光回線の知識

光スプリッタとはどんな機材でどこで使っている?

投稿日:

光回線を使うためには様々な設備が必要になります。
でも、それらの設備をちゃんと知っている人はそれほど多くないと思います。

実際にどんな機材を使っていて、それがどんな役割を持っているのか。
気になったので調べてみることにしました。

今回は光回線サービスを支える設備として多く使われている光スプリッタについて
確認してみました。

光スプリッタとは光ファイバーケーブルを分岐させるために使う設備

フレッツ光など光ファイバーケーブルを使ったインターネット回線接続サービスを
使う時にとても重要な機材に光スプリッタという設備があります。

この光スプリッタは光回線サービスを支えるとっても重要な機材なのですが
一般的にはそれほど知名度がありません。

まあ普段使う時にはそれほど気にする必要もない機材なのですが・・・
この光スプリッタとはどんな機材で何のために使っているのでしょうか。

簡単に説明すれば「光回線を分岐するために使う機材」ということになります。
1本の光ファイバーケーブルを複数に増やすために使う、という感じでしょうか。

そしてこの光ファイバーケーブルを分岐させることは今の光回線サービスを
利用するためにとても重要なことなのです。

スプリッタとは元々アナログ回線で使っていた機材

光スプリッタには元々語源、というか元になる言葉があります。
それがスプリッタという機材で、こちらはアナログ回線で使われていました。

インターネット以前はパソコン通信が使われていて、こちらでは主に電話回線を使って
通信をしていました。

初期のインターネット回線接続サービスでも電話回線は使われていて、通信に使う
アナログ回線と電話に使う回線を分岐させるために使われたのがスプリッタです。

使い方としては自宅のモジュラージャックからスプリッタにまず接続します。
スプリッタでは回線を2つに分岐させることが出来ました。

分岐させた1つを使っている電話機に接続、もう一つをインターネット接続に使う
DSLモデムに接続して使っていました。

元々パソコン通信で使っていたのは電話と同じ低周波信号なので分ける必要は
なかったのですが、インターネットが始まって使う信号が変わりました。

インターネットでは電話で使っていた低周波信号ではなく、高周波信号を使います。
そのために電話機でこの信号を受信してしまうと雑音として判断されるのです。

しかもインターネット通信では低周波信号は通信ノイズとして判断されるので
通信の安定性に影響を与えて、通信速度が遅くなるなどのトラブルも発生します。

そこでスプリッタを使って低周波信号と高周波信号を分ける必要がありました。
いわゆる分波器と言われる装置がスプリッタなのです。

このアナログ回線で使っていた機材を同じような働きをするものを光回線でも
使うので光スプリッタという名前になっています。

光スプリッタでは信号を分けることはしない

アナログ回線で使っていたスプリッタはインターネット回線で使う事ができる信号に
分けるための分波器でした。

では光スプリッタもやはり信号を分けるために使われているのでしょうか。
こちらに関しては単純に光回線を分配するための分配器という感じになります。

使っているのがインターネット接続のためだけなので、アナログのスプリッタのように
ケーブルを通る信号が2種類になることがありません。

光スプリッタを繋いでいるのも、どちらも光回線なので使っている信号に違いがなく
そのまま分岐させるためだけに使われているのが現状です。

ただ分岐数が少ない場合、例えば一つの回線を4つに分けるなどあまり分岐数が多くない
という場合には光カプラという別の機材を使うことも多いです。

光スプリッタを使うのは8分岐以上ということが多いのも特徴的です。

電柱の光回線を光スプリッタで分岐させて各家庭に引き込みをする

では光スプリッタはどんなところで使われているのか。
主に電柱にある光ファイバーケーブルを分売して家庭まで引き込むために使います。

フレッツ光などインターネット接続のための光回線は電柱などから直接建物に
引き込みをして使います。

そして電柱まで引っ張ってきた光ファイバーケーブルに光スプリッタを接続して
複数の光回線に分岐させているのです。

この光スプリッタから各家庭に光回線を引き込んでいるので、実は光回線とは
1つの電柱から複数の家庭に分岐して使われているのです。

先ほど説明したように光スプリッタは8分岐以上の時に使われています。
つまり8軒で1つの光ファイバーケーブルの海鮮を使っていることになります。

一応戸建てプランの場合は光回線を1契約で1つの家庭で使っている、ということに
なっているのですが厳密に言うとちょっと違うということになります。

地域によってプロバイダの混雑の影響を受けるのはこのため

混雑している時間帯に同じプロバイダを使っていると通信速度が遅くなる
という話を聞いたことはありませんか?

インターネットに接続するためには必ずプロバイダを通る必要があり、プロバイダは
ユーザーの認証をして通過の許可を出すので混雑すると認証に時間がかかります。

特に同じ地域に同じプロバイダを使っている人が多いと混雑が激しくなる、というのは
この光スプリッタの影響を受ける地域ということになります。

まあ光回線の場合は下り最速1Gbpsという通信速度が出る回線を一応戸建の場合は
一つの家庭で使えることになっています。

元々の回線が下り1Gbps使えるので集合住宅に比べれば快適なのですが・・・
同じ光スプリッタでインターネットを使っている人がヘビーユーザーだと厳しいです。

まあ光回線が光スプリッタで分岐させた別の回線まで大きな影響を与える、というのは
ちょっと考えにくいのですが。

全く影響がない、とは言い切れないので通信速度には注意をしたほうがいいと思います。

集合住宅の場合は建物に光スプリッタが設置されている場合もある

光スプリッタは電柱に設置されているだけではありません。
建物に設置されている場合もあるのです。

まあ一戸建てに光スプリッタが設置されることはまず無いと思いますが。
設置されるのは集合住宅の場合です。

ただし全ての集合住宅に光スプリッタが設置されているわけではありません。
現状では設置されている建物のほうが少ないと思います。

ではどんな集合住宅に光スプリッタが設置されているのか。
それは光回線の分配に光分配方式を使っている集合住宅です。

集合住宅では光回線が建物に1つ、というのが一般的です。
例外として複数の回線設置もできますが、かなり難しいところです。

そして建物に設置された光回線を住民全員で分配して使っています。
その分配方式にも色々な種類があるのですが。

以前から多く使われているのが、電話回線を使って分配するVDSL方式です。
その他に光分配方式とLAN分配方式があります。

この光分配方式を使っている集合住宅には光スプリッタが設置されています。

建物の共有部分に引き込んだ光回線を光スプリッタで分配している

マンションなどの集合住宅で光回線を設置する場合、電柱などから一度共有分に
回線の引き込みが行われます。

そして光分配方式の場合は、引き込んだ光回線と光スプリッタをつなぎます。
この光スプリッタから各家庭に分配された光回線でインターネットを使うことになります。

一戸建てとの違いは、一戸建ての場合は光回線が下り1Gbpsという最高速度の回線を
一つの家庭で使う事ができますが集合住宅ではこれを分配しています。

つまり建物に下り1Gbpsの回線があって、それを契約している戸数で分配しているのです。
8戸で分配すれば1つの家庭では単純計算で200Mbpsもでません。

ただ光分配方式の場合は分配している回線も光回線なので分配した後に通信速度が
遅くなりにくいという魅力もあります。

まあそれでも同じ建物内にヘビーユーザーがいると通信速度がかなり影響されますが。

光スプリッタは光回線の分配に多くのところで使われている

光スプリッタは電柱で多くの家庭に光回線を分配するだけではなく、集合住宅内でも
多くの家庭に光回線を分配するために使われています。

現状では光回線を分配するためには光スプリッタを使っている、というのが普通なので
光回線を使っている人は必ずその影響を受けていると言えます。

ただし基本的にはNTTや建物の設備なので一般の契約者が見ることは少なく
その恩恵というのもちょっとわかりにくいです。

まあ一戸建てで光回線の契約をしているなら、近くの電柱から延びている自分の家への
光回線をたどっていけば光スプリッタがどんなものか見ることは出来ますが。

基本的には四角い箱のようなものがあるだけなので、よくわからないと思いますが。
ただ間違いなく多くの光回線契約者は光スプリッタを使っているはずです。

実際に見ることは少ないですが、光回線を支えている設備としてとても重要なものが
光スプリッタという機材なのです。

-光回線の知識

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.