ドコモ光に乗り換え

ソフトバンク光とドコモ光の速度の違いってある?

投稿日:

携帯端末の割引を考えると、固定回線のサービスを選ぶことも重要になります。
特に光コラボでは特定の携帯電話の月額料金割引が出来るというメリットが。

でも光コラボを選ぶときに、月額料金と一緒で気になるのが通信速度です。
光コラボによって速度が変わったりするのでしょうか。

今回は大手キャリアの光コラボ、ソフトバンク光とドコモ光の通信速度について
確認してみました。

光コラボは全てフレッツ光を使ったインターネット通信サービス

インターネットが使われ始めた頃、家庭で使われている通信回線の多くは
電話回線を利用したアナログ通信でした。

それが最近では光ファイバーケーブルを使った光通信が主流となっていて
多くの家庭では光回線のサービスを使えるようになりました。

実際にフレッツ光の対応地域はほぼ全国に広がっています。
更に地方電力系の光回線もかなり多くサービス提供を開始しています。

そんな状況で始まった光コラボは全てフレッツ光を使っています。
というかフレッツ光とプロバイダ一体型の料金体系サービスが光コラボです。

つまり光コラボで使われている通信回線は全て同じもの、ということになります。
それならば通信速度も同じ、ということになるのでしょうか。

まあフレッツ光でも通信速度の違いはあります。
契約内容によっても最高速度が変わるので、どこでも同じということではありません。

それに通信回線が同じでも通信速度が変わるという可能性は多くあります。
通信速度に影響が出る原因も確認してみましょう。

プロバイダが違うと通信速度が変わる可能性は高い

以前から言われていることの1つに、「プロバイダが通信速度に影響をする」という
噂があります。

まあこれは噂ではなく、一応通信速度に影響がある可能性は高いということに
なるのですが。

インターネットに接続するためには専用の接続業者と契約する必要があります。
それがプロバイダ、ということです。

そしてプロバイダによって許可されたユーザーがインターネットへの接続が
出来るようになるのです。

プロバイダではこの許可認証の作業をしていることになるのですが、ユーザーが
多すぎると処理速度が落ちてしまいます。

つまりプロバイダを通過するのに時間がかかるようになり、それが通信速度に
大きく影響をするということになるのです。

大手プロバイダになればそれだけ契約しているユーザーが多いので混雑する
と考えられるのですが、大手ほど設備が充実しているのも事実です。

駅の自動改札で考えるなら人数が多くても改札の数が多ければそれほど混雑は
しないと感じられるはずです。

でもそれよりも人数が少なくても自動改札の数が少なければ、通過するのに
時間がかかるということと同じです。

ユーザーが少ないプロバイダでも設備が整っていないのならやはりインターネットの
接続に時間がかかることも。

このようにプロバイダは通信速度に大きく影響する可能性があるのです。

地域で使っている人数によっても通信速度は影響される

プロバイダの混雑と同じような状況ですが、同じ地域でインターネットを使う人が
多くなれば混雑する可能性は高くなります。

わかりやすいところで言えば、同じマンションやアパートで同じ時間に多くの人が
インターネットを使うと通信速度は遅くなります。

特に集合住宅では1つのインターネット回線を契約者で分配して使っています。
混雑する時の通信速度の低下はとてもわかり易く体感できるかと。

ただしこれは集合住宅だけではなく、地域全体でも起きる可能性はあるのです。
まあ混雑している原因まではわからないのですが。

それにユーザーの1人が大規模な通信をしていて回線を独占している場合にも
他のユーザーの通信速度は遅くなります。

以前問題になったファイル交換ソフトを使う場合、P2P通信をするのですが
これが回線を独占してしまうという状況になったこともありました。

同じ回線を使っていても通信速度が変わる原因は多く考えられます。

ソフトバンク光とドコモ光ではプロバイダが違う

ではソフトバンク光とドコモ光では通信速度にどんな違いがあるのか。
そちらを確認してみることにしましょう。

通信回線はどちらもフレッツ光を使った光コラボです。
つまり通信回線では速度が変わる原因は無い、ということになります。

まあ一戸建てで契約した場合と集合住宅で契約した場合には集合住宅の
回線分配方式で通信速度が変わってくるのですが。

同じ条件でソフトバンク光とドコモ光を使った場合の通信速度の違い、と考えると
回線による違いはないということになります。

では全く同じ通信速度で使う事ができるのか、というとそうではなく
契約できるプロバイダの違いというのが影響してきます。

ソフトバンク光とドコモ光では使えるプロバイダに大きな違いがあるのです。
それを更に詳しく確認してみましょう。

ソフトバンク光で使えるのはYahoo! BBだけ

まずはソフトバンク光の場合、契約のときに選べるのはYahoo! BBだけです。
つまりソフトバンク光の契約をした場合、プロバイダはYahoo! BBになります。

まあ元々ソフトバンク系列の会社、Yahoo! JAPANが行っているプロバイダなので
こちらがプロバイダになるのは何も問題がないと思います。

それに基本的に光コラボを契約する時にはプロバイダ一体型サービスなので
決まったプロバイダとセットになったフレッツ光の契約をする、という印象です。

ソフトバンク光のプロバイダがYahoo! BBということにも違和感を覚えることは無く
普通だと思います。

ただしソフトバンク端末の割引をしたくてソフトバンク光の契約をする場合には
多くの人がプロバイダの変更が必要になると思います。

それと当然ですが今までYahoo! BBを使っていたユーザーは、ソフトバンク光に
乗り換えてもそのままYahoo! BBを使い続けることができます。

プロバイダの乗り換えがないのでメールアドレスなど、環境が変わること無く使えるので
乗り換えやすいと思います。

ドコモ光では20社以上のプロバイダから選んで契約できる

ではドコモ光の場合を確認してみましょう。
こちらはプロバイダを選ぶことが出来るという特徴があります。

光コラボは先程から説明しているようにプロバイダ一体型の料金体系サービスなので
プロバイダがサービスを提供することも多いです。

例えばBIGLOBE光やSo-net光などプロバイダが提供する光コラボは多いです。
この場合は当然ですが選べるプロバイダは一つだけです。

でもドコモ光の場合はプロバイダを20社以上から選ぶことが出来る、という特徴があり
しかも選べるプロバイダは大手や有名なところがそろっています。

先程のBIGLOBEやSo-netもドコモ光対応プロバイダです。
他には@niftyやOCN、GMOとくとくBBなども含まれています。

ちなみにドコモショップからドコモ光への加入申し込みをすると、多くの場合
ドコモ.netというプロバイダを勧められます。

こちらはドコモが提供するプロバイダ、という説明ですが実際のプロバイダ業務は
NTT系列会社のOCNが行っています。

そのためにOCNでは一時期、ユーザーが爆発的に多くなってかなりの混雑と通信速度の
低下があったと言われています。

ソフトバンク光とドコモ光の通信速度はどちらも周囲の環境で変わる

プロバイダによって通信速度に影響がある、と言われていても実際に契約したときに
そのプロバイダがどれくらい混雑しているかはわかりません。

つまりソフトバンク光を選んでYahoo! BBを使っている方が快適な地域もあるでしょうが
その逆のパターンも考えられるのです。

それは実際に契約してみなければわからない、ということになります。
まあ実際に周囲の環境によって通信速度は変わってしまうのですから。

確かに地域によってはYahoo! BBから他のプロバイダに変更したほうが通信速度は速い
ということですが、その逆の場合も他の地域ではあり得るのです。

基本的にソフトバンク光とドコモ光は通信速度に大きな違いがない、ということになる
と思います。

まあプロバイダが影響をすると考えるなら、手数料だけでプロバイダの変更が出来る
ドコモ光のほうが通信速度を快適にしやすいのも事実です。

ただ通信速度に不満があるならIPv6方式の通信サービスを使うほうがおすすめです。

IPv6方式の通信サービスならプロバイダの混雑が影響されない

IPアドレスの枯渇問題を解決するために開発された新しい通信方式IPv6方式では
今までの通信方式と互換性がないことが問題点でした。

でもそれを解消したIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の通信サービスが開発され
最近では多くのプロバイダでこちらのサービスが提供されています。

ソフトバンク光のYahoo! BBやドコモ光対応のBIGLOBEなど多くのプロバイダでは
IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式のサービスを使う事ができます。

そしてこのIPv6方式の通信を使うことでプロバイダの混雑に通信速度が影響を受ける
ということが無くなるのです。

簡単に言うとVNEという専用の回線接続業者を使ってインターネットをするので
プロバイダが混雑していても大きな影響を受けなくなるのです。

ちょっとした通信方式の違いはありますが、ソフトバンク光とドコモ光のどちらでも
IPv6方式の通信が出来るので、快適に使いたいならこちらをおすすめします。

光コラボの乗り換えも事業者変更で簡単になった

プロバイダによる通信速度の違いもなくなれば、後はキャリアに対応した割引が使える
という光コラボのサービスで選ぶことも1つの方法です。

今までは光コラボの乗り換えはちょっと大変でしたが、今は事業者変更という制度が
始まっているのでとても簡単に乗り換えができます。

例えばソフトバンク光からドコモ光に乗り換えをするのも事業者変更で手続きをすれば
とても簡単に乗り換えができるのです。

つまりスマホのキャリアを乗り換えたらそれに合わせて光コラボも乗り換える
ということがかなり手軽にできるようになりました。

まあ事務手数料3,000円程度と乗り換える光コラボの解約違約金がかかるので
無料で簡単に、というわけにはいきませんが。

光コラボの通信速度に関しては違いが基本的にないので、どこを選んでも問題なく
サービスや割引で選ぶこともおすすめできます。

ただ光コラボの乗り換えを普通にすると回線工事費用が高くなるので、損をしないで
乗り換えができる事業者変更を使うようにしましょう。

-ドコモ光に乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.