光回線の知識

ハウスケーブルとはどんな設備のこと?

投稿日:

光回線の設置工事をする時に「ハウスケーブルの設置」という言葉を聞いたことは
ありませんか?

インターネット関係だけではなく、色々な配線に関してハウスケーブルという言葉を
聞くことがあるのですが・・・

この「ハウスケーブル」とはどんな配線のことを言うのでしょうか。
ちょっと調べてみることにしました。

ハウスケーブルとは「構内配線」のこと

ハウスケーブル、という言葉で調べてみるとかなり色々な種類の言葉がでてくるのですが
単純にケーブルについての説明という場合も多いです。

まあ確かに言葉だけを考えてみると「家のケーブル」という意味なのですが・・・
現在日本で使っているハウスケーブルという意味とはちょっと違います。

簡単に説明すればハウスケーブルとは構内配線のことで、建物の内部に配置した
ケーブル配線のことです。

天井や壁の中を通して配線しているもの、全てがハウスケーブルと言われています。
かなり大雑把な説明ですが、これがハウスケーブルというものです。

単純なケーブルの名前ではなく配線設備のことをハウスケーブルと呼んでいます。

商業施設はビルの構内配線もハウスケーブル

壁や天井に設置されている配線がハウスケーブルというのはわかってもらえたと
思いますが、これは家庭用の配線だけではありません。

商業施設やビルの内部にある配線も同じようにハウスケーブルと呼んでいます。
戸建てや住居以外の場合もハウスケーブルというのです。

まあ「ハウス」と住居と考えずに「建物」と考えればその理由はわかるかと。
ビルなどの構内配線のこともハウスケーブルと呼びます。

そして使われているケーブルの種類もあまり関係なく、全てをまとめてハウスケーブルと
呼んでいるそうです。

電話回線、配電線、LANケーブルなどハウスケーブルに使われるケーブル自体も
その種類はかなり多くあります。

建設後にハウスケーブルを追加することもある

住宅のことを考えるとハウスケーブルは建設当時に配線をすることが必要
と思いがちですが、建設後に増やすこともできます。

まあ建設した建物の状況によっては追加することが出来なくなりますが。
普通の一戸建てなら追加できる可能性は高いです。

例えば光ファイバーケーブルを使った光回線を一戸建てで契約した場合には
電柱などから直接自宅まで光ファイバーケーブルを引き込みます。

電柱の位置と建物の状態によっては新しく引き込むための穴を開けることになりますが
普通はすでに引き込みが出来る穴を使ってケーブルを通しています。

エアコンの排気ダクトがあればそこの隙間に光ファイバーケーブルを通すことも
多いのですが、ちょうどよく部屋にエコンがないということもあります。

そんな時には建築当時に配線した電話のケーブルを引き込むための穴を使って
光ファイバーケーブルを設置することも。

この場合はすでにハウスケーブルとして設置されている電話回線と一緒に
光回線も同じところから室内に透す工事を行います。

ほとんどの場合は壁を壊すことなく、電話線の引き込み口から通して室内に
光ファイバーケーブルを出すことができます。

建物の状況にもよりますがハウスケーブルを増設することは出来るのです。

ハウスケーブルとは受動的なケーブル設備のこと

もう一つ、ハウスケーブルという場合には基本的に受動的な配線をされるケーブルを
指しての言葉ということになっています。

わかりやすく言うと電源を使わずに決められた信号の送受信をするなど単純な
使い方をする配線をハウスケーブルといいます。

電源を使って電話線とインターネット回線の信号を切り替える装置などを使う場合に
利用する配線はハウスケーブルとはいいません。

まあ普通そんな端末に接続するのはパソコンやその周辺機器なので基本的には
それらは端末機器と言われます。

ただハウスケーブルと端末機器を明確に区別することはほぼありませんが。
NTTなど回線工事をする人が説明のために使うくらいでしょうか。

それにハウスケーブルと端末機器をまとめて「端末設備」と呼ぶことも多いのです。
あまりはっきりと区別する必要もないのかもしれません。

逆にはっきりと区別されているのは保安器につながる回線で、電柱などから
光回線を引っ張ってくる、こちらは電気通信回線設備と呼ばれます。

光回線サービスの中には端末設備と電気通信回線設備の工事が別の会社で行う
というものもあるので、こちらははっきりと区別されています。

ハウスケーブルを使う光回線サービスは光コンセント

では実際にハウスケーブルを使った設備とはどんな物があるのか。
最近多くなっているのは光コンセントという設備を作るときです。

光コンセントは保安器から引き込みをした光ファイバーケーブルと
室内に設置するONU、光回線終端装置をつなぐ時に使われます。

ハウスケーブルを使った場合は電気のコンセントと同じところに
差込口が出来るので光コンセントと呼ばれています。

こちらも建物の状態によってどこに光コンセントが出来るのかは
変わるので確実に個々にある、と言えないのですが・・・

電話回線の引き込み口を使った場合はモジュラーケーブルの近くに
光コンセントが設置されることもあります。

またエアコンの排気ダクトから引き込みをした場合はこのエアコンの
近くに光コンセントが出来るということも。

ちなみに電気コンセントに光コンセントをつける時にはコンセントカバーを
外す必要があります。

このコンセントカバーの着脱は素人がやって良い工事ではないので、絶対に
自分で開けないようにしましょう。

工事の時には業者の人がやってくれるので、素人が触ってはいけません。

ハウスケーブル工事は基本的に専門業者に頼むことになる

光回線以外にもハウスケーブルとして使われるものはあります。
ほとんどの家庭ではテレビアンテナの配線もハウスケーブルとして設置されているかと。

屋根の上にあるアンテナからの信号を屋根裏にある分配器で各部屋のTVケーブル用の
コネクタまで配線します。

室内アンテナを使っていない場合はこのテレビアンテナ線を使ってテレビを見ている
ということになるかと思います。

このアンテナケーブルも壁や屋根裏を通しているのでハウスケーブルとして設置され
その工事も専用業者が行っているはずです。

まあ最近では光回線契約をすればそれを使って地上波デジタル放送を見ることも
出来るのですが・・・

BSやCSのチャンネルもインターネット回線を使った動画配信サービスで見ることが
出来るので衛星アンテナの増設が難しい場合はこちらもおすすめです。

集合住宅の場合はハウスケーブル配線の方法が決まっているので注意

一戸建ての場合は後からハウスケーブル配線での光回線増設などが出来ますが
集合住宅ではかなり難しくなります。

建物全体の工事になるので個別の部屋だけの工事というのはかなり難しく
出来るのは光回線の直接引き込み工事くらいでしょうか。

光回線は基本的に建物1つに1種類の回線契約なので、すでに建物として
契約している回線以外を使いたい場合は直接部屋に引き込むことになります。

契約としても戸建てプランでの契約になるのですが、実際に光回線の引き込みが
出来る条件は限られています。

そして普通の集合住宅では光回線の分配方法は多くの場合、決まっています。
まあ建築当初に決めるのが普通ですが。

以前は光回線を設置することが前提ではなかったので、一般家庭でも普通に
配線されている電話回線を使うVDSLという方式で光回線も分配していました。

でも最近では光回線がとても普及していて、最初から光回線をハウスケーブルとして
設置している集合住宅もかなり多くなっています。

他にも集合住宅の共有部分にLANの分配器をおいて、ハウスケーブルでLANを
各部屋まで設置しているLAN分配方式のマンションなども出来ています。

ほとんどの場合はすでにハウスケーブルで分配方式を決めているので、気になる人は
入居前に管理会社や不動産業者に確認をしておきましょう。

分配方式で工事費用が変わることも

集合住宅の場合は光回線の分配方式によって自宅での機材設置工事が必要なくなります。
上記のLAN分配方式ではONUを各部屋に設置する必要がないのです。

それに以前住んでいた人が光回線を使っていて、光回線の開通確認をしなくてもいい
という場合にもONUを自分で設置することで室内工事が必要なくなります。

実際に室内工事をする場合、立ち会い工事になるので予約をとるのが難しくなります。
しかも土日に頼むと追加料金として3,000円余計にかかります。

派遣工事になるので工事費用も高くフレッツ光の場合、集合住宅の派遣工事は
15,000円が必要です。

でも派遣工事が必要なくなった場合、工事費用は2,000円です。
これに契約の事務手数料3,000円がかかります。

特に集合住宅の場合は事前に派遣工事が必要になるのか、確認が必要です。
管理会社や回線提供会社としっかり連絡を取るようにしましょう。

-光回線の知識

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.