ソフトバンク光から乗り換え

ソフトバンク光からドコモ光にするとき、アナログ戻し不要で同じ電話番号を使う方法

投稿日:

光コラボから光コラボへの乗り換えは、今までとても大変な手続きが必要でした。
特に回線工事をする必要があるのでコストも大きくかかりました。

何よりひかり電話を使っている場合、電話番号が変わってしまう可能性があるので
中々乗り換えができなかったという人も多いのでは。

でも今なら光コラボ同士の乗り換えで電話番号を変えずに使い続ける、簡単な方法が
利用できるようになりました。

光コラボの乗り換えで電話番号を使い続けるのはアナログ戻しが必要だった

以前は光コラボの乗り換えをする場合、ひかり電話のサービスを使っているなら
電話を一度アナログ回線の利用に戻す「アナログ戻し」が必要でした。

例えばフレッツ光を使っていて、光コラボのソフトバンク光に転用した場合に
使っていたアナログ回線の電話をソフトバンク光の光電話(N)にすることができます。

まあフレッツ光に加入した時点でアナログ電話をNTTのひかり電話というサービスに
変えている場合も多いのですが。

ひかり電話というのはインターネット通信に利用している光ファイバーケーブルを
使ったいわゆるIP電話というサービスの1つです。

アナログ電話よりも通話料金が安くなるのでひかり電話に乗り換えた人も多いはず。
これをさらに光コラボに転用することが出来ます。

ちなみにアナログ電話からひかり電話にする時にはNTTが番号ポータビリティという
電話番号を変えずにひかり電話で使い続けられるサービスを行ってくれます。

そしてフレッツ光からソフトバンク光など光コラボに転用する時にもこのひかり電話の
電話番号を変更せずにそのまま乗り換えることができます。

ただ今までは光コラボから光コラボに乗り換える時にはひかり電話を一度解約する
必要があったためにそのままでは同じ電話番号が使えませんでした。

そこで元々アナログ電話で使っていた電話番号は一度アナログ回線に戻すことで
また別の光コラボで同じ電話番号が使い続けられるようになります。

これを「アナログ戻し」といい、光コラボから光コラボの乗り換えには必ず
アナログ戻しをする必要があったのです。

ひかり電話の新規加入でもらった電話番号はアナログ戻しができない

このアナログ戻しですが、問題点がありました。
それは元々アナログ回線で使っていた電話番号しか戻すことができない、ということです。

まあアナログ戻し、というくらいですからアナログ回線で使っていた電話番号を
アナログ回線に戻すということになります。

つまりひかり電話への新規加入で新しくもらった電話番号ではアナログ戻しをすることが
出来ないということになります。

ちょっと詳しく言えばアナログ回線ではNTT発番という、いわゆる電話加入権を
購入して電話番号をもらうことになります。

後に電話加入権を購入せずにアナログ電話に加入することも出来るようになりますが
こちらではアナログ戻しをすることが出来ません。

アナログ戻しが出来るのは電話加入権ありの電話番号のみ、ということになります。
そしてひかり電話ではこの電話加入権を購入することは出来ません。

基本的にひかり電話でもらう、ひかり電話発番の電話番号はその光回線を
使っているときにのみ利用できる電話番号ということになります。

光コラボに転用する時には電話番号が変わらない

基本的にひかり電話の新規加入でもらった電話番号は他のインターネット接続の
サービスで使う事ができません。

でも例外があり、フレッツ光から光コラボに「転用」する時にはひかり電話の
電話番号をそのまま使い続けることができます。

転用とはフレッツ光の契約者が光コラボに乗り換える手続きのことで
転用する時には基本的に使っている環境を変えること無く乗り換えられます。

光コラボによってはプロバイダが決まっているので、プロバイダの乗り換えによる
サービスの変更はあるのですが。

例えばフレッツ光からソフトバンク光に転用するとひかり電話が光電話(N)という
サービスに変わります。

まあ中身は変わらないのですが。
ちなみに転用先にひかり電話がない場合はNTTがそのままサービス続行します。

そしてこの転用をする時には光発番、ひかり電話の新規加入でもらった電話番号も
そのまま使い続けることができるのです。

番号ポータビリティの手続きも、ユーザーが行う必要がなくかなり簡単です。
当然元々アナログ電話で使っていた電話番号も問題なく転用できます。

アナログ戻しができない電話番号は使い続けられなかった

では光コラボから光コラボに乗り換える場合を確認してみると、以前はアナログ戻しが
出来ない電話番号は使い続けることが出来ませんでした。

以前の光コラボの乗り換えというのは光ファイバーケーブルを交換する必要があり
一度光コラボを解約して新しく別の光コラボを契約する、ということでした。

例えばソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合、ソフトバンク光を解約して
新しくドコモ光に新規加入することになります。

フレッツ光のときにひかり電話に加入して、そこでもらった電話番号は
ソフトバンク光に転用するときはそのまま使い続けることが出来ました。

でもソフトバンク光からドコモ光に乗り換える時には一度ソフトバンク光を
解約することになります。

ここでアナログ戻しができれば同じ電話番号を使い続けられるのですが
フレッツ光で新しくもらった電話加入権なしの番号ではアナログ戻しが出来ません。

ドコモ光に新規加入した時にまたひかり電話に加入しても、そこで使う電話番号は
以前のものとは違う番号ということになります。

これが光コラボの乗り換えが難しいと言われる原因の1つでした。

アナログ戻しにはかなり費用が必要になる可能性も高い

しかもアナログ戻しをするためには手続きが必要で、それに伴った工事も行われる
ということになるとかなり多くの費用が必要になります。

単純にアナログ戻しにかかる手数料だけでも3,000円程度必要ですし、アナログ回線が
使えない状態になっていればその工事費用も必要になります。

電話回線を撤去していなくても、長い間使っていないと回線自体が破損してしまって
使えなくなっていることも考えられます。

アナログ回線の交換修理では最大10,000円以上の工事費がかかる場合もあるので
合計するとかなり高い費用が必要になる、ということも。

この大きなコストも光コラボ同士の乗り換えに大きな障害になっていました。

事業者変更ではアナログ戻し不要で電話番号を使い続けられる

でも新しく始まった「事業者変更」の手続きではオプションをそのまま使い続けることが
できるようになりました。

ひかり電話も解約すること無く、別の光コラボで使えるようになったので同じ電話番号を
そのまま使い続けることができるのです。

つまりアナログ戻し不要で同じ電話番号が使えるので、アナログ戻しに必要な
工事費用などもかかりません。

かなりお得に光コラボ乗り換えが出来るようになるのが事業者変更という手続きです。
ではこの事業者変更とはどんな手続なのでしょうか。

もう少し詳しく事業者変更について確認してみます。

事業者変更とは光コラボ業者の乗り換え手続きのこと

最初にひかり電話に関するメリットを話してしまいましたが、事業者変更とは
光コラボ業者の乗り換えに関する手続きのことです。

例えばソフトバンク光からドコモ光への乗り換えにかかる手間やコストは今まで
かなり多くのユーザーへの負担になっていました。

それを解消するために、簡単な手続きでできるようにしたのが事業者変更という
新しい制度です。

実際には、今まで他の光コラボで使えなくなっていた光コラボ専用の光回線を
他の光コラボ業者でも使えるようにする、という制度です。

簡単に言えばソフトバンク光からドコモ光への乗り換えで必要だった光回線の
撤去と再設置をせずに、そのまま回線を使い回すことができます。

光回線の撤去が必要なくなったので使っていたオプションなどもそのまま
使い続けることができるようになりました。

つまりひかり電話やひかりTVの解約が必要なくなったので、ひかり電話で
使っていた電話番号もそのまま使い続けることができるのです。

手続きは転用と同じで「事業者変更承諾番号」をもらうことが必要

では実際に事業者変更をするためにはどうすればいいのか。
こちらは基本的に転用と同じ手続きで光コラボの乗り換えができます。

転用ではフレッツ光から光コラボに乗り換えができました。
その時には「転用承諾番号」というのをNTTからもらって光コラボ業者に渡しました。

これと同じ手続きで事業者変更もできる様になっています。
もらうのは「事業者変更承諾番号」になりますが。

そしてもらう先はNTTではなく現在契約している光コラボ業者です。
ソフトバンク光からドコモ光なら、ソフトバンク光に番号を発行してもらいます。

そしてドコモ光に事業者変更承諾番号を出すだけで手続きは終了です。
オプションで使っていたひかり電話などもユーザーは何もする必要がありません。

まあ乗り換える光コラボ業者にひかり電話やそれと同じサービスがない場合は
NTTに事業者変更承諾番号を教える必要があるのですが。

今までの光コラボの乗り換えと違って、光回線の撤去と再設置工事が必要ないので
コストもかなり低くなって乗り換えもしやすくなります。

アナログ戻し不要で光発番の電話番号も使い続けられる

アナログ戻しは使っていた光回線が使えなくなるので、一度電話をアナログ回線に
戻して同じ電話番号を使うために行っていました。

でも事業者変更では光回線を解約せず、そのまま使い続けるのでアナログ戻し不要
という大きなメリットがあります。

しかも転用と基本的に同じ手続きになるので、光発番の電話番号でも別の光コラボで
使い続けることができます。

フレッツ光や光コラボ業者でひかり電話に新規加入をしてもらった電話番号も
別の光コラボ業者で同じ番号を使い続けることができるのです。

インターネット回線工事が必要ない、というのもかなり大きな魅力になりますが
それと同じくらい電話番号が変わらずに使い続けられるという魅力もあります。

事業者変更はフレッツ光の手続きなのでそれ以外のサービスは注意

1つ注意点が、事業者変更は基本的にフレッツ光と光コラボに関する制度なので
それ以外のサービスについては対応していない場合も多いです。

例えばソフトバンク光の場合、フレッツ光から転用して電話を使い続ける場合は
光電話(N)というサービスになっています。

でもアナログ電話からソフトバンク光に直接IP電話の変更をする場合には
ホワイト光電話というサービスに乗り換えることもできます。

このホワイト光電話というのはフレッツ光とは違うサービスで、アナログ電話で
使っていた電話番号を使い続ける場合、番号ポータビリティが必要です。

つまりフレッツ光を通さずにソフトバンク光で提供するIP電話サービスなので
フレッツ光のひかり電話とは違うサービスということになります。

こちらを使っている場合、事業者変更では基本的にフレッツ光サービスの乗り換えを
行っているので手続き無しで乗り換えることは出来ません。

当然ソフトバンク光で行っているサービスなのでドコモ光など他の光コラボ業者では
使い続けることができなくなります。

この場合は一度ホワイト光電話からアナログ電話に戻してそれをドコモ光の
ひかり電話に番号ポータビリティするという手続きを自分で行う必要があります。

当然フレッツ光以外の光回線サービス、NURO光やauひかりでもらった電話番号を
使い続けることは出来ませんしケーブルテレビの電話番号も同じです。

事業者変更では全てのIP電話の電話番号を回線工事無しで使い続けることができる
というわけではないので注意しましょう。

-ソフトバンク光から乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.