光回線の知識

RJ-45とはどんなコネクタで何に使うもの?

投稿日:

パソコンには色々なケーブルが使われています。
パソコンだけではなく、パソコンと周辺機器をつなぐ時にもケーブルを使います。

まあ最近では無線LANなどケーブルを使わないネットワークも使われているので
ずいぶんとスッキリしているのですが。

そんなパソコンでも使われているケーブル規格の1つ、RJ-45についてちょっと
確認をしてみることにします。

RJ-45とはモジュラーコネクタの1つで主にLANで使われている

最初にRJ-45というケーブルコネクタについて確認してみます。
物の説明だけをするなら「モジュラー式コネクタの形状の1つ」ということに。

もう少し詳しく説明するなら、パソコンなどで使う通信ケーブルのコネクタの1つで
モジュラー式のコネクタを接続するジャックの形式ということになります。

主に通信で使われているLANケーブルのコネクタとして使われています。
8極8芯のモジュラー式コネクタがRJ-45ということです。

モジュラージャックといえば電話のケーブルを思い出す人が多と思いますが
あれと同じ形をしているケーブルを挿すコネクタがRJ-45です。

ただ電話で使っているモジュラーケーブルはRJ-11というコネクタ形状で
こちらはピンの数が6本のケーブルを挿すためのコネクタです。

使っているピンの数が増えているのでジャックの横幅も広くなっています。
似たような形状なのですがRJ-45コネクタとは大きさが違うので挿せません

ちなみにモジュラー式ジャックというのはピンを使ってコネクタに止める
という形状をしているケーブル差込口のことです。

電話線に使われているケーブルと似ているのですが、使っている用途も違いますし
大きさが違うのですぐに違いはわかると思います。

RJ-45と8P8Cは同じもののこと

RJ-45とは8芯のモジュラー式ケーブルを挿すためのコネクタのことなのですが
別の言い方をされることもあります。

それが8P8Cで、こちらは8つのピン全てに信号が通っているケーブルジャックを
挿すためのコネクタのことです。

RJ-45には8つのピンがあり、その全てに信号が通ってくるのでこのような言い方を
されるのですが・・・

つまりRJ-45と8P8Cは同じもののことを言っている言葉ということになります。

まああまり型番でケーブルコネクタを呼ぶ人も少ないと思いますが。
一般的には「LANコネクタ」という言い方で伝わると思います。

ただ人によってはこのRJ-45と8P8Cが同じ、ということにも納得しない人も
いるのですが。

現在では同じものとして取り扱われているRJ-45と8P8Cですが、実は正確には
この2つは同じものではないのです。

RJ-45は元々普及しなかったアメリカ規格の通信コネクタ

現在のLANケーブルは8つの芯全てに信号が通っているので、実際には
8P8Cというのが正しい言い方になります。

ではRJ-45というのは違うのでしょうか。
本来は8つの芯の2つにしか信号が通っていないものでした。

こちらはアメリカで使われていた通信規格の1つで、8極2芯のコネクタでした。
形状は今使われているLANコネクタと非常に似ているのですが・・・

微妙に大きさが違うなどちょっとした違いがありました。
しかも使われていたのは電話回線の通信、つまりLANケーブルのコネクタでは無いのです。

このアメリカで使われていた電話のコネクタ、RJ-45がなぜ日本でLANケーブルの
コネクタの名前として使われているのか。

詳しくはよくわからないのですが、かなり似ていることから間違って使ったのが元では
と言われています。

しかも元々のRJ-45という規格は普及せず、現在では使われていません。
日本以外、アメリカでもすでに使われていないと言われています。

そんな事もあって、正しくは8P8CをRJ-45というのは間違いなのですが、今では
それを気にする人もいないし必要もないということになっています。

LANケーブルはインターネットの通信速度に大きく影響する

LANケーブルというのは元々、パソコン同士の通信をするために使われている
回線ケーブルでした。

会社内などサーバーを使っているところでは、サーバーと各端末をつなぐために
LANケーブルを使っています。

かなり古くはこんな使い方しかされなかったのであまり家庭用のパソコンには
RJ-45のようなLANコネクタが付いていませんでした。

家庭内LANなどを作る人は後からLANボードというRJ-45などのLANコネクタが
搭載されているオプションパーツを購入して使っていました。

でも最近のパソコンではLANコネクタはほぼ全ての商品に搭載されています。
その理由はインターネット接続にLANケーブルを使っているからです。

光回線終端装置のONUからパソコンに接続するためのケーブルはLANケーブルなので
パソコン本体にRJ-45のLANコネクタが搭載されていることが必要です。

更に最近ではWi-Fiルーターを使っている人も多く、このルーターではLANケーブルを
使ってパソコンを接続させることになります。

インターネットが普及している現状、光回線を使うためには必ずLANケーブルが必要で
それを接続するためのRJ-45は必須と言われる状況になっています。

LANケーブルはインターネットの通信速度にも影響する

現状インターネットをするためにLANコネクタが必要なことはわかってもらえたかと。
でもそのLANの種類によって通信速度にも影響が出ることは知っていますか?

まあパソコンに付いているRJ-45の種類によって通信速度が変わる、というわけではなく
使っているLANケーブルの種類によって速度が変わる可能性が高いということです。

現在日本国内で使われているLANケーブルのジャックとコネクタは基本的に
RJ-45のもので間違いなく、それ以外の規格はほぼ使われていないと思います。

ただそこに差し込んで使うLANケーブルにはカテゴリーという種類があります。
カテゴリーは数字で表記され、新しいものほど数が大きくなります。

インターネットが普及した頃のLANケーブルはカテゴリー5という種類で
Wi-Fiルーターを購入した時に付属されているケーブルなどもこのカテゴリーが多いです。

ただカテゴリー5では通信速度が100Mbps程度、距離が短ければ通信速度が
上がるのですがそれでも限界があります。

例えば今ならフレッツ光のプランでは下り最速1Gbpsというプランがあるので
100MbpsのLANケーブルではかなり能力が不足しているということに。

料金も考えるとカテゴリー6くらいのケーブルを使ったほうがインターネットの
通信速度は快適になる可能性が高いと思います。

LANケーブルのピンの破損に注意

LANケーブルのカテゴリーについての注意がわかってもらえたと思いますが
それ以外にもちょっと注意してほしいことがあります。

LANケーブルにはジャックが付いていて、そこにRJ-45規格のコネクタとの
着脱が簡単になるピンが付いています。

このピンがジャックとコネクタの留め具にもなっているのですが、壊れやすく
壊れるとジャックが外れてしまうのです。

元々小さなパーツですし、プラスチックを使ったジャックに付いているので
劣化もしやすくなっています。

ちょっとの衝撃でもピンが壊れてしまい、そのまま気が付かずに使っていると
ケーブルが外れやすくなってしまうのです。

ジャックがRJ-45コネクタから外れてしまえば当然ですが通信が出来ません。
その状態でインターネット接続が出来なくなります。

最近ではこのジャックに付いているピンが壊れないようにガードされている
ケーブルも販売されています。

LANケーブル買い替えの時にはそんなことも考えておくと言いと思います。

パソコンによってはRJ-45コネクタがない、カバー付きというものもある

最近のパソコンにはほぼRJ-45コネクタ、LANコネクタが標準装備されている
と説明しました。

でもパソコンの種類によってはRJ-45コネクタがないものもあります。
薄型のノートPCやタブレットPCでは付いていない場合も考えられます。

元々RJ-45コネクタは有線LANのためのコネクタです。
つまりLANケーブルを挿すためのコネクタなので無線LANでは使いません。

ノートPCやタブレットPCでは有線接続をせずに無線LAN、Wi-Fiを使った
ネットワーク接続をする機種は多くあります。

薄く作りたい商品では大きさの決まっているRJ-45をつけるのが難しいという
状況も考えられます。

それに普段は無線LANを使っていて、有線で使いたいときだけ使えるように
普段はキャップを付けているという機種もあります。

まあRJ-45コネクタのところには「LANコネクタ」などの表示があるはずで
キャップをしていることもわかりやすいと思いますが。

最近ではLANケーブルを使った通信似対応していない機種もあることは
覚えておきましょう。

-光回線の知識

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.