ソフトバンク光から乗り換え

ソフトバンク光から乗り換えると電話番号はどうなる?

投稿日:

プロバイダ一体型の通信サービス、光コラボでは普通の光回線とプロバイダの
契約をするよりもお得な月額料金で使う事ができる魅力があります。

特にソフトバンク光など携帯キャリアが光コラボ業者になっているところでは
光コラボ加入者が携帯端末契約者だと携帯端末の割引サービスもあります。

そんなソフトバンク光を契約しているユーザーが、ソフトバンク光を解約したとき
使っていたひかり電話の電話番号はどうなるのでしょうか。

フレッツ光からソフトバンク光に転用すると電話番号はそのまま

ソフトバンク光などの光コラボは光回線としてフレッツ光を使ったプロバイダ一体型の
インターネット接続回線サービスです。

使っている光回線は光コラボの場合、全てがフレッツ光です。
つまりIP電話サービスはひかり電話と使うことになります。

まあ契約するプロバイダによってサービスの名前が変わることも多いのですが。
ちなみにソフトバンク光ではプロバイダがYahoo! BBなのでサービスは光電話(N)です。

そしてソフトバンク光に申し込みをする場合、フレッツ光から「転用」して
ソフトバンク光にする時にはひかり電話の電話番号は変わりません。

ひかり電話で使っていた電話番号をそのまま光電話(N)で使い続けることが
出来るようになっています。

この転用という手続きはフレッツ光を光コラボとして使うための制度で、とても簡単に
光コラボの契約が出来るようになっています。

そしてこの転用をする時にはひかり電話で使っていた電話番号がどんなものでも
変わらずに使い続けることができます。

フレッツ光から転用する場合の大きなメリットとしてもこちらはよく知られていると
思います。

ソフトバンク光を解約すると電話番号が使えなくなる

ではソフトバンク光を解約する場合、使っていたひかり電話の電話番号はどうなるのか。
これは単純に使えなくなってしまいます。

ソフトバンク光を解約すると当然ですが使っていたフレッツ光回線も解約することに。
そしてフレッツ光回線で使っていたひかり電話も使えなくなります。

ひかり電話だけではなく光回線を使ったIP電話の場合、一度解約をするとその時に
使っていた電話番号を再び使うことが出来なくなります。

つまりソフトバンク光を解約してしまうとその時に使っていたひかり電話の
電話番号は使えなくなります。

新しくひかり電話に加入しても、自分が使っていた電話番号を再び使うことが
出来ないので電話番号が変わるということになります。

これが基本的なパターンですが、一応例外というか引き続き同じ電話番号を
使い続けられる場合もあります。

NTTの電話加入権を持っている場合は電話番号が変わらない

NTTでは電話加入権という、いわゆる電話番号の権利を売買できます。
契約した時に電話加入権ありの契約となしの契約が出来るのです。

電話加入権ありだと電話番号の権利をもらうことが出来るので、その電話番号を
光回線のIP電話でも番号ポータビリティ(LNP)を使って使い続けることができます。

ひかり電話でもLNPで同じ電話番号を使い続けられます。
この場合、NTTでは電話加入権を一時休止という状態にしています。

これはその名前の通り、電話番号を一時的に使えない状態にしていることで
申請があれば再び電話番号を使うことが出来るようにしていることです。

つまり電話加入権を持っていてその電話番号をLNPでひかり電話として
使っていた場合は電話番号の利用を再開すればいいのです。

ひかり電話からアナログ電話に電話番号を戻すので「アナログ戻し」と言われる
方法がこちらです。

このアナログ戻しをすれば同じ電話番号を使い続けることができます。

アナログ戻しができない場合もある

最初からIP電話、ひかり電話の申込みをしている場合はアナログ回線で使える
電話番号を持っていないのでアナログ戻しができません。

ただそれ以外にもアナログ戻しができないという状態もあります。
まずアナログ回線電話番号の一時休止は10年間連絡しないと権利が失効します。

何も連絡せずに10年経過すると、その電話番号の電話加入権が無くなります。
つまり電話番号の権利がなくなるのでアナログ回線に戻せないのです。

そして5年毎に連絡がない場合はアナログ回線の権利はあるのですが電話番号の
権利がなくなり、電話番号が変わってしまうのです。

5年毎に連絡をして一時休止状態の継続を申請しなければ同じ電話番号を
使い続けることができません。

しかも10年間延長の連絡がなければ電話加入権自体が無くなります。

もう1つ、ソフトバンク光を解約する前にアナログ戻しをしないと
電話番号を使い続けることはできません。

ソフトバンク光を解約した時点でひかり電話も解約することになります。
解約したひかり電話の電話番号は同じ番号が使えなくなります。

たとえ元々がアナログ電話で使っていた電話番号でも先に解約してしまうと
戻すことが出来ないのでアナログ戻しを先に行いましょう。

電話番号をアナログ戻しするには工事費用がかかる

同じ電話番号を使い続けるためにアナログ戻しをするなら回線工事が必要なので
工事費用がかかることになります。

しかも現在のアナログ回線の状態によってはかなり工事費用がかかるということも。
現在の状態でそのままアナログ電話が使えるなら切り替え工事だけになります。

一応切り替え工事の費用が2,000円程度かかりますが、これだけでアナログ戻しが
出来るので簡単です。

ただ現在のアナログ回線の状態が全く電話の使えない状態なら大変な工事費になります。
自宅内部と自宅から電柱までの電話線もない、という場合は10,000円以上します。

まあ元々アナログ回線で電話を使っていた人のはずなので、基本的にアナログの
電話回線が設置されているはずです。

でも長年使っていない場合はアナログ回線が破損してしまっている可能性も高く
交換が必要になる、ということも多いです。

室内回線の交換だけでも派遣工事になるので、この場合最低でも7,500円くらいの
工事費が必要になります。

完全に使える状態のアナログ戻し以外ではかなりコストがかかるのが現状です。

事業者変更を使えばソフトバンク光から乗り換えても電話番号はそのまま

今まではソフトバンク光から乗り換えをする場合、必ず光回線の解約が必要だったので
上記のアナログ戻しをしないと電話番号は変わってしまうという状況でした。

でも現在は光コラボから光コラボへの乗り換えができる制度が始まりました。
それが事業者変更という手続きです。

「事業者変更」とは簡単に言えば光コラボから光コラボへの転用です。
一度光コラボに転用した回線を、さらに別に光コラボに再転用することが出来ます。

フレッツ光からソフトバンク光に転用した時には、ひかり電話で使っていた電話番号は
そのまま使い続けることが出来ました。

回線工事もなく基本的には事務手数料とプロバイダの乗り換えがある場合の
プロバイダの解約違約金だけで切り替え可能でした。

これと同じことが光コラボ同士でも出来るようになったのです。
ソフトバンク光からドコモ光に乗り換えるのも簡単です。

手続き自体も転用とほとんど変わらないので一度光コラボへの転用をした人なら
簡単に手続きをすることが出来ます。

では事業者変更で電話番号が変わらない理由を詳しく確認してみます。

事業者変更なら光回線の解約再契約がない

今までの光コラボの乗り換え、例えばソフトバンク光から乗り換える場合には
光回線の解約と新しく光回線の設置工事も必要でした。

光コラボで使った光回線を他の光コラボで使うことが出来なかったので、光回線ごと
交換する必要があったのです。

でも事業者変更ではこの光回線をそのままで別の光コラボで使う事ができる
という事になりました。

光回線の交換、撤去と再設置が無いのでひかり電話も解約する必要がありません。
そのまま使い続けることができるのです。

ただし現状ではIP電話同士の番号ポータビリティが出来ないので、電話番号を
そのまま使い続けられるのはやはり電話加入権付きの番号になりますが。

今まではアナログ戻しが出来なかったIP電話でもらった電話番号では
別の光コラボにすると必ず電話番号が変わってしまいました。

でも事業者変更なら電話加入権付きの電話番号なら変わらずに使い続けることが
ユーザーの負担無しで出来るというメリットがあります。

ひかり電話を使っているユーザーにとってはかなりおすすめの事業者変更です。

乗り換え先のプロバイダにひかり電話サービスがなくても大丈夫

気になるのはソフトバンク光から乗り換えた光コラボのプロバイダに
ひかり電話のサービスがない場合です。

ソフトバンク光ではNTTのひかり電話と同じサービス、光電話(N)という
サービスが提供されています。

でもプロバイダの中にはひかり電話と同じサービスを提供していないところも
あるはずです。

こんなプロバイダの時にはNTTがそのサービスを行うことになっています。
料金一体型とはちょっと変わってしまいますが、サービスは続けて使えます。

今まではソフトバンク光のオプションとして一緒に料金を徴収されましたが
乗り換えてからはひかり電話だけNTTから料金の請求があります。

ちなみにひかりTVでも同じようにプロバイダのサービスがなければ
NTTが継続してサービスを使えるようにサポートしてくれます。

乗り換え先の光コラボにひかり電話がなくても問題ありません。

電話番号を変えたくなければ事業者変更がおすすめ

今までは光コラボのソフトバンク光から乗り換えをすると電話番号が変わるから
乗り換えがしにくい、と思っていたユーザーも多いと思います。

でも光コラボは現在契約している携帯端末の割引を考えて契約するほうが
トータルの通信費用を考えるとおすすめです。

携帯端末をソフトバンクからドコモに乗り換えたら自宅の固定回線も
ソフトバンク光から乗り換えをしたほうがお得になります。

そんなとき、電話番号を変えたくなければ事業者変更を使いましょう。
そもそも光コラボの乗り換えならこちらの制度を使うのがおすすめです。

手続きも転用と同じで、かかる費用も事務手数料に解約する光コラボの
解約違約金くらいなので回線工事費用がかかりません。

電話回線を自分でアナログ戻しする必要がなく、電話加入権があれば
そのまま電話番号を使い続けることができます。

ひかり電話サービスを使っている人の光コラボ乗り換えなら間違いなく
事業者変更を使うことがおすすめです。

-ソフトバンク光から乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.