ソフトバンク光から乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光に再転用することは出来る?

投稿日:

最近では固定回線の光回線では特定のスマホユーザーの月額料金を割引できるサービスが
利用できるようになっています。

ソフトバンク光ならソフトバンクスマホが、ドコモ光ならドコモのスマホの月額料金が
割引されるサービスがあります。

でもこれらのサービスはキャリアの乗り換えをした後に意味がなくなってしまいます。
光回線の乗り換えというのも簡単にできるのでしょうか。

ソフトバンク光とドコモ光は光コラボというサービス

まずソフトバンク光とドコモ光という回線サービスについて確認しておきます。
こちらはフレッツ光を使った回線サービスで「光コラボ」というサービスです。

光コラボとはフレッツ光とプロバイダの月額料金を一体化した料金体系のサービスで
別々の支払いよりもお得になるという魅力があります。

例えば一戸建てでフレッツ光を使う場合、月額料金はフレッツ光の回線利用料金だけで
毎月6,000円くらい必要になります。

これにオプションなどをつければ更に月額料金は高くなります。
そしてインターネットを使うためにはプロバイダとの契約も必要になります。

ソフトバンク光ではプロバイダがYahoo! BBなので、こちらと契約すると比較しやすい
ということでYahoo! BBの月額料金で考えてみます。

こちらも一戸建てで契約すると月額1,200円になります。
当然オプションを付ければそれの料金も加算されていくことに。

オプションを付けない場合でも回線とプロバイダ料金で7,200円の月額料金が必要ですが
ソフトバンク光にすれば月額料金は5,200円です。

ドコモ光でも同じように、回線利用料金とプロバイダ料金を合わせた料金体系の
支払いができるのでかなりお得になるのです。

ソフトバンク光とドコモ光はスマホの月額料金割引がある

光コラボにすれば光回線の月額料金が安くなるというメリットがあるのですが
それ以上に魅力的なのが光コラボ独自の割引サービスです。

光コラボそれぞれの提供業者では、それぞれに独自のサービスを行っています。
その中には携帯端末の月額料金割引という魅力的なサービスも。

ソフトバンク光は事業者がソフトバンクなのでソフトバンクのスマホの月額料金が
割引になるサービスを利用することが出来ます。

詳しく言うとソフトバンクのスマホのデータ定額パックの容量に合わせた月額料金の
割引を受けることができます。

これはドコモ光でも行われているサービスで、こちらは当然ですがドコモのスマホの
データ定額パックの割引ができます。

ちなみにauの場合は多くの光コラボでauスマートバリューの適応があるので
実はauスマホの方が割引としての選択肢は多くなっています。

また別の光コラボでは格安SIMの月額料金割引など違うサービスの提供もされていて
それぞれ色々なサービスを選べるというのも光コラボの魅力だと思います。

光コラボはフレッツ光から転用できる

光コラボはフレッツ光回線を使ったインターネット回線サービスです。
つまり光回線としてフレッツ光を使っています。

ではフレッツ光を契約していた人が光コラボ、例えばソフトバンク光にするなら
どうすればいいのか。

この場合は「転用」という手続きをすることでフレッツ光からソフトバンク光に
簡単に乗り換えることができるのです。

転用という手続きはフレッツ光回線を使っているユーザーが光コラボに乗り換える
という手続きを簡単にしたもの、という考えで間違いありません。

手続き自体も転用承諾番号をNTTからもらって、それを希望する光コラボ業者に
教えるだけです。

ソフトバンク光に転用するならソフトバンクにNTTからもらった転用承諾番号を
教えることで転用手続きができます。

ドコモ光の場合はちょっと特別で、ドコモ光自体が対応しているプロバイダを
20社以上持っている特殊な光コラボになっています。

そのためにそれぞれの対応プロバイダがドコモ光の窓口になっているので
こちらではプロバイダにドコモ光への転用を頼むことになります。

ドコモ光の対応プロバイダにはBIGLOBEなど独自で光コラボのサービス提供を
行っているプロバイダもあるので、ドコモ光への転用を間違えなく伝えましょう。

この転用を使ってソフトバンク光やドコモ光に乗り換えた場合、回線はそのまま
使い続けられるので回線工事費用などは必要ありません。

使っていた周辺機器、ONUなどもそのまま使い続けられます。
プロバイダの変更をしない転用ならかなり簡単に乗り換えができます。

ソフトバンク光からドコモ光への転用は出来ない

フレッツ光からなら転用を使うことで簡単に光コラボに乗り換えることができます。
では光コラボから光コラボに転用することは出来るのでしょうか。

例えばソフトバンク光からドコモ光に転用をすることができれば、やはり簡単に
色々なサービスを受けることが出来るようになります。

でも光コラボから光コラボへの「転用」は出来ません。
「転用」はフレッツ光から光コラボに乗り換える制度のことです。

そして一度「転用」をした光回線はその転用先の光コラボ用にパッケージングされて
光コラボ業者に卸して利用されることになります。

専用回線として使われることでフレッツ光に戻すことが出来なくなります。
つまりソフトバンク光として使われた回線はドコモ光では使えないのです。

フレッツ光を光コラボ、例えばソフトバンク光に転用することは簡単です。
でも一度転用すると別の光コラボに乗り換えるのはとても大変だったのです。

以前は光コラボの乗り換えはとてもコストが高く大変だった

転用した回線を他の光コラボに乗り換えるにはどうすればいいか。
単純に光回線の撤去と再設置が必要だったのです。

ソフトバンク光に転用した回線をドコモ光にする場合、すでに使っている回線は
ソフトバンク光専用回線なのでドコモ光で使う事ができません。

そこでその家庭で新しくドコモ光に加入するためには、今使っている
ソフトバンク光回線を撤去することが必要です。

そして新しくドコモ光の専用回線を設置して使う、ということになります。
かなり強引な乗換方法という感じですが・・・

方法としてはまず乗り換える光コラボ、例えばソフトバンク光からドコモ光への
乗り換えと言うならドコモ光に連絡して新規加入申し込みをします。

この申し込みで光回線の設置工事の予定が決まるので、その工事予定日を今の回線
ソフトバンク光の解約日にします。

ドコモ光の工事予定日が決まったらソフトバンク光に連絡して、その予定日○日に
解約をしたいと伝えます。

これでNTTの回線工事は今までの回線撤去と新しい回線の設置工事を同時に
行ってくれるようになります。

ちなみに回線撤去費用は10,000円位で新規設置費用は一戸建てなら18,000円という
かなりのコストがかかります。

しかもソフトバンク光の解約が更新月でない場合には解約違約金もかかります。
ソフトバンク光なら9,500円が必要です。

乗り換えるだけでこれだけのコストが必要だったのが今までの光コラボ乗り換えです。
でも今なら「事業者変更」という手続きが出来るようになりました。

事業者変更は簡単に言えば光コラボの再転用

2019年7月から始まった新しい制度が「事業者変更」という手続きです。
こちらは簡単に言えば光コラボの再転用が出来るようになった制度のことです。

今までは一度光コラボの契約をすると、その回線は専用回線としてパッケージされ
他の光コラボでは使えませんでした。

でも事業者変更が出来るようになり、一度光コラボにした回線も別の光コラボで
使う事が出来るようになります。

更に光コラボからフレッツ光に戻すことも出来るので色々なことが簡単に出来る
という状況になりました。

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合も、この事業者変更を使えば
回線工事が全く必要なく出来るようになるのです。

しかも手続き自体は転用と変わらず、事業者変更承諾番号をもらって乗り換え先の
光コラボ業者に提出するだけです。

フレッツ光に戻す場合はNTTに提出するのですが。
このように手続き自体も転用と変わらないので、とても簡単です。

回線工事がないのでかかるコストはとても少ない

事業者変更の最大のメリットは回線工事が必要なく光コラボの乗り換えができる
というところだと思っています。

回線工事が必要ない、ということは今までの回線撤去と新規設置工事費用がかからない
ということです。

しかも工事がないので工事が開始されるまでの時間もありませんし、工事の予定を
取る必要もありません。

光コラボの切り替え手続きだけでソフトバンク光からドコモ光への乗り換えが
出来るようになるのです。

ただし全く無料で出来るというわけではなく、事務手数料3,000円程度が必要です。
それに解約する光コラボの違約金は必要です。

ソフトバンク光からドコモ光ならソフトバンク光の解約違約金9,500円は必要です。
それに新規で海鮮設置工事をした場合の残金があればそちらの支払いも必要です。

事業者変更は元の光コラボに債務が残っている場合出来ないので、未払いの料金が
無くなるように一括支払いを求められるはずです。

事業者変更は手軽でコストもかからないのでおすすめ

ソフトバンク光からドコモ光の乗り換えというのは今まで回線工事費用が高く
時間もかかるのであまりおすすめできませんでした。

でも携帯キャリアの乗り換えも簡単に出来るようになるので、それに合わせた
光回線のサービス乗り換えもかなり重要になります。

それを考えるとこの事業者変更という手続きはとても魅力的です。
携帯キャリアの乗り換えに合わせて光コラボも乗り換えができるのですから。

それにフレッツ光のオプション、ひかり電話やひかりTVもそのまま乗り換えが
出来るようになるというのがとても魅力的です。

今までは光回線の解約と再契約が必要だったのでひかり電話の電話番号を
そのままにすることがちょっと難しい状況でした。

一応アナログ回線から使っている電話番号は使い続ける方法があるのですが
それをするのにまた20,000円以上のコストがかかるのです。

でも事業者変更を使えばひかり電話のサービスもそのまま引き継いで
違う光コラボに簡単に乗り換えができます。

ただ現状ではまだ事業者変更で電話番号が変わらないための条件が
NTTの電話加入権を持っている、ということはちょっと残念ですが。

ソフトバンク光からドコモ光に限らず、光コラボの乗り換えを考えているなら
事業者変更はかなりおすすめです。

-ソフトバンク光から乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.