光回線の知識

SCコネクタとLCコネクタの違いって何?

投稿日:

自宅に設置してある光コンセントを見ると「光SC」という表記がありました。
これは光ファイバーケーブルのコネクタの形状についての表記だとか。

光ファイバーケーブルの差込み口の形状はSCコネクタ、と言うんだな・・・
と思っていたら別の名前もあるとわかりました。

それがLCコネクタというのですが、この差込口の名前の違いは何なのでしょうか。

SCコネクタとLCコネクタの違いは形状の違い

光ファイバーケーブルは光回線のインターネットサービスを契約すれば自宅でも
設置される、一応一般的なケーブルの1つです。

通信ノイズが入りにくいということで企業内でも社内LANを作る時にLANケーブル
ではなく光ファイバーケーブルを使うというところも多くなっているようで。

そんな通信やネットワーク関係に詳しい人なら「SCコネクタ」や「LCコネクタ」の
違いというものにも詳しいかと思います。

でも一般的な知識としてはSCコネクタとLCコネクタの違いを知っているという人は
少ないのではないでしょうか。

実際に私も光ファイバーケーブルのコネクタがSCコネクタとLCコネクタというのを
初めて知りました。

ではこのSCコネクタとLCコネクタの違いとは何なのでしょうか。
調べてみると単純にコネクタの形状の違いということのようです。

LANケーブルのカテゴリーのような規格の違いではなく、単純にコネクタ形状の
違いということでした。

SCコネクタは大きめで着脱が簡単

ではそれぞれのコネクタの違いについてもっと詳しく調べてみましょう。
SCコネクタですが、こちらは接続部分が大きめで比較的着脱が簡単と言われています。

基本的には差し込むだけでケーブルの接続ができるのは他のコネクタと同じですが
取り外す時にも引っ張るだけというかなり手軽な方法です。

光ファイバーケーブルの周りを完全に囲うようにコネクタがつけられていて
商品によっては外した時に自動的に接続部分を保護するシャッターが閉じるものも。

私の家でもそうなのですが、光回線を使ったインターネット通信をする場合の
光コンセントではこのSCコネクタを使っている場合が多いと思います。

SCコネクトの接続はちゃんと差し込めばロックされ、取り外しはプラグ部分を持って
引っ張ればロックが外れてはずせるようになっています。

LCコネクタは小さめで取り外しにラッチを使う

ではLCコネクタとはどんなものなのか。
こちらは取り外しの時にラッチという突起部分を押し込んで外すというコネクタです。

電話線やLANケーブルのコネクタ部分には小さな爪がついていて、取り外す時に
その爪を押し込んで外すことになります。

この爪のような突起がラッチといい、これが付いている光ファイバーケーブルの
コネクタがLCコネクタです。

突起がついているのですが、それ以外の部分は小さくなっています。
プラグの大きさだけを見るとSCコネクタよりも小さいのが特徴です。

プラグが小さく、横に多く並べることが出来るのでLANハブなどで多くの
回線を使いたい場合にはLCコネクタが使われることも多いです。

ラッチがストッパーになっているので経年劣化でラッチが壊れてしまうと
ケーブルが抜けやすくなるというデメリットも報告されています。

まあLANケーブルではラッチが壊れないように保護されているケーブルも
販売されているので、大きな問題にはならないでしょうが。

現状光回線のサービスではあまりLCコネクタのケーブルを見ることがない
と思いました。

一般的に使われているのはSCコネクタの光ファイバーケーブル

SCコネクタの光ファイバーケーブルは、光回線の家庭内配線ではほぼ全ての
家庭で使われていると思います。

実際に光コンセント自体がSCコネクタで作られているので、形状の違う
LCコネクタを使って光回線を使っているという人はいないはずです。

一応LANの場合も調べてみたのですが、世界基準として光ファイバーを
LANケーブルで使う時のコネクタもSCコネクタでした。

ちなみにLANケーブルとして光ファイバーケーブルを使う場合、他のコネクタの
形状として色々とあるようです。

SCコネクタもLCコネクタも差込形ですが、ネジのように回して連結させる
FCコネクタという形状もありました。

まあ一般的に機材同士をつなぐために使うケーブルのコネクタ形状としては
SCコネクタが世界基準として使われています。

LCコネクタは配線板内部など密集したところで使う

ではLCコネクタはどんなところで使っているのか。
プラグ部分が小さいことから密集して使うところで利用されているようです。

実際にプラグのサイズはSCコネクタの半分しか無いのでかなり小さくなっています。
サイズだけで言えばSCコネクタと同じ幅にLCコネクタは2本させることになります。

この特徴を生かして、密集してケーブルを繋がなくてはいけないところでLCコネクタの
光ファイバーケーブルを使う事が多いようです。

例えば配線板の内部、構内配線とか交換機など多くの回線が集まるところで使うなら
LCコネクタということのようです。

まあこの使い方を見てみると、基本的にはLANケーブルとして使われているので
自宅での光回線のケーブルとしてはあまりLCコネクタを見ることは少ないかも。

自宅の光回線のケーブルもSCコネクタで対応可能

家庭で使われている光ファイバーケーブルの場合、多くはSCコネクタです。
つまり自宅の光回線ケーブルの交換なども基本的にはSCコネクタで対応できます。

例えば光コンセントからONUにつないでいる光ファイバーケーブルが破損した時に
自分で交換をする、という選択肢も出来てくるのです。

光ファイバーケーブルはLANでも使われるようになって、最近ではかなり普通に
購入することができます。

はっきり言えば大手通販サイトで「ポチッ」とすることが出来るのです。
しかもケーブルの長さなども選ぶことが出来るのでとても便利です。

そこで注意するのがコネクタの形状です。
光ファイバーケーブルが一般的なってきたのでコネクタも種類が取り扱われています。

当然SCコネクタとLCコネクタを選んで購入もできるので、間違えずに購入する
ということも必要になるかと。

家庭で使われている光ファイバーケーブルはほとんどがSCコネクタです。
まあ光コンセントがSCコネクタなのですぐに分かると思いますが。

ONUは開けてみないとわからないがほとんどはSCコネクタ

光ファイバーケーブルの延長をするなら延長用のSCコネクタの商品を選べば
いいのですが、交換の時には注意が必要です。

光コンセントがSCコネクタなのはすぐに分かるのですが、そことつないでいる
ONU、光回線終端装置はコネクタが内部にあって外からは見えません。

一度蓋を開けるなど内部を確認する必要があるのですが・・・
まあほとんどの場合は内部でSCコネクタの接続をしていると思います。

つまり自分で光ファイバーケーブルの購入をして交換するなら両方共に
SCコネクタのケーブルを買えばいいと思います。

あまりONUの内部でLCコネクタを使っているというのを聞いたことが無いので
SCコネクタで大丈夫かと。

商品としてはSCコネクタとLCコネクタが付いている光ファイバーケーブル
というのもあるので、購入する時には確認をするようにしましょう。

市販の光ファイバーケーブルは安いものなら1,000円程度で買える

では実際に光ファイバーケーブルを購入するならいくら位必要なのか。
まあ商品によっても変わりますが、大体1,000円程度で買えます。

コネクタの形状もSCコネクタが両端になるもの、LCコネクタが両端にあるもの。
延長用に片方がSCコネクタ接続口になっているものなど色々です。

更に長さも選ぶことが出来て、基本的には長さで料金が変わります。
1mや3mといった短めのものから10mという長い商品もありました。

商品の中には「10G対応」という光ファイバーケーブルもありました。
こちらは10mで20,000円弱というかなり高額のケーブルでした。

ちなみにNTTに頼んでNTT純正の光ファイバーケーブルを購入させてもらうと
3mくらいで1,500円になるそうです。

自分でケーブル交換をする時にはこの辺りの料金を目安にして商品を選ぶと
通信環境を変えずに光ファイバーケーブルの交換ができると思います。

NTTにケーブルの交換を頼むと10,000円以上かかることが多い

NTTのサポートダイヤルに確認してみると、光ファイバーケーブルの交換を
依頼されることは多いようです。

光ファイバーケーブルに引っかかって断線してしまったなど、不注意で回線を
破損させてしまったという人も多くいるそうです。

実際に光ファイバーケーブルの中にある光ファイバーは基本的にガラスなので
かなり衝撃に弱く、ケーブル自体も折り曲げると断線してしまいます。

最近では衝撃に強い光ファイバーケーブルも発売されているようですが
破損しやすいので設置場所にはかなり注意が必要です。

またペットがかじってしまう、というトラブルも多くあるそうです。
実際にサポートダイヤルに猫やうさぎがかじってしまった、という電話が。

この場合、NTTから派遣工事というか修理する場合にかかる手数料は
10,000円から場合によっては20,000円以上することも。

まあ20,000円以上というのは電柱の光ファイバーケーブルまで何かの破損が
広がっていて全て交換が必要になる場合だそうですが。

電柱から引いてきた光ファイバーケーブルの交換には光回線新規設置工事と
同じくらいの修理費用がかかるそうです。

自宅内の光ファイバーケーブルの交換も派遣工事になるので安くても5,000円以上
大体の場合は10,000円位かかるそうです。

ケーブルの交換くらいなら自分で購入して交換したほうがかなりお得なのですが・・・
ケーブル交換でも問題が解消しないなら素直にNTTに連絡をしましょう。

-光回線の知識

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.