ソフトバンク光から乗り換え

ソフトバンク光から乗り換える時に工事不要の方法とは?

投稿日:

光コラボに一度申し込みをすると、乗り換える時にはとても大変なことになります。
一番大変なのは回線工事です。

ただスマホのキャリアを乗り換えると、光コラボの契約も乗り換えたほうが
スマホをお得に使えるようになります。

ではソフトバンク光から乗り換えるときに回線工事などはどうなるのか。
ちょっと確認してみましょう。

光コラボは一度契約すると回線が専用回線になった

例えばソフトバンク光から乗り換えをする時に大変なことになるのはどうしてなのか。
それは光コラボで使った回線はその光コラボ専用回線になったからです。

ソフトバンク光やドコモ光というのは光コラボというインターネット回線接続サービスの
1つです。

他にも多くの光コラボが提供されていますが、この光コラボとは基本的に
通信回線とプロバイダがセットになった料金体系のサービスです。

そして通信回線としてはフレッツ光を使っています。
つまりフレッツ光とプロバイダがセットになってお得なサービス、というわけです。

今までフレッツ光とプロバイダの月額料金を別々に支払っていましたが、それを
プロバイダ一体型にすることで支払いを一括することができるのです。

ただしフレッツ光をその光コラボ専用回線として卸して使うことになります。
この時に別の光コラボで使えなくなっていたのです。

では使えなくなった通信回線は光コラボ乗り換えの時にどうすることになるのか。
光回線を撤去する必要があったのです。

ソフトバンク光から乗り換えるには光回線の撤去と再設置が必要

フレッツ光からソフトバンク光に乗り換える場合、光コラボへの乗り換えは
転用という手続きで簡単に出来るようになっています

この転用をすると、フレッツ光回線は何も工事をしないままでソフトバンク光として
使う事が出来るようになります。

でもソフトバンク光を別の光コラボで使う時には、ソフトバンク光専用になってしまった
光回線をそのまま使い回すことが出来ないということに。

そこでソフトバンク光で使っていた光回線を撤去して、新しく光回線を設置するという
2種類の工事が必要になるのです。

フレッツ光から転用する時にはい契約内容はほぼ変わること無くソフトバンク光への
乗り換えができるのですが・・・

ソフトバンク光から乗り換えをすることになると光回線の撤去が必要になるので
使っていたサービスによってはかなり大きな問題点も出来てしまうのです。

でもそんな問題点が多い光コラボの乗り換えも工事不要で出来るようになりました。
それが事業者変更という手続きです。

事業者変更を使えば工事不要で乗り換え可能

事業者変更とは簡単に言えば光コラボの再転用が出来る制度のことです。
今までは光コラボにすると他の通信回線としては使う事ができませんでした。

そこで光回線の撤去と再設置という工事が必要だったのです。
でも事業者変更の手続きをすれば光コラボから別の光コラボに転用が出来るのです。

まあ実際にフレッツ光から光コラボではないので転用とは違うのですが。
手続きやその手順が転用と同じなので「再転用」と言っても問題はないかと。

つまりフレッツ光からソフトバンク光への転用と同じように、ソフトバンク光から
別の光コラボに簡単に乗り換えができるのです。

使っていた光回線を祖のまま使い回すことができるようになったので、回線工事不要で
とても簡単に光コラボの乗り換えができるようになりました。

では実際に事業者変更の手続きの方法、手順と一緒に詳しく確認してみましょう。

ソフトバンク光から事業者変更承諾番号を受け取る

今回はソフトバンク光から乗り換えてドコモ光に事業者変更をする場合で
実際の手続きなどを確認してみましょう。

基本的にはフレッツ光から光コラボ、ソフトバンク光に乗り換えるときと同じで
まずは現在契約しているところから手続きに必要な番号をもらいます。

転用のときはNTTから転用承諾番号が発行されましたが、今回は契約しているのが
ソフトバンク光なのでこちらから事業者変更承諾番号をもらいます。

転用したことがある人ならわかると思いますが、こちらの10桁の番号を乗り換え先の
事業者に渡すことでユーザー情報などの移行が出来るようになります。

個人情報などを含めたユーザー情報なので、番号の取得は必ずユーザー自身が行う
という必要があります。

まあ普通は転用も事業者変更も、ユーザーが決めて行うので自分で番号を発行してもらう
というのは当然だと思いますが。

事業者変更承諾番号をもらったら今度は乗り換える光コラボ業者にこれを渡します。

事業者変更承諾番号を乗り換え先の事業者に渡せば手続きは完了

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合なら、ソフトバンク光から受け取った
事業者変更承諾番号をドコモ光に渡します。

ドコモ光は光コラボとしてはちょっと特殊で、ドコモショップからも申し込みが
出来るのですがこちらの場合はほとんどメリットがありません。

対応しているプロバイダが20社以上あるというドコモ光の特徴もあって、それぞれの
プロバイダがオトクなドコモ光加入のキャンペーンを展開しています。

こちらから申し込みをするほうがお得なので、事業者変更の手続きをする場合も
プロバイダからドコモ光への申込みをすることがおすすめです。

そしてユーザーの手続きの手順としては、乗り換え先に事業者変更承諾番号を
渡すことでとりあえず終了します。

後は光コラボ事業者同士の情報のやり取りで乗り換えができます。
ユーザーがやることも基本的には転用と同じでかなり少ないです。

ひかりTV、ひかり電話を使っている場合も工事不要はメリットが大きい

フレッツ光ではオプションサービスとしてひかりTVやひかり電話を使っていた場合
この工事不要の乗り換えができるというのはかなり便利になります。

光コラボの乗り換えで回線の撤去と再設置が必要な場合、これらのオプションも一度
解約をする必要があります。

でもひかりTVを解約するとチューナーなどを返却するという場合も。
まあ最近は買い取りになっているのでその心配も少ないのですが。

でもひかり電話は解約してしまうと同じ電話番号を使えなくなります。
元々アナログ電話で使っていた場合はアナログ戻しをすればいいのですが・・・

アナログ戻しはやはり工事費用がかかるのでユーザーの負担がとても大きく
手続きもかなり面倒でした。

でも事業者変更で工事不要の光コラボ乗り換えができるようになり、ひかり電話も
解約せずに別の光コラボで使い続けることができるようになりました。

解約しないので自分でアナログ戻しをする必要がなく、回線工事のコストと
申込みの手間を掛けずにNTT電話加入権のある番号なら使い続けられます。

事業者変更が出来るようになって、ひかり電話はとても使いやすくなったと
感じたユーザーは多いのでは。

事業者変更承諾番号の有効期限は15日間

ソフトバンク光など光コラボから乗り換えをする時の注意点として1つ。
事業者変更承諾番号の有効期限は15日間です。

これは転用承諾番号でも同じですが、番号には有効期限があります。
どちらも同じで15日間ですが、この間に手続きを完了させることが必要です。

番号の有効期限内に手続きが完了しない場合、番号を再度取得し直して
最初から手続きをやり直す必要があるのです。

一応事業者変更の手続き自体は1週間もあれば完了する、と言われています。
でも色々なことを考えると確実に1週間で手続きが完了するとは言えません。

実際に転用の場合もソフトバンク光では転用承諾番号の有効期限が残り10日以上
残っていない場合には受け付けてもらえません。

有効期限の15日というのはそれほど長い期間ではないので、番号をもらったら
出来る限り早く乗り換え先の光コラボ業者に渡すようにしましょう。

事業者変更でも多少のコストがかかる

回線工事不要で光コラボの乗り換えができる事業者変更ですが、利用する場合には
多少のコストがかかります。

普通にソフトバンク光から乗り換えでドコモ光にする場合は回線工事費用だけでも
数万円かかることが普通でした。

でも事業者変更を使えば工事不要なのでその工事費用は全て考えずに乗り換えができる
という大きなメリットがあります。

ただし乗り換えをすることになるので、ソフトバンク光からドコモ光なら
ソフトバンク光の解約違約金が発生する可能性はあります。

まあこちらはソフトバンク光の契約更新月に事業者絵変更をすればいいのですが。
それと契約の変更なので事務手数料3,000円はかかります。

後は新規加入でソフトバンク光の契約をして、まだ回線設置工事費用の支払いが
完了していない場合は事業者変更が出来ません。

基本的に未払い料金がある場合に事業者変更手続きが出来ないので、この場合には
未払い料金を完済することが必要になります。

ソフトバンク光に未払いの工事費用を一括支払いするなど未払い料金がない状態に
なってから手続きが開始されることになります。

工事不要にして損をしないように光コラボを乗り換える

以前の光コラボ乗り換えでは必ず回線工事が必要だったのでかなりコストがかかり
乗り換えのリスクも大きいのであまりお薦めはできませんでした。

特にひかり電話を使っている人は電話番号が変わるというリスクがあったために
光コラボを乗り換えるのは難しい状況でした。

これが光コラボを決める時のリスクとして紹介されることも多く、光コラボ選びは
本当に考えて行う必要がありました。

でも事業者変更が始まってからは転用と同じ感覚で光コラボの乗り換えができます。
回線工事を考えずに乗り換えができるのはとても魅力的です。

それに最近では携帯キャリアの乗り換えもやりやすくなったので、それに合わせて
光コラボも乗り換えるという方法がおすすめです。

当然光コラボの乗り換えには工事不要で出来る事業者変更を使うことが前提ですが。
これを使わないと工事費用でとても大きな負担がかかって損をしてしまいます。

新しい制度が始まってお得に乗り換えが出来るようになったので、その制度の
事業者変更を上手に使って損をしない乗り換えをしましょう。

-ソフトバンク光から乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.