ドコモ光に乗り換え

ソフトバンク光とドコモ光ならどっちがお得?

投稿日:

大手携帯キャリアが行っている光コラボとして人気なのがソフトバンク光とドコモ光
という2つの光コラボです。

基本的には自分が契約している携帯キャリアの光コラボを選んでいる、と思いますが
単純に光コラボとして考えるとどうなのでしょうか。

ソフトバンク光とドコモ光はどっちがお得なのか。
ちょっと調べてみることにしました。

ソフトバンク光とドコモ光はどちらも光コラボというサービス

ソフトバンク光とドコモ光というのはどちらも同じサービスを違う会社で提供している
ということになります。

そのサービスとは光コラボ、というサービスです。
こちらはフレッツ光回線を使ったプロバイダ一体型の料金体系サービスです。

フレッツ光はNTTが提供する光回線を使ったインターネット接続サービスです。
使うためには月額料金が必要で、他にプロバイダとの契約も必要です。

フレッツ光に対応しているプロバイダならどこと契約をしても使う事ができます。
そしてやはりプロバイダにも月額料金が必要です。

このフレッツ光とプロバイダの月額料金を一体化してお得に契約できるようにしたのが
光コラボというサービスです。

例えばソフトバンク光の場合、プロバイダにはYahoo! BBを使っているのですが
こちらをフレッツ光+Yahoo! BBと分けて契約するよりも安くなっています。

一戸建てで使う場合、ソフトバンク光は月額料金が5,200円です。
フレッツ光+Yahoo! BBでは7,000円くらいの月額料金になります。

ドコモ光でも同じようにプロバイダとフレッツ光回線のセットでお得になります。
これが光コラボというインターネット回線サービスです。

ソフトバンク光とドコモ光はそれぞれのキャリア契約者がお得になる

プロバイダ一体型の料金体系というお得な料金の他に、光コラボには大きな魅力の
光コラボ独自のサービスがあります。

特にソフトバンク光とドコモ光のようにわかりやすいサービスは多いのですが。
こちらでは契約しているキャリアのスマホの月額料金が安くなります。

簡単に言えばソフトバンクとドコモ、契約しているキャリアが提供する光コラボを
使うことでスマホのデータ定額パックの月額料金割引ができるのです。

ドコモ光ならドコモのスマホを契約しているユーザーのデータ定額パックの
月額料金が100円から3,500円までの割引がされるようになります。

ソフトバンク光でも同じようにソフトバンクのスマホを契約しているユーザーなら
データ定額パックが割引されるようになります。

ソフトバンク光やドコモ光以外の光コラボでも光回線の月額料金割引とは別の
割引サービスが使えるようになるところは多いです。

光コラボはこの独自の割引サービスを含めて決めることがおすすめです。

ソフトバンク光はマンションなど集合住宅の月額料金が安め

ではそれぞれの光コラボを使うときにかかる金額を確認してみましょう。
まずはソフトバンク光の月額料金を詳しく見てみます。

ソフトバンク光は戸建てプランは先程の月額5,200円です。
マンションなどの集合住宅の場合、月額料金が3,800円になります。

他にひかり電話などのオプションを付けると月額料金は変わりますが、基本的には
この月額料金でインターネット接続をすることが出来ます。

一戸建ての月額料金は他の光コラボと大きく変わりませんが、集合住宅のプランは
ちょっと安いと感じました。

そしてソフトバンク光の特典として使えるソフトバンク端末の割引はおうち割の
適応でデータ定額パックの月額料金が500円か1,000円割引されます。

現在ソフトバンクのスマホのデータ定額パックは50GBのギガモンスター+と
ミニモンスターの2種類のみです。

このどちらのプランでも月額1,000円の割引ができます。
500円割引は3G通信のケータイプランです。

つまりスマホを使っているなら、ソフトバンク光の加入で毎月1,000円の割引が
契約期間中ずっとできるということになります。

新規加入の場合はソフトバンク光の工事費が高い

フレッツ光を使っていて、ソフトバンク光にする場合は転用という手続きが出来ます。
こちらは事務手数料くらいでソフトバンク光など光コラボに乗り換えが出来ます。

でも光回線、フレッツ光を使っていない状態からソフトバンク光への申し込みをすると
ソフトバンク光の新規加入ということになります。

この新規加入の場合には光回線の設置工事が必要です。
そしてソフトバンク光では回線設置工事費用がちょっと高くなっています。

普通にフレッツ光に加入して回線設置工事をする場合、一戸建ての場合は18,000円の
工事費用がかかります。

でもソフトバンク光では24,000円の工事費用がかかります。
しかも集合住宅でも同じ工事費用が必要になります。

まあマンションではすでに光回線導入済みというところも多く、派遣工事が必要ない
という状況なら2,000円で出来るのですが。

新規回線工事をする場合にはソフトバンク光はちょっと高くなる、というのが
気になるところです。

IPv6方式の通信をするにはオプション加入が必要

料金に関してもう一つ、ソフトバンク光でも最近注目のIPv6方式の通信サービスを
提供していますが使うためには追加料金が必要です。

IPv6サービスを使うこと自体にオプション料金は無いのですが、通信に使うための
機材をレンタルする必要があります。

その他にもIPv6方式の通信を申し込むためにオプション加入が必要になり、それを
合わせたオプションパックの加入が必要ということに。

月額500円のオプションパックなのですが、使い続けることを考えると毎月500円の
増額というのは地味に負担が大きいです。

まあIPv6オプションを使う気がない、というなら気にならないのですが。
追加料金が必要になることは覚えておきましょう。

ドコモ光は選んだプロバイダによって月額料金が変わる

ではドコモ光の場合はどんな特徴があるのでしょうか。
こちらは選んだプロバイダによって月額料金に違いがあります。

そもそもドコモ光の場合、他の光コラボと違ってプロバイダを20社以上から選ぶことが
できるという特徴があります。

そしてそのプロバイダはタイプAとタイプBに分けられています。
このタイプAとBのプロバイダによって月額料金が違います。

タイプAの場合、戸建てプランが5,200円で集合住宅が4,000円の月額料金。
タイプBになると戸建てプランが5,400円で集合住宅が4,200円になっています。

つまりタイプBの方が月額料金は200円ほど高いということに。
ただ月額料金が高いからサービスがいい、ということではありません。

実際にタイプAにはBIGLOBEやSo-netなど大手プロバイダが参加していますし
タイプBにもOCNという最大クラスのプロバイダがあります。

このドコモ光のタイプ分けはドコモとプロバイダの話し合いで決まるそうで・・・
余程のこだわりがなければタイプAから選ぶことをおすすめします。

ドコモの契約によっては割引の魅力が少ない

ドコモ光を使うことで割引されるのはソフトバンク光と同じなのですが、ドコモ光では
ユーザーの契約状況によってはあまり魅力的に見えません。

ドコモのデータ定額パックは現在大容量のデータ定額パックと使った分だけ支払いをする
他段階定額パックの2種類です。

ベーシックパックでは使ったデータ通信容量によって月額料金が決まります。
そしてその使ったデータ通信容量でドコモ光の割引金額も変わるのです。

最大の20GBまで使った場合はドコモ光の割引も800円と大きくなるのですが
そもそもベーシックパックで20GB使うと月額料金は7,000円になります。

その状態で800円の割引と言われても・・・
そして最小の1GB未満の場合は割引も100円です。

大容量のウルトラデータLパックは月額料金6,000円でドコモ光の割引が1,400円。
ウルトラデータLLパックは月額8,000円で割引が1,600円です。

最大割引になるのは家族とデータ定額パックを分け合うシェアパックの方で
ウルトラシェアパック100が月額25,000円で割引が3,500円となっています。

かなりわかりにくい割引サービスで、その割忌引金額はあまりお得感がない
というのが正直な感想です。

ずっとドコモ割を併用するとお得感が高い

単純なドコモ光のセット割引だとそれほどお得感がないのですが、ドコモ光に
加入しているユーザーが長期間ドコモと契約している場合はちょっと違います。

ドコモとの契約期間によって割引されるずっとドコモ割というサービスがあるのですが
これはドコモ光のセット割と併用することが出来ます。

ずっとドコモ割は契約期間に応じた月額料金割引かポイント還元をもらうことが出来る
ドコモ契約ユーザーへのポイント特典です。

ドコモ契約年数が15年以上継続というユーザーならプラチナステージになり
月額料金最大2,500円の割引がされます。

まあ最大割引はやはりシェアパックの最大容量の場合なのですが。
でもドコモ光のセット割を合わせると2万円を切る月額料金になります。

それと最高のプラチナステージ以外ではずっとドコモ割適応がベーシックパックの
5GBまでの利用からとなります。

しかも1stステージ、つまり加入してから4年未満の場合は割引自体ありません。
まあ「ずっと」ドコモ割なので契約してすぐには割引がないのは当然ですが。

ソフトバンク光とドコモ光はどっちがお得か

ではソフトバンク光とドコモ光はどっちがお得なのか。
普通にスマホを使う分にはどちらでも違いはありません。

ただ家族全員同じキャリアだと考えると、シェアパックでかなり高額の割引が使える
ドコモ光のほうが割引率は大きくなるのでお得です。

個人で使う場合、ずっとドコモ割を考えなければ基本的に同じような割引率なので
大きな違いは感じませんでした。

ただソフトバンク光とドコモ光、どっちにしても使っている携帯キャリアに合わせた
光コラボを使うことがおすすめです。

光コラボを使うことで利用できる割引はそれなりに月額料金の負担を軽くしてくれる
というのは間違いありません。

キャリアの乗り換えをするなら光コラボも乗り換えをしましょう。

光コラボの乗り換えなら事業者変更がおすすめ

光コラボの乗り換えは今までとても大変でした。
特に光回線の撤去と再設置が必要だったのでこの回線工事費用がとても高いのです。

でも2019年7月から開始された事業者変更という制度によって光コラボ乗り換えが
とても簡単に出来るようになりました。

事業者変更とはわかりやすく言えば光コラボの再転用が出来る制度です。
一度光コラボにした回線も工事が必要なく、別の光コラボに乗り換えることができます。

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合でも、事業者変更を使えば事務手数料の
3,000円とソフトバンク光の解約違約金くらいで簡単に乗り換えができます。

手続き方法も基本的にフレッツ光から光コラボに転用するときと同じなので
フレッツ光から転用したことがある人には問題なくわかりやすいです。

家族に合わせて携帯キャリアを乗り換えたら、一緒に光コラボの固定回線も
事業者変更で乗り換えることをおすすめします。

-ドコモ光に乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.