ドコモ光に乗り換え

ソフトバンク光とドコモ光、auひかりを比較するとどこがいい?

投稿日:

最近では固定回線がまた注目されるようになりました。
パソコン以外にも多くの電化製品でインターネットが使えるからです。

特に家庭用ゲーム機でもインターネットを使ったオンラインプレイが盛んになって
安定したプレイをしたいという人が光回線を選ぶようになっています。

では携帯キャリアが提供する光回線接続サービスを比較してみると、どこがいいのか
ちょっと考えてみることにしましょう。

スマホの提供をしている大手キャリアが固定回線サービスもしている

日本を始め世界各国でスマホの普及率はとても高くなりつつあります。
日本国内でも販売台数だけならスマホの普及率は100%近くあります。

つまり数字だけを見るとほぼ全国民がスマホを持っている、という計算です。
まあ実際には2台持ちや会社での購入などもあるのでちょっと違うのですが。

そしてそれだけ普及しているスマホを提供する大手キャリアは固定回線のサービスも
提供しているのです。

ドコモ、ソフトバンク、auそれぞれが固定回線サービスを提供しているのですが
実際にどこを選べばいいのでしょうか。

それぞれのサービスの特徴などを詳しく調べてみます。

ソフトバンク光とドコモ光は光コラボの一つ

携帯キャリアが提供する光回線のサービスはソフトバンク光とドコモ光に
auひかりというサービス名です。

この中でソフトバンク光とドコモ光はどちらもフレッツ光回線を使った光コラボ
というインターネット回線サービスです。

もう1つのauひかりだけはこの光コラボではありません。
大きくは違わないのですが、ちょっとサービスの内容も違います。

ソフトバンク光とドコモ光に関しては先ほど説明した、NTTが提供している
光回線のフレッツ光を使ったサービスとなっています。

フレッツ光とプロバイダの月額料金を一体化してわかりやすくした料金体系の
サービスが光コラボといいます。

この光コラボでは提供する業者が独自のサービスを提供していることも特徴で
携帯キャリアの2社ではスマホの月額料金割引を使うことができます。

当然割引を使うためには条件もあるのですが、基本的にはそれぞれのキャリアの
携帯端末を契約しているユーザーが光コラボに申し込むことが必要です。

つまり同じキャリアの光コラボを使えばスマホの月額料金も安くなる、ということに。
それが同じ光コラボで提供されているのがこちらの2社です。

ダークファイバーを使っているauひかり

先程の2社と違って光コラボでのサービス提供ではないのがauひかりです。
こちらはダークファイバーを使った光回線サービスです。

ダークファイバーとはNTTが設置したフレッツ光の予備回線、メンテナンス用の
非常回線など普段使われていない光回線のことをいいます。

まあauひかりではダークファイバー以外にも独自に設置した光回線を使っても
サービス提供をしているのですが。

基本的にはフレッツ光とは別の回線を使っているので、フレッツ光の混雑に影響されず
快適なインターネット接続が出来るという魅力があります。

回線提供方法以外には、ソフトバンク光とドコモ光とも同じようにau端末を
契約しているユーザーの割引もあります。

まあauスマートバリューはauひかり以外の光回線サービスでも提供している
プロバイダや光コラボも多くあるのですが。

当然auが提供するauひかりでも割引を使うことができます。
ではそれぞれの光回線サービスの細かな内容も確認してみましょう。

ソフトバンク光は新規加入の工事費が高い

ソフトバンク光は先ほど説明したようにフレッツ光回線を使った光回線サービスで
ソフトバンクユーザーが契約するとスマホの割引が使えます。

使っている回線はドコモ光と同じフレッツ光回線なので、スペック上の通信速度には
ドコモ光と違いはありません。

どちらも下り最速1Gbpsという高速通信が出来るインターネット接続回線です。

プロバイダ一体型料金体系のサービスで、回線利用料金とプロバイダ料金をともに
ソフトバンクが徴収します。

月額料金は戸建てプランが5,200円、集合住宅が3,800円です。
こちらは普通なのですが、新規加入時の回線設置工事費がちょっと高くなっています。

ドコモ光ではフレッツ光の回線設置工事費用と同じ設定なのですが、ソフトバンク光では
新規申し込みの回線設置工事費用が24,000円となっています。

集合住宅でも設置工事が必要な場合、こちらの金額になりますがほとんどの場合は
すでに光回線が設置してあるので無派遣工事の2,000円になるのですが。

派遣工事が必要になった場合、ソフトバンク光では戸建てと集合住宅のどちらでも
ドコモ光やフレッツ光よりも高い金額になるのでそれがちょっと気になりました。

選べるプロバイダはYahoo! BBのみ

ソフトバンク光に対応しているプロバイダは系列会社のYahoo! BBのみです。
つまりソフトバンク光の契約をすると自動的にプロバイダが決まります。

フレッツ光を使ったサービスなので、フレッツ光ユーザーなら「転用」という
制度を使えばかなり簡単にソフトバンク光に乗り換えることができます。

ただその時にYahoo! BB以外のプロバイダを使っているなら解約が必要で
ソフトバンク光を使うならYahoo! BB以外のプロバイダでは使えません。

まあ最初からYahoo! BBを使っていれば問題はないのですが。
他のプロバイダならメールアドレスが変わるなどちょっとしたリスクはあります。

でも他の光コラボを見てみるとプロバイダを選べるという方が珍しいです。
プロバイダやその系列企業が光コラボを提供しているのも理由となっていますが。

例えばBIGLOBEが提供するBIGLOBE光は当然ですがBIGLOBE以外のプロバイダを
選ぶことは出来ません。

それはSo-net光や@nifty光も一緒で提供するプロバイダ以外を選ぶことは出来ません。
それを考えるとこれは普通だと思います。

ソフトバンク光は割キビの適応にオプション加入が必要

もう1つ気になるのはソフトバンク光のスマホ割引を使うためにオプションの加入が必要
というところです。

ソフトバンクの携帯端末の割引はおうち割というキャンペーンの適応が必要なのですが
このキャンペーンの適応条件に有料オプションの加入があります。

光BBユニットのレンタル、Wi-Fiマルチパックの加入、光電話の加入というオプションが
必要になります。

それぞれ別々に加入するよりもオプションパックで加入すれば月額500円で必要な
有料オプション全てに加入できます。

ただスマホの月額料金割引のためにオプション料金が必要というのがちょっと
気になるところです。

実質500円以下の割引なら負担のほうが大きくなってしまいます。
割引キャンペーンの適応には注意が必要になりそうです。

まあ一応ソフトバンクのおうち割は最小割引が500円なので損をすることはない
ということになりますが・・・

お得になるという印象も無くなってしまいました。

ドコモ光は月額料金が高い可能性がある

ドコモ光は色々な特徴があるのですが、その1つには月額料金が選んだプロバイダで
変わるというところがあります。

元々ドコモ光では対応プロバイダが20社以上あるというかなり特徴的な光コラボの
提供をしています。

対応プロバイダの中には系列会社のOCNやplalaだけではなく大手プロバイダの
BIGLOBEやSo-netなども含まれています。

それらのプロバイダから好きなところを選んで契約が出来る、というのはかなり
魅力的なのですが・・・

プロバイダがタイプAとタイプBに分かれていて、タイプBのプロバイダは
月額料金がタイプAよりも200円高くなっているのです。

タイプAの場合、戸建てプランが月額5,200円で集合住宅プランが月額4,000円です。
タイプBではこれが戸建て5,400円と集合住宅4,200円になります。

それとプロバイダ一体型ではない独立タイプというのもあるのですが
これはフレッツ光よりも高くなるので今回は考えないことにします。

そしてこのタイプAとBの違いは単純にプロバイダ側の意見で、タイプBの方が
サービスがいいということはありません。

つまり余程のこだわりがない限りはタイプAのプロバイダを選ぶことになるのですが
大手のOCNはタイプBというのもちょっと悩ましいところです。

ドコモ光ではIPv6対応Wi-Fiルーターのレンタル無料が多い

プロバイダを選べるという特徴があるドコモ光ですが、そのプロバイダの中にも
色々な特徴があるようで。

特に最近注目されているIPv6方式の通信に必要な対応Wi-Fiルーターを無料で
レンタルできるというプロバイダも多くなっています。

プロバイダの混雑に関係なく快適な通信速度でインターネット接続が出来る
と評判のIPv6方式の通信は使うために対応したWi-Fiルーターが必要です。

まあプロバイダ自体が対応している必要もあるのですが。
対応プロバイダではこのWi-Fiルーターを無料レンタルしているところも多いのです。

レンタルなので自分の好きなルーターを使えないというデメリットもありますが
IPv6方式の通信を使うのに料金が全くかからないという魅力もあります。

自分で好きな対応Wi-Fiルーターを購入して使いたいという人には余計なサービスですが
無料レンタルというのは魅力的で使いやすいと思います。

スマホの割引を使う条件に有料オプションがない

ドコモ光の魅力の1つはドコモのスマホの月額料金割引の条件に有料オプションへの
加入という条件がないことです。

ドコモ光とペア回線、割引などの適応をさせるスマホ端末の回線契約者が同じという
条件はあります。

でもスマホの月額料金割引が出来るキャンペーン適応には有料オプションの加入が
必要ないのです。

しかもペア回線で家族とシェア出来る大容量データ定額パックを契約すれば
家族で使うデータ定額パックが大きく割引されるという魅力もあります。

まあこの場合は家族がドコモのスマホを使っていなければお得になりませんが。
割引適応に有料オプションがないのは単純に嬉しいです。

ただし割引金額は当然大容量データ定額パックが高額で、低用量の場合は割引が
かなり少なくなります。

最小割引も月額100円という金額なのでユーザーによってはあまり意味がない
割引になるのが大きなデメリットです。

通信速度が安定して高速なのがauひかり

ソフトバンク光やドコモ光と違って光コラボではないのがauひかりです。
こちらの魅力はその通信速度の高さにあります。

元々使われていない光ファイバー回線を使っているので、回線の混雑は
他のキャリアのサービスよりもかなり少なくなります。

混雑がないということは通信速度が低下しない、ということになります。
実際にauひかりではかなり快適な通信速度でのインターネット接続ができます。

まあ利用している地域や周囲の環境によっても通信速度は変わるのですが
口コミを確認すると下り100Mbpsを超えるという速度は多く見られます。

混雑する夜間のゴールデンタイムでこの通信速度なので、空いている時間帯では
更に通信速度が快適になります。

光コラボのようにIPv6方式の通信サービスを使わずに快適に使えるのはauひかり
ならではの魅力だと思います。

対応している地域が全国ではないauひかり

プロバイダに関してもソフトバンク光よりも多い7社から選べるので、場合によっては
プロバイダの変更無く使う事ができます。

ちなみに対応プロバイダはau one net、So-net、BIGLOBE、@nifty、DTI
@T-COM、ASAHI NETです。

かなり使いやすそうな印象なのですが、実際には全国対応ではなく一部地域では
一戸建てでの契約が出来ないのです。

提携している関西電力があるeoひかりの対応地域と子会社のコミュファ光が
対応している中部地域では戸建てプランのauひかりを提供していません。

一応集合住宅にauひかりを設置しているところもあるのでそちらでは関西と
中部地方でも契約が出来るのですが。

全国どこでも使える可能性が高い光コラボと比べるとちょっと残念な印象です。

スマートバリューの適応には有料オプションが必要

携帯端末にauを選んでいる場合、auひかりを契約することでauスマートバリュー
という割引を使う事ができます。

こちらもスマホのデータ定額パックの割引なのですが、適応させるためには
auひかりの場合光電話の加入が条件になります。

自宅にIP電話が必要ない、という人でもauスマートバリューを使うためには
光電話に加入する必要があるのです。

光電話は月額500円、これを必要ないのに契約するというのは普通に月額料金の
負担にもなるのですが精神的な負担も大きいです。

そしてauスマートバリューの最低割引金額は500円なので、やはり人によっては
意味がない割引となってしまうので注意しましょう。

サービス内容にはどれも違いはないので携帯キャリアで選ぶのがおすすめ

ソフトバンク光とドコモ光、auひかりを比較してみましたがサービス内容としては
それほど大きな違いというのはありませんでした。

月額料金で言えばauひかりの3年契約が一番安くなるのですが、こちらは
解約できるタイミングが長くなるというリスクがあります。

2年契約の場合はソフトバンク光と変わらない月額料金なのでサービス自体には
それほど違いがあるとは思えませんでした。

サービスに違いがないのなら、携帯キャリアの割引で選ぶのがおすすめです。
まあドコモ光以外ではちょっと注意が必要になりますが。

基本的にはスマホの月額料金割引を考えて光回線の契約も選ぶ、ということが
一番お得になるのでおすすめです。

まあキャンペーンなどを考えるとまたちょっと変わってくるのですが・・・
キャンペーンは時期によって無くなるので今回は考えませんでした。

ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えなら事業者変更がおすすめ

携帯キャリアを乗り換えたら一緒に光回線の乗り換えをするのもおすすめです。
今は事業者変更が出来るので光コラボの乗り換えも簡単です。

例えばソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるのも事務手数料と解約違約金で
回線工事の必要なく手軽に乗り換えができます。

当然逆の乗り換えも出来ますし、事業者変更なら光コラボを止めてフレッツ光に
戻すという手続きもできます。

まあauひかりにする場合は回線の撤去と設置工事が必要になるのですが・・・
事業者変更はあくまでも光コラボとフレッツ光の乗り換えのみ利用できる制度です。

携帯キャリアに合わせた光コラボを選ぶことが一番お得でおすすめです。
光コラボの乗り換えには事業者変更を使って無駄なコストをかけないようにしましょう。

-ドコモ光に乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.