事業者変更の知識

ソフトバンク光から事業者変更承諾番号をもらうと乗り換えができる?

投稿日:

スマホのキャリアをソフトバンクからドコモに変更したとき、固定回線も割引のために
ソフトバンク光からドコモ光に変更したいところです。

ただ携帯キャリアと違って一度契約した固定回線の光コラボを乗り換えるのは
かなり面倒な手続きだったのですが・・・

かなり簡単に、お得に乗り換える方法が出来たので、紹介をしたいと思います。

光コラボの乗り換えには事業者変更という手続きを使う

フレッツ光を使っていたユーザーがソフトバンク光のような光コラボに乗り換える時には
転用という制度を使う事ができました。

転用はフレッツ光回線をそのまま光コラボ回線に切り替えることが出来るので
回線工事が必要なく、工事費用などもかかりません。

まあフレッツ光を使っていない場合は新規加入ということになるので光回線の
設置工事があるのですが。

フレッツ光を使っているならソフトバンク光に転用をすることで簡単に乗り換えることが
出来たのです。

でも一度光コラボにすると、それをもとに戻すことが出来ませんでした。
つまりソフトバンク光からフレッツ光に戻すことが出来ないのです。

更にソフトバンク光で使っていた光回線はソフトバンク光用にパッケージされた
光回線になるので別の光コラボでは使えなくなっていました。

つまりソフトバンク光からドコモ光に乗り換える時には、一度光回線を撤去して
ドコモ光に新規加入することが必要になったのです。

新規加入なので当然光回線の設置工事が必要、回線設置工事費とソフトバンク光の
回線撤去費用が必要というかなりのコストもかかりました。

でもソフトバンク光からドコモ光に乗り換える、光コラボ同士の転用が出来る
制度が始まりました。

それが「事業者変更」という手続きです。

事業者変更の手続きは基本的に転用と同じ

ではこの事業者変更という手続きはどうやって行うのか。
基本的には転用と同じような手続きになります。

転用をする時にはまずフレッツ光を提供しているNTTに「転用承諾番号」という
10桁の番号をもらいます。

これを転用する先の光コラボ業者、例えばソフトバンク光ならプロバイダをしている
Yahoo! BBに提出することになります。

提出をすれば後はプロバイダとNTTで手続きを進めてくれるので、基本的には
ユーザーがすることは転用承諾番号をもらって渡すことだけです。

基本的に事業者変更もこれと同じ手続きをすることになります。
違うのは事業者変更承諾番号を現在契約している光コラボ業者にもらう、ということです。

例えばソフトバンク光からドコモ光に乗り換えたいと思ったら、事業者変更承諾番号を
ソフトバンク光のYahoo! BBからもらいます。

そして受け取った番号をドコモ光の対応プロバイダに渡す、ということになります。
ちなみにドコモ光は対応プロバイダが20社以上あるのも特徴です。

まあ実際にはYahoo! BBに直接番号の請求をするわけではなく、ソフトバンク光の
サポートダイヤルに連絡をすることになりますが。

そしてドコモ光に番号を他わす場合も、対応プロバイダにドコモ光への
事業者変更の手続きをしたいと伝えることになります。

印象としては光コラボから光コラボへの再転用、これが事業者変更です。

事業者変更承諾番号の有効期限は15日間

手続自体は転用と同じなので、一度転用で光コラボを使っている人ならそれほど
大きな問題はないと思います。

ただし注意点として事業者変更承諾番号は有効期限が15日間と決まっています。
この有効期限内に手続きを完了させる必要があります。

これも実は転用のときと同じで、転用承諾番号の有効期限も15日間でした。
そしてこの15日間で手続きを完了させるのも同じです。

転用手続きには1週間程度かかることもあるので、申し込みには余裕を持って
行う必要も。

ちなみにソフトバンク光の場合は転用の時に「転用承諾番号の有効期限が10日以上
残っている」という条件があります。

そして有効期限が切れた場合には手続きを最初からやり直すということになります。
これが事業者変更でも注意することになります。

事業者変更承諾番号が発行された当日を初日とした15日間なので、意外に日数は
少ないという印象です。

ユーザーが行う手続き自体はそれほど多くないので、事業者変更承諾番号を
受け取ったらすぐに手続きを開始しましょう。

ソフトバンク光のオプションは事業者変更でも基本的には引き継がれる

ソフトバンク光から事業者変更をした場合、基本的にはあまり環境を変えずに
乗り換えが出来るようになります。

特に使っている回線はそのまま使えるので、新規加入のときのような回線設置工事を
行う必要がありません。

またソフトバンク光で使っていたオプションも基本的には引き継げます。
ただしオプションによっては使い続けることが出来ないものも。

一応ソフトバンク光で使っていたフレッツ光のオプションはそのまま別の光コラボでも
使い続けることができます。

これは転用のときと同じで、契約する光コラボでひかり電話のオプションサービスが
提供されていればそちらを使います。

提供されていないプロバイダの場合はサービスをNTTが引き継いで提供します。

例えばフレッツ光からソフトバンク光に転用するとき、ひかり電話を使っていれば
それはYahoo! BBが提供しているフレッツ光のオプションとして引き継がれます。

具体的には光電話(N)というサービスとして契約を続けることができます。
使っていた電話番号もそのまま使い続けることができます。

そしてソフトバンク光から別の光コラボに事業者変更をした場合、乗り換えた
光コラボでひかり電話のサービスが無いならNTTがひかり電話を引き継ぎます。

この時にも使っていた電話番号は変わらずに引き続き使う事ができます。
これが事業者変更の大きな魅力になっています。

事業者変更ならアナログ戻しをせずにひかり電話の電話番号を引き続き使える

今までは光コラボを乗り換える時に大きな問題になっていたのがひかり電話で
使っていた電話番号です。

光コラボを乗り換える場合、一度解約をして新規契約をする必要がありました。
つまりひかり電話も一度解約する必要があったのです。

アナログ電話で使っていた電話番号をひかり電話で使った人は、電話回線を
一度アナログに戻して契約して、またひかり電話加入時にLNP出来ます。

これをすれば電話番号が変わらずに使い続けることが出来るのですが
アナログ回線に戻すために回線契約料や工事費など10,000円以上かかります。

しかもひかり電話からIP電話サービスを使った場合にもらった電話番号は
アナログ回線で番号がないためにアナログ電話で使う事ができません。

つまりひかり電話でもらった電話番号は光コラボの乗り換えをすると使えなくなる
というのが現状の固定電話の番号ポータビリティです。

一応事業者変更ではこの手続がユーザー負担ではなくなる、ということになります。
今まで使っていた電話番号はそのまま使える、という説明されているのですが・・・

その条件はやはりアナログ戻しが出来る、つまりNTTの電話加入権を持っている
ということが条件になります。

ただ固定電話は将来、2025年を目指して全てIP電話に変わることを宣言しています。
つまりIP電話同士の番号ポータビリティもその頃には出来るはずです。

将来的には電話加入権がない電話番号でも使い続けることが出来るようになります。

プロバイダ提供のオプションは基本的には難しい

一応他のオプションサービスについて。
基本的にプロバイダ提供のオプションサービスについてはかなり厳しいと思います。

光コラボの乗り換え先のプロバイダに同じもの、似たようなサービスがあれば
それを契約することはできます。

でもプロバイダのオプションでは、プロバイダが独自に提供しているサービスも多く
完全に同じ環境で使い続けるというのは難しいかと。

一応こちらもNTTがサポートしてくれる、という話もありますが・・・
NTTが出来るのはフレッツ光で提供していたオプションですし。

プロバイダが提供していたオプションに関してはあまり期待をしないほうがいい
と思います。

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える手順

では実際にソフトバンク光からドコモ光に乗り換える手順を確認してみます。
まあユーザーが行うこと自体はかなり少ないのですが。

まずはソフトバンク光から事業者変更承諾番号をもらいます。
ソフトバンク光のユーザーダイヤルに連絡をして番号の申請をします。

光コラボによっては対応プロバイダの光コラボの窓口に事業者変更承諾番号を
申し込む必要があるのですが。

ソフトバンク光の場合は光コラボ事業者がソフトバンクなのでソフトバンク光の
ユーザーサポートです。

そして事業者変更承諾番号をもらう時にも言われますが、有効期限は発行日から
15日間ということになります。

個の有効期限の間に事業者変更の手続きが完了しなければ事業者変更承諾番号を
もう一度取り直して手続きをやり直すということになります。

番号をもらったら今度は乗り換える光コラボ事業者に番号を連絡します。
ドコモ光の場合は対応しているプロバイダのドコモ光の窓口になります。

ドコモ光は対応しているプロバイダが20社以上あります。
注意点としてはその中には独自に光コラボを提供しているプロバイダも。

BIGLOBEやSo-netではそれぞれBIGLOBE光やSo-net光など光コラボの
提供も行われています。

ドコモ光でBIGLOBEを使いたい時にはBIGLOBEに連絡してドコモ光に
事業者変更の手続きをしたいと伝える必要があります。

そして事業者変更承諾番号を伝えればユーザーが出来る手続きは完了です。
ただひかり電話のサービスを使っている場合はNTTに連絡をします。

ひかり電話やひかりTVを使っているなら同じ事業者変更承諾番号を
NTT東日本、NTT西日本のどちらかの管轄しているところに連絡します。

後はプロバイダや光コラボ事業者が手続きを行ってくれます。
大体1週間位で手続きが完了すると思います。

ひかり電話を使っているならお得に乗り換えができる事業者変更がおすすめ

事業者変更は光コラボの再転用が出来るという大きな魅力があります。
特に回線設置に関するコストは大きく減らすことができます。

ただ誰でも事業者変更が出来る、というわけでもありません。
現状光コラボ業者に未納の料金がある場合、手続きができない場合もあります。

光回線の工事費用が全額支払われていないという場合、工事費の支払いが終わるまで
事業者変更が出来ないこともあります。

まあ手続きの最初に未納分の工事費用の全額支払いを求められると思いますが。
その支払が終わるまで手続きが進まないという可能性も高いです。

でも事業者変更が出来るなら、現在ひかり電話を使っている人はかなり便利です。
電話番号を変えずに光コラボの乗り換えができるのはとても便利です。

アナログ戻しを自分で行わなくてもいい、というのは手間とコストを考えてもかなり便利な
事業者変更なので十分におすすめできます。

-事業者変更の知識

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.