事業者変更の知識

事業者変更承諾番号の取り方ってどうするの?

投稿日:

光コラボは色々なサービスが使えて、フレッツ光とプロバイダ料金がお得になる
というとても魅力的なサービスです。

ただし今までは一度フレッツ光から光コラボに転用をすると、もとに戻すことや
別の光コラボに乗り換えるのが大変でした。

この光コラボの不満点を解消するのが「事業者変更」という制度です。
でも事業者変更を行うためにはちょっとした手続きが必要になります。

事業者変更は光コラボへの再転用が出来る制度

まずは簡単に事業者変更という制度について確認をしてみます。
こちらは簡単に言えば「光コラボへの再転用が出来る制度」ということです。

光コラボとはフレッツ光とプロバイダの月額料金を一体型にして割引とサービスの追加を
出来るようにした新しい通信サービスです。

料金一体型にしたことで月額料金自体も安くなり、月額料金お支払いは光コラボの
業者1つのみというわかりやすい支払いになります。

光コラボを使うためには光回線の設置から申し込みが出来ますが、フレッツ光を
使っているユーザーは「転用」という手続きで光コラボにできます。

ただし一度転用をすると光コラボからフレッツ光に戻すことは出来ず、別の光コラボを
申し込む時には光回線を撤去して再設置する工事が必要でした。

でも事業者変更という制度では光コラボから光コラボに転用をすることが
出来るようになります。

つまりフレッツ光から光コラボに転用するときと同じような手続きをすることで
別の光コラボと契約が出来るようになるのです。

ではどんな手続をするのか。
事業者変更の方法についても確認してみましょう。

事業者変更承諾番号をもらって乗り換える

基本的に事業者変更をする方法は転用と同じ手順になります。
手続自体もほとんど転用と同じように行います。

転用の時には転用承諾番号をNTTからもらいました。
そしてその番号を乗り換える光コラボ業者、プロバイダに伝えます。

基本的にはこれだけですが、転用承諾番号を取ることと光コラボへの申し込みは
ユーザー自身で行う必要があります。

転用承諾番号の取り方は、専用のダイヤルに電話をして現在使っている
フレッツ光のユーザーIDとパスワードを伝えます。

基本的にはこれだけで転用承諾番号をもらうことができます。
そして事業者変更の場合もやはり同じように事業者変更承諾番号をもらいます。

事業者変更承諾番号の取り方は、NTTではなく現在契約している光コラボ業者に
連絡をしてもらうことになります。

サポートダイヤルなどの電話対応が出来る窓口で事業者変更承諾番号の発行を
お願いします。

現在使っている光コラボ業者のユーザーIDとパスワードを言って自分の登録内容を
確認してもらうと番号を発行してもらえます。

転用との違いはNTTではなく現在契約している光コラボ業者に番号の発行を
頼むということです。

ちなみに手続きとしては発行された事業者変更承諾番号を新しく契約する
光コラボ業者に教えて、そちらで手続きを進めてもらいます。

基本的にはこれだけで事業者変更を行うことができます。

事業者変更承諾番号は本人が発行手続きをする必要がある

転用の時にも多くの人が注意喚起をしていましたが、事業者変更承諾番号は
ユーザー自身が手続きをしてもらうようにしましょう。

転用手続きでも多くのユーザーが電話勧誘などで騙されるような形で
光コラボへの契約を強行されるというトラブルが発生しました。

かなり強引な手段で契約数を伸ばすために代理店などが転用の手続きを進めようと
ユーザーを騙すような方法も取られていたようです。

光コラボに詳しくない高齢のユーザーに対して転用承諾番号を取って教えれば
月額料金が安くなるというセールスをしたようです。

そんな強引なセールスの対応として、転用承諾番号は登録しているユーザーが
自分で取得することが必要になりました。

同じような手続きをする事業者変更でも番号の取得はやはりユーザー本人が
行うということが必要になっています。

まあユーザーIDやパスワードを確認して、プロバイダが光コラボに転用させる
という方法も出来るのですが・・・

事業者変更承諾番号の取り方としてはユーザー本人が契約している光コラボ業者から
番号をもらうということになっています。

事業者変更承諾番号の有効期限は15日間

では事業者変更承諾番号の取り方についてもう少し注意点などを確認します。
転用承諾番号でもあった有効期限はこちらでもあります。

事業者変更承諾番号は有効期限が15日間です。
これを過ぎてしまうと番号の効力がなくなり、手続きが出来なくなります。

15日間というと結構長い気もするのですが、実際には手続きが完了するまで
有効期限が残っている必要があるのです。

そして事業者変更承諾番号は発行された日から15日間の有効期限となります。
事業者変更の手続きの時間を考えるとそれほど余裕はありません。

ユーザーとしては事業者変更承諾番号をもらって乗り換え先の光コラボ業者に
渡してしまえばそれで手続自体は終わりです。

でも乗り換え先の光コラボ業者では事業者変更をするための手続きがあるので
これが終わるまで番号の有効期限が必要なのです。

一応事業者変更の手続きは1週間位で終わると言われています。
でもその間に有効期限が切れると、もう一度事業者変更承諾番号をもらう必要が。

手続き自体も最初からになるのでまた時間がかかります。
番号を発行してもらったらすぐに乗り換え先の光コラボ業者に渡しましょう。

NTTのオプションを使っている場合、事業者変更承諾番号をNTTにも伝える

フレッツ光を使ったオプションサービスを使っていた場合、光コラボでも
料金はNTTに支払いをしていました。

例えばBIGLOBEとフレッツ光を使っていたユーザーがBIGLOBE光に
乗り換えたら月額料金の支払いはBIGLOBEが行います。

でもこのユーザーがフレッツ光でひかり電話を使っていた場合、ひかり電話の
月額料金や通話料金はNTTに行うことになります。

つまりフレッツ光のオプションは光コラボの月額料金とは別に、今までどおり
NTTに行っていたはずです。

このオプションを使っている場合の事業者変更の手続きには乗り換え先の
光コラボ業者とNTTにも事業者変更承諾番号を伝える必要があります。

事業者変更は特にひかり電話を使っているユーザーにとても便利な制度なので
実際に乗り換えをしているのはひかり電話を使っているユーザーも多いはず。

その便利な制度をちゃんと機能させるためには手続きをしっかりと行うことが
とても重要になります。

ひかり電話やひかりTVを使っているユーザーは事業者変更承諾番号のNTTへの
提出も忘れないようにしましょう。

事業者変更ではフレッツ光に戻すことも出来る

事業者変更の注意点というか、転用との違いとして光コラボからフレッツ光に
戻すことが出来るという特徴があります。

フレッツ光から光コラボに転用をした場合、以前使っていたフレッツ光に
契約を戻すことが出来ませんでした。

でも事業者変更を使えば以前と同じようにフレッツ光とプロバイダという契約に
戻すことができるのです。

まあ戻すというよりも新しくフレッツ光とプロバイダを契約するということですが。
ちなみに事業者変更承諾番号の提出先はNTTになります。

それと今まではフレッツ光の引っ越しはNTT東日本とNTT西日本をまたいで
行うことが出来ませんでした。

NTT東日本の管轄内なら、例えば東京から山梨まで引っ越しをする時にも
今のままの契約を継続して移転先でも使う事ができます。

でもNTT東日本からNTT西日本には契約を続けたまま移転することが出来ないので
解約して引越し先で契約をし直す必要がありました。

これが事業者変更を使うと契約を続けたままでNTT東日本からNTT西日本に
移動させることができるのです。

光コラボの再転用だけではなくこんなことも出来るのが事業者変更です。

事業者変更をしたけど止めたい時には初期契約解除制度を使う

光コラボから光コラボへの再転用、事業者変更を行った後にやっぱり元のほうが
サービスなどが良かったと思う場合も考えられます。

この時に時間が経っていなければ「初期契約解除制度」が使えます。
これは回線契約のクーリングオフという感じの制度です。

詳しく言うと、契約書面の受領日を初日とする8日目以内なら申し込みをした
電気通信事業者の合意なく解約できる制度となります。

つまり光コラボの乗り換えをした後にサービス内容が説明と違った、という時に
光コラボ業者の合意が必要なく一方的に解約することが出来ます。

この場合には解約違約金が発生せず、月額料金も日割り計算で支払う必要がない
という事になります。

ただし初期費用や事務手数料など一分料金が変換されないものもあります。
レンタル器材の返送料金もユーザー負担になります。

初期契約解除制度は契約した光コラボ業者か管轄のNTTに連絡することで
利用ができます。

光コラボの乗り換えに失敗した、と思ったら早めの決断が必要です。

お得で手軽な事業者変更の手続きは悪用されないように注意

事業者変更承諾番号は基本的に契約している光コラボ業者に連絡をするだけ
という簡単な取り方でもらうことができます。

手続き自体も手軽で光コラボの乗り換えがとても簡単にできるのですが、強引な勧誘など
トラブルが起きる可能性も高いと言われています。

実際に電話での勧誘では詳しい説明をしないで「光コラボがよりお得になる」という
説明だけで乗り換えを勧めてくるというトラブルも。

それを防ぐためにはしっかりと光コラボ業者の情報を確認しておくことが必要です。
また代理店のキャンペーン特典は条件の確認も必要になります。

事業者変更承諾番号は自分で取得して、自分で契約する光コラボ業者に伝えるという
手順が必要になります。

手軽に使えるのですが、契約を間違えれば全くお得にならずに月額料金が増える
という可能性もでてきます。

余計なオプション加入などがキャンペーン特典の条件ならそれを使わないという
選択肢もあることを忘れないでください。

-事業者変更の知識

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.