクタを自作できる工具があるという人のほうが少ないと思いますが。

簡単に手順を説明しましたが、実際にSCコネクタを自作するのはとても大変です。
作り方として説明してはいますが、これを実際にやるのは難しいと思います。

まあ実際にSCコネクタを自分で作った場合は、光回線に接続してみてデータ通信が
出来るかを確認するくらいしか方法がありません。

SCコネクタ自作キットは定価60,000円以上する

SCコネクタのパーツも含めて自分で作るための自作キットという商品が
発売されていました。

こちらの自作キットにはSCコネクタを作るために必要な工具一式と説明書に
作り方の解説動画も付属しています。

光ファイバーケーブルは自分で好きな長さを購入する、ということなのでしょうか
キットには付属されていませんでした。

このSCコネクタ自作キット、メーカーの希望小売価格では60,000円を超える金額で
紹介されていました。

実際に通販サイトで価格を見ると新品でも30,000円以下という金額で購入が出来る
というくらいの金額になっていますが・・・

それでもかなり高額で簡単に手が出せるという金額ではないと思いました。
ちなみに購入者の口コミを見てみると、かなり苦戦してSCコネクタを自作したとあります。

説明書付きの自作キットを購入しても、作り方がちゃんとわかっていてもSCコネクタは
簡単に作れるものではないということがわかります。

SCコネクタ付きの光ファイバーケーブルも発売されている

SCコネクタの自作キットを探している時に、ついでにSCコネクタ付きの
光ファイバーケーブルも探してみました。

大手通販サイトではちゃんとSCコネクタが両端についている光ファイバーケーブルが
発売されているのを見つけました。

自宅内の光ファイバーケーブルが破損したとき、交換が必要になるのは大体が
ONUから光コンセントにつないでいるケーブルだと思います。

ONUは一度本体を開けて見る必要がありますが、基本的にSCコネクタを使って
光ファイバーケーブルを接続しているはずです。

光コンセントは間違いなくSCコネクタで接続するので、両端にSCコネクタが有る
光ファイバーケーブルを購入すればすぐに交換することができます。

ちなみに光ファイバーケーブルは長さも選べて、3mから5mくらいなら2,000円くらいで
購入することが出来ました。

確かにSCコネクタは作り方も説明されていて、自作もできるのですが交換するなら
購入したほうが安くて便利だと思います。

-光回線の知識

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.