事業者変更の知識

光コラボの乗り換えが出来る事業者変更が始まった2019年7月からどんなことが変わった?

投稿日:

回線契約とプロバイダ契約が一つになった光コラボは料金やサービスが充実していて
満足しているというユーザーは多いです。

ただ一度光コラボの契約をすると、それを変更することが難しいという状況でした。
これに不満を持っているユーザーも少なくありません。

この光コラボの不満を解消できる制度が2019年7月に開始されました。
新しく始まった「事業者変更」という制度について確認してみます。

光コラボの乗り換えができる制度が事業者変更

光コラボとはフレッツ光を使ったインターネット接続サービスの1つで
料金体系がプロバイダ一体型になっています。

つまり今までフレッツ光とプロバイダ料金を別々に支払っていましたが、それを
一緒にすることが出来るというサービスです。

そしてプロバイダ一体型にすることでフレッツ光+プロバイダの料金よりも
お得になっています。

固定回線の月額料金が下がり、光コラボのみの色々なサービスを利用することが出来る
というとても魅力的なサービスです。

ただし光コラボにしたあとで、もう一度フレッツ光に戻すことが出来ません。
使っていた回線が光コラボ専用にNTTから卸されてしまうためです。

他の光コラボやフレッツ光に乗り換えることが出来ないので光コラボを選ぶ時には
かなり慎重にすることが必要でした。

でも2019年7月から始まった「事業者変更」という手続きでは光コラボから
光コラボに乗り換えることが簡単に出来るようになりました。

ではその魅力について確認してみることにしましょう。

簡単に言えば光コラボから光コラボへの転用が出来る

事業者変更という手続きはどういうものなのか。
簡単に言えば光コラボを再転用して別の光コラボにすることです。

元々フレッツ光を使っていたユーザーが光コラボにするときは「転用」という
手続きをすることになります。

転用とはフレッツ光から光コラボに乗り換える手続きで、使っている回線や
オプションなどそのままで乗り換えることができます。

例えばフレッツ光とBIGLOBEを使っていた人がBIGLOBE光という光コラボに
転用の手続きをすれば使っている環境は変わらずに光コラボにできます。

今までフレッツ光とBIGLOBEそれぞれの月額料金を、別々に支払って今しがた
光コラボにすれば支払いはBIGLOBE光のみです。

しかも多くの場合フレッツ光とBIGLOBEの合計料金よりBIGLOBE光の
月額料金のほうが安くなります。

そしてフレッツ光でひかり電話などオプションを使っていた場合も何も変わらずに
BIGLOBE光でひかり電話を使い続けることができます。

この転用という手続きを今度は光コラボ同士で行えるのが事業者変更です。

BIGLOBE光からSo-net光に乗り換える時に事業者変更を使えば転用のときと
同じようにほとんど環境を変えずに乗り換えることができるのです。

事業者変更でもコストがかかる

光コラボへの再転用という感じが事業者変更ですが、手続きを行う時にはちょっとした
コストが必要になります。

まあ転用する時にも事務手数料やプロバイダの変更による解約違約金が必要になったのと
同じで事業者変更でも同じ手数料などがかかります。

事務手数料は変わらず3,000円程度で、事業者変更の場合は乗り換える光コラボの
解約違約金が発生する可能性があります。

光コラボは大体2年契約での割引があるので、普通の人なら2年契約をします。
そして契約途中で解約する場合に違約金が発生することになります。

タイミングよく契約更新月に事業者変更の手続きをすれば違約金はかからないのですが。
違約金は大体9,500円程度必要になるかと。

ただ、以前の光コラボの乗り換えではもっと手数料というかコストがかかりました。
事業者変更を使わない場合、光コラボでは回線の撤去と再設置が必要だからです。

現在でも事業者変更を使わずに光コラボの乗り換えをするなら、一度今使っている
光回線を撤去する必要があります。

そして新しく契約する光コラボで光回線の設置工事をするという手続きになります。
この光回線の工事にかなりのお金の時間が必要になってしまいます。

ちなみにフレッツ光の撤去には10,000円、設置工事は戸建てだと18,000円が
必要になります。

事業者変更を使えばこの工事費用がかからない、ということでお得感が高いのは
わかってもらえるかと思います。

事業者変更の魅力は使っているオプションもそのまま乗り換えができる

手続自体も簡単な事業者変更なのですが、もっと大きな魅力があります。
それは転用と同じように使っているオプションもそのままで乗り換えができること。

例えばひかり電話を使っていた場合、アナログ電話から使っていて電話番号を
固定電話の番号ポータビリティで使い続けていたら同じ電話番号を使い続けられます。

でもフレッツ光に加入してからひかり電話を使った場合、新規加入でもらった
電話番号は光回線を解約すると使えなくなります。

フレッツ光から転用で光コラボにした場合は回線手続きの変更だけなので
そのままの電話番号で使う続けることが出来ました。

ただ以前の光コラボの乗り換えでは一度光回線を解約して撤去、再度契約をして
設置工事をするという必要がありました。

この場合には光回線の解約をするので同じ電話番号を使う事ができません。
でも事業者変更ならひかり電話新規契約でもらった電話番号が変わらないのです。

ただしこちらの制度がきちんと始まるのは2025年から、IP電話の双方向の
LNP、番号ポータビリティが始まってからのようですが・・・

ちなみにひかりTVもやはり解約と再契約が必要でしたが、事業者変更なら
こちらも使い続けることができます。

フレッツ光からのオプションをそのまま使い続けられるというのは実はかなり
便利なサービスなのです。

プロバイダのオプションは出来る限り再現される

フレッツ光のオプションは使い続けられることがわかりますが、プロバイダで
契約していたオプションはどうなるのでしょうか。

プロバイダが提供しているオプションは他のプロバイダでも同じものがかならずある
という訳ではありません。

こちらの場合は出来る限り再現することが約束されています。
乗り換えた光コラボのプロバイダに同じサービスがあればそれを契約します。

24時間サポートやウイルス対策ソフトなどは多くのプロバイダでもあるので
多少条件が変わっても出来る限り同じような契約になるはずです。

でも契約していたオプションが乗り換えるプロバイダにない場合はどうなるのか。
これはNTTが変わりのオプションを提供することになります。

一応NTTが提供している似たようなオプション、ということになりますが
プロバイダだけではなくNTTもサポートをしてくれます。

なるべく環境を変えずに光コラボの乗り換えができる事業者変更という手続きです。

事業者変更は基本的に転用と同じ手続き

では実際に事業者変更を行う手順はどうすればいいのか。
これもほとんど転用と同じ手続きで大丈夫です。

事業者変更を行う時には、現在契約している光コラボから「事業者変更承諾番号」を
もらうことが必要です。

転用をする時にNTTから転用承諾番号をもらったのと同じです。
そしてもらった事業者変更承諾番号を新しく契約する光コラボのプロバイダに提出します。

基本的にはこれだけで光コラボの乗り換えができます。
プロバイダを含めた契約変更がある場合はその手続も必要ですが。

使っていた回線やオプション機材、ONUなど光回線関係の周辺機器も変更はなく
そのまま使い続けることができます。

ただし現在契約している光コラボのプロバイダからレンタルしている機材については
プロバイダの変更があるなら返却する必要があります

例えばソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるなら、ソフトバンク光の契約時に
レンタルしていた光BBユニットを返却する必要があります。

返却機材についての質問は現在契約している光コラボのプロバイダに質問をします。
返却期限を守らないと違約金が発生するので注意しましょう。

事業者変更承諾番号の有効期限は15日間

もう一つの注意点として事業者変更承諾番号には有効期限があります。
番号が発行されてから15日間で有効期限が切れて使えなくなるのです。

この有効期限は事業者変更の手続き全体に関係してきます。
つまり申し込みまでの有効期限ではないのです。

乗り換える光コラボが手続きを行っている時に事業者変更承諾番号の有効期限が切れると
手続きが出来なくなります。

この場合はまた現在契約している光コラボのプロバイダから事業者へ高承諾番号を
新しくもらってはじめから手続きをする必要があるのです。

事業者変更の手続き自体は問題なければ1週間もせずに終わるのですが。
余裕があると思わずにできれば番号をもらってすぐにでも手続きを開始しましょう。

事業者変更は2018年から始まる予定だった

事業者変更は2019年の7月から開始された制度です。
でも本当ならもっと早くに始まっているはずの制度でした。

最初に発表されたのは2018年の年末から2019年の頭には開始されるとのことでしたが
それから一度2019年5月開始に延期されました。

延期された理由はあまり詳しくはわからないのですが、この時には2019年5月から開始
とはっきり公表したのですが・・・

そこからまさかの再延期、事業者変更は2019年7月から開始と発表されました。
意外にサービス開始まで時間がかかったという印象の事業者変更です。

まあNTTなどではかなり前から事業者変更の手続き方法がアナウンスされていたので
ユーザーに制度を周知させるという意味では延期したのは正解かもしれません。

ただ光コラボの乗り換えを考えていた人は、事業者変更が始まるまでかなり待っていた
と思います。

携帯キャリアの乗り換えをしたら光コラボも事業者変更で乗り換えるのがおすすめ

光コラボの大きな魅力としては様々なサービスを使う事ができる、というところも
大きな魅力だと思います。

特に最近ではスマホの大手キャリアが乗り換えをしやすくなってきたので
携帯キャリアを乗り換えたという方も多いのでは。

ここでもっとお得にするために光コラボを使うのがおすすめです。
光コラボではスマホの月額料金割引ができるサービスも充実しています。

特にソフトバンク光やドコモ光など携帯キャリアが行っている光コラボでは
スマホの月額料金割引が永年続くサービスも使えます。

携帯キャリアを乗り換えたら事業者変更で光コラボも乗り換えればお得に
スマホと光回線を使う事が出来るようになります。

ちなみにauひかりは光コラボではないので事業者変更ではお得になりませんが
他の光コラボではauスマートバリューが使えるのでそちらへの乗り換えがおすすめ。

現在の環境を変えずに手数料も少なく光コラボの再転用が出来る事業者変更で
お得に乗り換えることをおすすめします。

-事業者変更の知識

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.