ドコモ光に乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合、電話番号はどうなる?

投稿日:

光コラボは色々なサービスが使えるので普通にフレッツ光を契約するよりもお得で
使いやすくなることが多いという魅力があります。

特に大手キャリアが行っている光コラボではスマホの月額料金割引という魅力的な
サービスも提供されています。

でも光コラボの乗り換えをする場合、使っていたひかり電話のサービスはどうなるのか。
電話番号などについてちょっと確認してみましょう。

フレッツ光からソフトバンク光にするときは電話番号が変わらない

例えばフレッツ光でひかり電話を使っている場合、元々の電話番号がどこで使っていた
という違いに関係なく引き継いで使う事ができます。

元々アナログ電話で使っていた電話番号をフレッツ光のひかり電話というサービスで
使っていた場合とひかり電話に加入したときにもらった電話番号の両方とも大丈夫です。

フレッツ光の契約者が光コラボに乗り換えることを転用といいますが、この転用で
使っていたひかり電話の電話番号が変わることはありません。

ソフトバンク光にする場合、サービス内容が光電話(N)とホワイト光電話という
2種類のサービスがあります。

そのどちらでもアナログ回線、ひかり電話の電話番号を変えずに使い続けることが
出来るようになっています。

ちなみにドコモ光の場合はソフトバンク光と違って選べるプロバイダの種類が豊富で
プロバイダによってはひかり電話のサービスを行っていない場合もあります。

このような場合にはNTTがそのままサービスを提供し続ける、ということになります。
基本はプロバイダ一体型の料金体系ですがひかり電話だけNTTへの支払いということに。

アナログ電話から光電話にする場合、勝手に利用休止手続きをしない

基本的にアナログ電話で使っていた電話番号は光回線を使ったひかり電話に切り替える
という時にはそのまま電話番号を使い続けることができます。

固定電話の番号ポータビリティ(LNP)を使って電話番号をひかり電話に移行させることで
電話番号を変えずにアナログ電話をひかり電話に切り替えることができます。

ここでの注意点はLNPをしている途中でNTTにアナログ電話の利用休止という
手続きを取らないことです。

NTTの利用権を購入した電話番号はアナログ電話として使わない時には
利用休止、または一時停止という届け出が必要になります。

利用休止は使うことを止めるので月額料金などもかからないのですが
一時停止の場合はNTTに月額料金を支払い続ける必要があります。

ただ一時停止なら何年もそのままで権利が消失しませんが、利用停止の場合は
5年毎の更新手続きが必要になります。

更新手続きを取らないと、アナログ回線として再度使ったときに電話番号が変わるので
注意が必要です。

更に10年間なんの手続きもしない場合はNTTの電話番号利用権が無くなります。
権利失効ということになるのでこちらも注意が必要です。

ただひかり電話に乗り換える場合、この手続はひかり電話サービスを提供する業者が
NTTに届け出をしてくれます。

つまりLNPが終わった時点で元のアナログ電話番号を利用休止にしてくれるのです。
勝手に届け出を出すとLNPの作業中にアナログ電話番号が使えなくなってしまうのです。

転用はIP電話でもらった電話番号も引き続き使う事ができる

フレッツ光からソフトバンク光などの光コラボに転用した場合、フレッツ光で使っていた
ひかり電話加入でもらった電話番号も引き続き使い続けることができます。

ひかり電話に加入したときに元々アナログ電話の加入権を持っていないユーザーでも
ひかり電話から新しく電話番号をもらうことができます。

そしてこのひかり電話でもらった電話番号は転用で光コラボに乗り換えた時にも
その番号を変えずに使い続けることができます。

フレッツ光からソフトバンク光に転用したときにひかり電話を契約していたなら
その契約と電話番号をそのままソフトバンク光でも使い続けられるのです。

ただしソフトバンク光ではひかり電話のLNPは光電話(N)しか乗り換えが出来ない
ということです。

ホワイト光電話を使えるのはアナログ電話からのLNPということなので注意が必要です。
まあこちらはNTTのひかり電話と変わらないサービスなので問題ないと思いますが。

ソフトバンク光からドコモ光の乗り換えではひかり電話の解約再契約が必要だった

フレッツ光から光コラボに乗り換える場合の電話番号についてはわかってもらえたかと。
では光コラボから光コラボへの乗り換えでは電話番号がどうなるのでしょうか。

今までは光コラボから光コラボへの乗り換えは基本的に出来ませんでした。
一度光コラボとしてフレッツ光を使うと、それは光コラボ専用回線として卸されるのです。

つまりレンタルした回線はそのレンタルした光コラボ専用として使われることになるので
別の光コラボで使う時には回線を撤去して、新しく設置工事をする必要があるのです。

まあ集合住宅では実際に光ファイバーケーブルを取り替える工事などしないことが
ほとんどなのですが。

一戸建ての場合は室内に引き込む光ファイバーケーブルを交換する必要がある
ということで新規設置と同じように設置工事をすることになります。

そして基本的に回線の解約と新規契約になるのでひかり電話(IP電話)は電話番号を
引き続き使うことができなくなります。

例えばソフトバンク光からドコモ光に乗り換えると今まで使っていた電話番号は
使えなくなる、ということです。

ただし元々アナログ電話で使っていた場合はアナログ戻しという方法を使えば
電話番号を引き続き使い続けることが出来るようになります。

NTT加入権を持っているならアナログ戻しで電話番号を引き継げる

アナログ戻しとはその名前の通り、IP電話をアナログ電話に戻すことです。
「戻す」ということなので元々アナログ電話で使っていた電話番号のみできます。

NTTに連絡をして利用休止、一時停止している電話番号をアナログ電話として
利用再開すると連絡します。

これでひかり電話として使っていた電話番号を元のアナログ電話で使うことが
出来るようになります。

この状態に戻してから光コラボの乗り換えをして、乗り換えた光コラボで
新しくひかり電話のサービスを契約すればいいのです。

固定電話の番号ポータビリティ(LNP)を使って電話番号をアナログ電話からひかり電話に
引き継げば電話番号はまた変わらずに使い続けることが出来る、というわけです。

注意点としてはアナログ電話に戻すタイミングで、当然ですが光コラボを
解約する前にアナログ戻しをしないと電話番号が変わってしまいます。

それとアナログ戻しには結構なコストがかかることにも注意しましょう。

アナログ戻しは場合によって10,000円以上かかる

電話番号をアナログ戻しする場合、元々使っていたアナログ電話の回線がそのまま
使える状態なら切り替え工事の2,000円程度でできます。

でもアナログ電話を使っていなかった間に回線が破損している、どこかで断線している
という状態になっていると回線工事が必要になります。

当然派遣工事なので最低でも5,000円以上、自宅内部と電柱までの回線を両方とも
交換することになると13,000円位は必要になります。

しかもこの設置したアナログ回線は一時的に使うだけで新しく光コラボに加入すれば
そちらでIP電話に加入すると思います。

一時的な回避措置のためだけに高いコストがかかって、手続きも大変というのが
今までの光コラボ乗り換えでした。

でも今なら「事業者変更」という手続きが出来たので、かなり簡単に光コラボの
乗り換えができるようになりました。

事業者変更を使えばソフトバンク光からドコモ光の乗り換えが簡単

事業者変更とは、簡単に言えば光コラボから光コラボへの転用が出来るということです。
再転用といえばわかりやすいでしょうか。

今までは一度転用した光コラボの回線を使って別の光コラボを使うことが出来ない
という状況でしたがこれができるようになりました。

つまり転用と同じ手続きで光コラボをヘツの光コラボに乗り換えることができるのです。
ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えもとても簡単です。

転用と同じ手続きなので光回線の撤去再設置という工事も必要ありません。
つまりひかり電話も解約せずにそのまま別の光コラボで使い続けられるのです。

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えをする、という場合でも事業者変更を使えば
フレッツ光からソフトバンク光に転用するときと同じ手軽さで乗り換え可能です。

ソフトバンク光ではフレッツ光のひかり電話を光電話(N)として引き続き使うことが
出来ました。

でもドコモ光のプロバイダの中にはひかり電話のサービスを提供していない場合も。
その時にはNTTがひかり電話をとしてサービスを行うことになっています。

回線工事がなく、事務手数料3,000円程度と解約する光コラボの違約金のみで
光コラボの乗り換えができる事業者変更はかなりおすすめできます。

電話加入権ありの電話番号が引き続き使えるのが事業者変更

事業者変更がおすすめできる理由はもう一つ、電話番号を引き継いで使うことが
出来るということです。

今までは光回線の撤去と再設置が必要だったのでIP電話でもらった電話番号を
別の光コラボで使い続けることが出来ませんでした。

現在の事業者変更でも一応電話番号を変えずに使い続けることが出来ると
NTTなどから発表があるのですが・・・

現行の事業者変更での電話番号継続方法が番号ポータビリティ、LNPを使うので
やはりNTTの電話加入権を持っている電話番号のみ継続利用が出来る状況です。

将来的にはIP電話に新規加入した時にもらった電話番号でも番号ポータビリティ
LNPが出来るようになるのですが。

ただし自分で電話番号のアナログ戻しをする手間とコストを省くことが出来ます。
これだけでもかなり乗り換えはしやすくなると思います。

光コラボの乗り換えにはやはり事業者変更をおすすめします。

-ドコモ光に乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.