ドコモ光に乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光にする工事内容はどんな感じ?

投稿日:

光コラボとはプロバイダと光回線を料金一体型にしたお得なインターネット接続回線の
サービスとなっています。

注意点としては一度光コラボにするとフレッツ光に戻すことができない、ということで
当然光コラボから光コラボの乗り換えも難しいものでした。

では実際に光コラボ同士の乗り換えにはどんな回線工事が必要だったのか。
ソフトバンク光からドコモ光にする場合の工事内容について調べてみました。

光コラボの乗り換えは基本的に出来なかった

まず光コラボから光コラボという変更は、今まで行うことが出来ませんでした。
一度光コラボの契約をすると、元に戻すのが大変だったのです。

そのために光コラボを選ぶ時には慎重に行う、というのが一般的でした。
なぜ大変なのかは、光コラボの乗り換えには回線工事が必要になるからです。

一度光コラボとして使った光回線は、光コラボ業者にそのサービス専用回線として
卸される事になります。

つまり他の光コラボで使う事ができない、特定の光コラボ業者専用回線として
利用することしか出来なくなりました。

例えばソフトバンク光の契約をした場合、その回線はソフトバンク光以外の
光コラボで使うことができなくなるのです。

ではソフトバンク光からドコモ光にするにはどうすればいいのか。
専用回線になった光回線の撤去が必要だったのです。

そして新しくドコモ光に申込みをする時に「新規加入」ということで
回線設置工事をします。

つまり光回線の交換が必要になる、というのが光コラボの乗り換えでした。

光コラボからフレッツ光に戻す場合も工事が必要

光コラボとはフレッツ光を使ったインターネット回線接続サービスです。
光コラボの契約をすると必ずフレッツ光回線を使います。

そしてフレッツ光回線を使っているユーザーが光コラボにする時には
転用という手続きを取ることで簡単に光コラボ野系や区ができるのです。

フレッツ光から光コラボに転用する時には使っていたサービスなどはほぼ
そのままで光コラボに乗り換えることができます。

オプションで使っていたひかり電話などもそのままの状態で光コラボで
使い続けることが出来るのですが・・・

一度光コラボとして使われた光回線、この場合はフレッツ光ですが
こちらはもうフレッツ光として利用することが出来なくなります。

つまりフレッツ光に戻す場合にもソフトバンク光など光コラボを解約して
フレッツ光を新規契約することが必要になるのです。

そしてこの解約再契約で大きく影響を受けるのがオプションのサービスです。

ひかり電話、ひかりTVも解約と再契約が必要

フレッツ光のオプションサービスで使えるひかり電話とひかりTVはそれぞれ
IP電話とテレビ放送のサービスです。

光回線を使った電話のIP電話と、それと同じく光回線を使った動画配信や
テレビ放送を見ることが出来るサービスです。

フレッツ光から光コラボ、ソフトバンク光やドコモ光に転用する時には
これらのサービスはそのまま使い続けることができます。

ソフトバンク光ではひかり電話サービスは提供されているので問題無いのですが
ドコモ光の場合ひかり電話のサービスが無いプロバイダもあります。

ドコモ光は特徴として20社以上のプロバイダから選んで契約できるのですが
そのプロバイダの中にはフレッツ光のサービス提供がないところも。

そんな時にはNTTが継続してサービスの提供をするので、どっちにしても
問題なくオプションサービスを続けて使う事ができました。

ただしソフトバンク光からドコモ光に乗り換えをする場合、回線工事が
必ず必要になるのでこれらのサービスも一度解約することになります。

ひかりTVはチューナーの返却が必要で、HDDに録画した番組を別のところに
保存する必要があります。

ひかり電話の場合は電話番号が変わってしまう可能性が高いです。
アナログ戻し以外は解約したら同じ電話番号を使うことが出来なくなります。

これらはオプションなので使っているユーザーが限られるのですが、使っている
ユーザーにとってはかなり大きな問題になります。

ソフトバンク光からドコモ光にする工事内容を確認

では実際に光コラボから光コラボに乗り換える場合に行う工事内容を確認してみます。
サンプルとしてソフトバンク光からドコモ光に乗り換える、という状況で考えてみます。

手順を考えると先にドコモ光の新規加入申し込みをして回線設置工事を行う予定を
立てることがおすすめです。

光コラボ同士の乗り換えには回線撤去工事と新規の回線設置工事が必要です。
回線自体は撤去した後に設置するほうが余計な傷などをつけないのでおすすめです。

ただ、申し込みの手順としては先に回線設置工事の予約をとって、その予約が取れた
設置工事予定日に撤去工事をする方がいいのです。

理由はインターネット回線を使えない期間が一番短くなるから。
実際に光回線の工事をするのはどちらもNTTの関係会社です。

光コラボは通信回線にフレッツ光を使っているサービスなので、どこで申込みをしても
回線工事自体はNTT関係の会社が行うことになります。

つまりソフトバンク光の撤去工事もドコモ光の設置工事も、どちらもNTTが行うので
一度に行ったほうがいいのです。

特に一戸建ての場合は確実に派遣工事になるので絶対にまとめたほうがお得です。
それに設置工事のほうが予約を取るタイミングが難しいのも理由の1つです。

設置工事の日程が決まったらそれに向けてソフトバンク光の解約をします。
解約日をドコモ光の回線設置工事日にすれば撤去工事も一緒にやれるはずです。

光コラボの乗り換えには「回線撤去工事」と「回線設置工事」という工事内容が
必要ということがわかります。

オプションによってはさらに工事が増える

工事としてはもう1つ、光コラボの乗り換えをする場合にオプションでひかり電話を
使っていた場合に増える可能性があります。

ひかり電話の電話番号を使い続けたい場合、アナログ戻しという方法で使っていた
電話番号を乗り換えた先の光コラボでも使う事ができます。

アナログ戻しとはその名前の通り、ひかり電話で使っていた電話番号をアナログ電話に
戻す工事のことです。

これが出来るのは元々アナログ電話で使っていた電話番号をひかり電話に
番号ポータビリティ(LNP)で変更していた場合のみです。

ひかり電話に新規加入してもらったIP電話の電話番号をアナログ電話で使うことは
出来ません。

そしてアナログ戻しをする場合、現在設置されているアナログ電話回線によっては
かなり高額な工事費用が必要になります。

まあそれはあとから見るとして。
アナログ戻しをするためにはNTTにアナログ回線電話の契約を確認すること。

回線状況がわかった後に工事が必要になるのです。
では光コラボ乗り換えの工事にかかる費用も確認してみましょう。

光コラボの回線設置工事費用は業者によって変わる

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合、回線撤去工事と設置工事が
必要になるのですが・・・

その費用はかかるためにとても大きな負担になります。
そして回線設置工事は光コラボ業者によって金額が変わる可能性もあります。

ソフトバンク光に新規加入した場合、一戸建てで光回線設置工事を行うと
回線工事費用が24,000円かかります。

ちなみにドコモ光の場合、基本的にフレッツ光と同じ工事費用になります。
戸建てなら18,000円で集合住宅は15,000円の工事費用です。

ただ集合住宅の場合は回線の分配方式では派遣工事が必要なく、工事費用も
2,000円ということも。

回線設置工事に人員派遣が必要になるのか、申し込みの時に確認をしましょう。
これに回線撤去費用も必要になります。

回線撤去費用は大体10,000円程度で基本的にどんな場合でも光コラボなら
NTTが撤去作業をするので金額に違いはでないと思います。

電話回線のアナログ戻しをするならそちらの工事費用も必要になります。
全くアナログ回線がない場合は設置工事として10,000円が必要です。

ただこれは最大限工事が必要になった場合で、一部でも現在ある回線が使える
という状況なら回線工事費用はそれほどかかりません。

設置されている回線がそのまま使える場合は、工事費用が2,000円程度なので
それほど大きな負担にはならないかと。

現在光コラボから光コラボへの再転用ができるようになっている

ここまで説明したのは今までの光コラボ同士の乗り換えにかかる工事のことです。
でも現在では光コラボから光コラボに再転用が出来るようになりました。

それが「事業者変更」という制度で、こちらを使えば転用をしたときと同じように
ほとんど回線工事をせずに光コラボ同士の乗り換えができます。

事業者変更を行うと、光コラボから別の光コラボに転用と同じ手続きで乗り換える
ということが出来るのです。

つまり今までのように回線撤去工事や設置工事を行う必要がありません。
まあ光コラボの乗り換えがあるので解約違約金が発生する可能性はありますが。

今までのような工事内容が無くなるのでとても手軽に、ユーザーの負担が
かなり少なくなっているのが大きな特徴です。

ただし光コラボの乗り換えをするのでプロバイダの変更が必要なことも多くなります。
メールアドレスが使えなくなるなど注意することはあります。

それにプロバイダが行っていたオプションサービスは基本的に引き続き使うことが
難しくなります。

同じようなサービスを提供していればそちらに加入すればいいのですが・・・
ソフトバンク光からドコモ光だと確実にプロバイダを変更になるので注意しましょう。

事業者変更ではひかり電話の工事が必要なくなる

光コラボから光コラボへの乗り換えが簡単に出来るようになると、ひかり電話の
乗り換えに必要な工事が無くなります。

転用と同じで今までの回線を使ってサービスを継続できるようになるので
アナログ回線工事が必要なくなります。

余計な出費がなくなって、自分でアナログ戻しをしなくても電話番号はそのままで
使い続けられるのです。

そして乗り換えたプロバイダにひかり電話のサービスがない場合、NTTが
ひかり電話だけサービスを提供してくれます。

まあこれも転用のときと同じなのですが、乗り換えたプロバイダにひかり電話と
同じサービスがあればそちらを使うことになります。

同じサービスがない場合はNTTがそのままサービスを継続するので、光コラボの
一体型料金体系とはちょっと外れますがサービスはNTTが引き続き行います。

これと同じように乗り換えた光コラボのプロバイダでひかり電話のサービスがない
という場合にはNTTがサービスを引き継いで提供しれくれます。

こちらの場合でも電話加入権があれば電話番号の変更はないので
安心して乗り換えができるのです。

光回線の工事が無くなる事業者変更はコストがかからないのでお得

今までは新規加入と同じ工事内容の回線設置工事と、それまで使っていた回線の
撤去工事が必要なのでかなりコストがかかる光コラボの乗り換えでした。

ただソフトバンク光からドコモ光など、携帯キャリアの乗り換えに合わせて
光コラボの乗り換えもしたいというユーザーが多くいたのも事実です。

これらのユーザーからの意見をサービスに反映させたのが事業者変更だと
考えられます。

実際に転用と同じ手続きで光コラボの乗り換えができるのでユーザーの負担は
回線工事費用よりもかなり安くなります。

回線工事にかかる費用を考えれば、事業者変更を使うとかなりお得になるのは
よく分かると思うのでぜひこちらを使ってお得に乗り換えましょう。

-ドコモ光に乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.