ソフトバンク光から乗り換え

ソフトバンク光にドコモユーザーが申し込みすることは出来る?

投稿日:

携帯キャリアが提供する光コラボを使う場合、光コラボの特典として使っているスマホの
月額料金が割引になるなどお得なサービスを利用することが出来ます。

最近ではこの「携帯キャリアと光コラボを合わせて契約する」という方法がお得な
インターネット回線契約方法として紹介されています。

実際におすすめしやすいのは確かなのですが、ちょっとした疑問もでてきます。
例えばドコモユーザーがソフトバンク光の契約をすることは出来るのでしょうか?

光コラボはフレッツ光とプロバイダの一体型料金体系の割引サービス

結論から言ってしまえばドコモユーザーでも問題なくソフトバンク光への申込みや
利用することなど問題なくできます。

ではその理由についても考えていくことにしましょう。
まずソフトバンク光は光コラボというインターネット接続回線サービスの1つです。

光コラボとは「フレッツ光を使ったプロバイダ一体型の料金体系」の支払いができる
割引サービス、というところでしょうか。

今まではインターネットへの接続をするために、接続のための回線契約と
インターネット接続をする資格を持っている代行業者の契約が必要でした。

インターネット接続代行業者というのがプロバイダです。
インターネットに接続するためには専用の資格が必要なのです。

その資格を個人で取ることはかなり難しいので多くのユーザーが代行業者と
契約をする、つまりプロバイダとの契約をすることになります。

そしてそのプロバイダの月額料金とインターネットに接続するための回線の1つ
NTTのフレッツ光という光ファイバー回線の月額料金をセットにしています。

このセット料金がフレッツ光+プロバイダの月額料金より安くなっているのが
光コラボというサービスです。

例えばソフトバンク光の場合、一戸建てで考えればフレッツ光の月額料金が
大体6,000円位でプロバイダがYahoo! BBなので月額1,200円です。

これがソフトバンク光で契約すれば一戸建ての場合月額5,200円になります。
かなり安くなるのでとても注目されているサービスとなりました。

ソフトバンク光ではソフトバンクユーザーがお得になる特典の利用が出来る

単純にインターネット回線とプロバイダの合計金額がお得になるだけなら
どこの光コラボを使っても変わらないということになります。

そこでどんな光コラボを選べばいいのか、その選択肢として使われるのが
光コラボに加入した時に使えるお得な特典です。

プロバイダが提供するサービスや新規加入特典のキャッシュバックなども
魅力的ではあるのですが、手続きなどが面倒くさいという場合も。

それよりも継続的に使える割引特典がわかりやすくて使いやすいので私としては
おすすめします。

そしてそんな割引キャンペーンを行っているのがスマホの大手キャリアです。
まあMVNOでも割引キャンペーンはあるのですが。

特に大手キャリアは当然ですが契約人数も多く、ほとんどのキャリアでは家族も
割引対象になるのでお得感がとても高いのです。

ソフトバンク光でもソフトバンクユーザーが契約した場合、スマホで使っている
データ定額パックの割引を受けることができます。

これが契約期間内、つまり解約するまでずっと割引の適応がされるというかなり
お得感の高い特典を利用することが出来るのです。

この割引特典を使えるために同じキャリアの光コラボに加入するユーザーが多くいる
というのが現状です。

ソフトバンク光は最大1,000円の割引だけど月額500円のオプションが必要

では実際にソフトバンク光で割引される金額はどれくらいになるのでしょうか。
ソフトバンク光に加入するとおうち割という割引が適応になります。

「おうち割」とはソフトバンクの携帯端末ユーザーがソフトバンクの固定回線サービスに
加入した場合に適応される割引特典です。

しかも契約者のみではなく、契約者の家族グループ全員に適応される割引です。
家族グループは事前に申請をしておく必要があります。

割引金額は契約しているデータ定額パックの容量によって変わります。
データ定額50ギガプラスの場合は1,000円を毎月割引してくれます。

さらに他段階定額制のミニモンスターでも同額の1,000円割引があります。
こちらは最低料金で使えば月額1,980円というかなり安い金額になります。

まあ元々ミニモンスターは月額3,980円なので最低料金で使ってもMVNOよりも
かなり高いという印象ですし、50ギガプラスは月額7,480円とかなり高額です。

ちなみに今の料金プラン以前のデータ定額パックでも割引対象になっています。
データ定額5GBでも1,000円の割引というのは魅力があるのですが・・・

ソフトバンク光でおうち割を適応させるためには有料オプションの加入が条件です。
光BBユニットのレンタルなど3種類の有料オプション加入が条件になります。

一応必須オプション3種類のセットパックが月額500円で利用できるのですが
これを考えると最大割引が500円になってしまいます。

家族の誰かがソフトバンク光に加入した場合は割引も大きくなるのですが
個人で割引を使うにはちょっと条件が厳しいという印象です。

ドコモ光はドコモユーザーにおすすめしやすい光コラボ

ではドコモユーザーにおすすめできる光コラボはどこなのでしょうか。
やはりおすすめしやすいのはドコモ光ということになります。

ソフトバンク光ではソフトバンクユーザーに向けての割引特典がありましたが
ドコモ光の場合、ドコモユーザーに向けた割引特典を利用できます。

それにソフトバンク光とドコモ光はどちらも光コラボなので、使っている
光回線はどちらもフレッツ光回線です。

つまり基本的な回線速度はどちらも同じはずです。
まあインターネットの通信速度は周囲の状況などで大きく変わるのですが。

一応通信回線での速度に違いはない、ということになれば後はやはり割引が
どれだけ出来るのかということが選ぶ基準になります。

ではドコモ光の割引はどうなっているのか。
確認してみることにします。

スマホのデータ定額パックから割引だが対象外もあり

ドコモ光の場合でも家族グループに登録している全てのユーザーが割引の対象です。
家族がドコモ光に加入すればグループ全てのドコモユーザー割引対象になります。

割引金額はギガホ、ギガライト、どちらでも永年1,000円の割引です。
ドコモ光の契約をしている間はずっと1,000円の割引が適応されます。

ただし他段階定額プランのギガライトの場合、一部適応されない状況があります。
それがステップ1の最低利用容量だった場合です。

ギガライトでは毎月のデータ通信容量によって月額料金が変わります。
1GBまでの通信容量なら最低金額の2,980円で使うことができます。

ただこの場合はドコモ光に加入した場合の割引、ドコモ光セット割が適応されません。
つまり全く安くなりません。

そして3GBまではステップ2の月額料金になりますが、こちらは割引金額が500円と
少なくなっています。

3,980円の月額料金が3,480円になるというかなり微妙な割引ということに。

それと現在新規加入ができないプランでも割引が適応されます。
こちらは完全にデータ定額パックの容量で割引金額が変わります。

まあやはり他段階定額プランのベーシックパックでは割引金額が微妙になりますが。
最低利用容量の1GBでは割引が100円なのでほぼ変わらないということになります。

最大容量の20GBまで使っても割引は月額800円なのでギガライトに比べると割引は
ちょっと少ないという印象です。

ただ家族と分け合うシェアパックを使っているなら割引金額は大きくなります。
ウルトラシェアパック100GBでは月額3,500円の割引が適応されます。

元々月額料金の高いウルトラシェアパック100GBなので割引されても月額料金が
21,500円という状態なのでこちらも見病な感じになりますが。

ドコモ光セット割は有料オプション無しで適応可能

ソフトバンク光に比べてドコモ光のメリットとしてはドコモユーザーへの割引が
ほぼ条件無しで利用できることです。

ドコモ光セット割は基本的にドコモユーザーがドコモ光の月額料金の支払いをすれば
適応される割引サービスです。

しかも家族グループに参加しているユーザーは、自分がドコモ光に加入していなくても
割引を受けることができます。

まあこれはソフトバンク光でも同じなのですが、適応条件に有料オプションの加入など
コストがかからないという魅力があります。

ただしライトユーザーの場合、毎月のデータ通信容量が少ないのならドコモ光セット割を
使う意味がありません。

毎月のデータ通信容量が1GB以下ならわざわざドコモ光に乗り換える意味はない
と思います。

ソフトバンク光はペア回線なしのユーザーでも申込可能

これだけキャリアユーザーへの割引が充実している光コラボですが、実際の申込みは
ソフトバンク光にドコモユーザーが申込みをしても問題ありません。

ソフトバンク光とドコモ光では契約の時に「ペア回線」を聞かれます。
これはそれぞれの光コラボの割引を適応させるキャリアの契約者の回線です。

ソフトバンク光ならソフトバンク端末を契約しているユーザーが申し込みをすれば
その家族にもおうち割の適応をさせるという元になる回線です。

ドコモ光でもペア回線を聞かれますが、これをなしにして契約することもできます。
つまりソフトバンク光にドコモユーザーが申し込むことに問題はないのです。

新規加入キャンペーンなどでどうしても使いたい特典があるならドコモユーザーでも
ソフトバンク光に加入する、ということもあると思います。

まあキャンペーンのためだけに割引が出来ない光コラボを選ぶというのはあまり
おすすめできる方法ではありませんが。

ドコモユーザーでもドコモ光セット割の適応ができないならドコモ光を選ぶ理由は
特にないというのも事実ですし。

ソフトバンク光以外の光コラボが入れない、には注意が必要

ちょっと気になるのはドコモユーザーがソフトバンク光に加入する理由です。
口コミに「アパートで聞いたらソフトバンク光は可能でドコモ光が駄目だった」と。

引っ越しをしたアパートで管理会社にインターネットのことを聞いたら上記のように
光コラボでも契約できないところがあると言われたそうです。

そこでドコモユーザーだけどソフトバンク光に加入できるのか、と聞いたのですが。
これは基本的なことですが、まず考えられません。

どちらも使っているのはフレッツ光回線ですし、アパートなど建物には回線が1つですが
電柱から引き込んだ回線自体はフレッツ光回線です。

各部屋で分配した回線を光コラボで使うので、1つの光コラボしか加入できないという
集合住宅の光回線はまず考えられません。

可能性としては管理会社が契約した回線を分岐させて各部屋で使っているなら
考えられるのですが・・・

この場合は一度ドコモ光や他の光コラボの申込み窓口から住所などで確認してもらう
という方法をおすすめします。

-ソフトバンク光から乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.