ソフトバンク光から乗り換え

ソフトバンク光とドコモ光の速度を比較するとどっちがいい?

投稿日:

大手キャリアが提供する光コラボとして注目されているのがソフトバンク光と
ドコモ光というサービスです。

それぞれの携帯端末を使っているユーザーなら、それぞれの光コラボに申し込めば
お得に使えるようになるのですが・・・

単純に光回線の接続サービスとして通信速度を比較してみると、どちらのほうが
使いやすいのでしょうか?

ソフトバンク光とドコモ光はどちらも光コラボというサービス

簡単に説明をしていますが、ソフトバンク光とドコモ光はどちらも光コラボという
インターネット接続回線サービスの一つです。

インターネットへの接続をするためには国家資格が必要で、それを個人で取得するのは
かなり大変なことになります。

そこでインターネットへの接続を専門に行う業者、プロバイダとユーザーが契約する
ということでインターネットへの接続が出来るようになります。

当然プロバイダからインターネットへの接続回線も必要なのですが、最近では
光ファイバーケーブルを使った光回線が主流になっています。

以前はこのプロバイダと回線の契約がそれぞれ別々だったのですが、プロバイダと
光回線の1つフレッツ光を一体型の料金体系で提供することができるようになりました。

それが「光コラボ」というサービスで、プロバイダとフレッツ光を別々に契約するより
安い月額料金で使えるようになりました。

この光コラボとして提供されているサービスに「ソフトバンク光」と「ドコモ光」も
含まれている、ということになります。

光コラボでは使っている回線が全てフレッツ光

ソフトバンク光とドコモ光、どちらも光コラボのサービスの1つです。
そして光コラボとは接続回線にフレッツ光を使っています。

つまりどちらのサービスでもインターネット接続に使っている通信回線は
NTTのフレッツ光ということになります。

両方共同じ通信回線を使っているなら、どちらも通信速度は同じということに
なるのでしょうか。

まあ単純に考えれば同じ通信速度が出せる、ということになります。
一応フレッツ光の契約で同じ最高速度の契約をしていれば、ということになりますが。

ただしどんな状況、誰が契約をしてもソフトバンク光とドコモ光が同じ通信速度で
利用できるかというとそうではないのです。

インターネット接続回線の通信速度は、その利用する場所や周囲の状況によっても
大きく変わってしまうのです。

まあ単純にソフトバンク光とドコモ光を比較してどちらが速いか、という答えを
出すことは出来ないということです。

インターネット回線の通信速度はプロバイダによっても変わる

フレッツ光という同じ光回線を使っていても通信速度が変わる理由の1つには
使っているプロバイダの違いという理由もあります。

インターネット回線への接続には必ずプロバイダを通る必要があります。
そのためにプロバイダはいつでも混雑をしている、という状況です。

特に多くのユーザーが集まる時間帯にはかなりの人数が一斉にプロバイダに
集まってインターネットへ接続しようとすることになります。

これを処理しきれないプロバイダではインターネット接続までの時間がかかり
結果として通信速度が遅くなるということに。

では人のいない、人気のないプロバイダにすればいいかと言うとそれも違って
人気のないところでは設備が充実していないという場合も多いのです。

アクセス人数の多い大手のプロバイダではインターネット接続のための設備が
充実しているので一度に多くのユーザーをさばくことができます。

でも小さなプロバイダではインターネット接続の設備が整っていないので
少ない人数でもさばくのに時間がかかるという場合もあります。

それに地域によっても同じプロバイダと契約している人数は違いますし
それを把握することはユーザーには出来ないのであまり気にする必要はないかと。

ただし周囲の環境によってもインターネット回線の通信速度が変わる可能性がある
ということは覚えておきましょう。

ソフトバンク光とドコモ光のプロバイダを比較する

では通信速度に大きく関係があるプロバイダについて、ソフトバンク光とドコモ光を
比較してみることにしましょう。

まずソフトバンク光の場合、契約するプロバイダは系列会社のYahoo! BBです。
元々フレッツ光の提供もしているので有名なプロバイダの1つです。

以前から多くの通信サービスの提供をしている、老舗のプロバイダと言える
かなり古くからあるプロバイダの1つです。

今でもADSLでの接続サービスを提供しているので、こちらで契約しているという
ユーザーも多いのでは。

オプションサービスなども充実しているのですが、オリジナルのサービスも多く
他のプロバイダでは使えないサービスを使っているとちょっと大変かもしれません。

これに対するドコモ光のプロバイダなのですが、こちらはさらに変わっていて
現状20社以上のプロバイダから選んで契約が出来ます。

ドコモ光は20社以上のプロバイダから選んで契約が出来る

ソフトバンク光の場合はYahoo!BBのみプロバイダ契約が出来る光コラボでした。
でもドコモ光では20社以上のプロバイダから選んで契約が出来ます。

はっきり言えばこれはドコモ光のほうが珍しいです。
普通光コラボではプロバイダを選ぶことは出来ないからです。

プロバイダ一体型の回線提供サービスなのでプロバイダのサービスを含めて
回線契約を考えるのが光コラボです。

ソフトバンク光と同じように1つのプロバイダしか選べない光コラボは多く
BIGLOBE光や@nifty光などは当然ですがそれぞれのプロバイダのみ契約です。

ちなみにドコモ光対応プロバイダにはBIGLOBEや@niftyも含まれていて
さらに系列会社のplalaやOCNなども選ぶことが出来ます。

ソフトバンク光と違って多くのプロバイダが選べるので、単純にプロバイダを
比較するということが出来ないのですが・・・

大手プロバイダを含めて好きなプロバイダを選べるというのはメリットに
感じるかもしれません。

ただドコモ光の対応プロバイダにはYahoo! BBは含まれていませんでした。
まあ当たり前といえば当たり前なのですが。

ドコモ光のプロバイダはIPv6方式の通信サービスで選ぶ

20社以上もあるドコモ光の対応プロバイダからどこを選ぶといいのか。
一応好きなところを選べばいいと思うのですが・・・

通信速度というところから考えるなら間違いなくIPv6方式の通信サービスで
プロバイダを選ぶべきです。

光コラボならどこでも使っている通信回線がフレッツ光です。
でも通信速度はプロバイダによって大きく変わってきます。

その理由の1つには最近サービスが本格始動したIPv6方式の通信サービスへの
対応が含まれています。

IPv6方式の通信は今までのIPv4では枯渇してしまうIPアドレスの問題解消として
開発された通信方式です。

でもこの方式を使えばプロバイダの混雑を解消することが出来るので、平均的に
通信速度を高くすることに期待ができるのです。

以前は今までの通信方式と互換性のあるIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の
通信サービスを提供しているプロバイダも少なかったので選ぶことが必要でした。

最近ではかなりIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式対応プロバイダも増えているのですが
このサービスを使うための条件がプロバイダによって変わります。

サービス自体が有料というところは少ないのですが、利用条件に有料オプション加入
という条件やWi-Fiルーターレンタルが必須という条件もあります。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6方式の利用条件はプロバイダによって大きく変わるので
それを調べてプロバイダを選ぶことがおすすめです。

ソフトバンク光でもIPv6方式の通信サービスがある

ちなみにソフトバンク光でもIPv6方式の通信サービスを使う事ができます。
対応プロバイダのYahoo! BBでもサービスが利用できるのです。

ただしYahoo! BBではIPv6方式の通信をするために有料オプションの加入が
条件になっています。

しかも3種類、ただしこの有料オプションは3種類まとめてセットにすることが
出来るのでそれほど大きな負担にはならないのですが・・・

それでも月額500円が必要で、このサービスに入らない場合の通信速度は
ドコモ光のプロバイダに比べるとかなり遅くなってしまいます。

まあドコモ光でもIPv6方式の通信サービスを使う、ということが条件になりますが。
IPv6方式の通信サービスでの通信速度の違いは無いはずです。

ただし通常の通信と同じでIPv6方式の通信でも周囲の状況などで通信速度に影響が
出ることは多くあります。

やはり単純比較は難しいところですが、IPv6方式の通信サービスに関しては
ドコモ光のほうが使いやすいという印象です。

ソフトバンク光とドコモ光の通信速度の単純比較は難しい

ソフトバンク光とドコモ光はどちらも光コラボなので使っている回線はどちらも
フレッツ光で同じです。

契約内容が同じ、最高速度が同じ契約ならどちらも同じ通信速度でインターネット接続が
できるということになります。

でも実際にインターネット接続するときの周囲の状況によって通信速度は変わるので
単純に2つを比較するのは難しいです。

集合住宅なら同じ建物内に同じプロバイダが多ければそれだけで通信速度が遅くなる
ということもあります。

でも一戸建ての場合でも近所に同じプロバイダを使っている人が多ければ当然ですが
通信速度が遅くなる可能性は十分にあります。

現状ではプロバイダの混雑を回避する方法としてはIPv6方式の通信サービスを使う
というのが一番効果的でしょうか。

そしてIPv6方式の通信サービスはソフトバンク光とドコモ光のどちらでも使うことが
できるサービスとなっています。

通信速度に関してだけならソフトバンク光でもドコモ光でも変わらず、後はそれに関する
サービスの違いで選ぶということくらいでしょうか。

まあ通信速度が同じなら後は自分の携帯キャリアで光コラボを選ぶことが、一番オトクで
おすすめできる方法です。

-ソフトバンク光から乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.