ソフトバンク光から乗り換え

ソフトバンク光から乗り換える時に電話を残して解約できる?

投稿日:

光ファイバーケーブルを使ったIP電話は通常のアナログ電話よりも通話料が安く
お得に使う事ができると評判が高いです。

インターネット回線を光回線にした場合、このIP電話サービスに加入できるので
アナログ電話から乗り換えた方も多いと思います。

でもそんなIP電話サービスは光回線を乗り換える時に残しておくことは出来るのか。
ソフトバンク光を乗り換える場合で確認してみます。

ソフトバンク光を解約すると基本的に光回線を使った電話が使えなくなる

ソフトバンク光とはフレッツ光を使ったプロバイダ一体型の料金体系の回線サービスで
光コラボというサービスの1つです。

光コラボとはフレッツ光とプロバイダの月額料金をセットにして、通常よりもお得な
月額料金で使う事ができる割引サービスです。

ソフトバンク光ではプロバイダにYahoo! BBを使っていて、ソフトバンクのスマホを
契約しているユーザーが申し込みをするとお得になると注目されています。

つまりソフトバンク光では通信回線に必ずフレッツ光を使うことになり、そこで
使われているIP電話のサービスはNTTが提供するひかり電話というサービスです。

まあソフトバンク光ではNTTのひかり電話と同じようなサービスを自社でも
提供しているのですが。

ソフトバンク光のサービスとしてはNTTのひかり電話と同じサービスの光電話(N)と
自社のホワイト光電話というサービス提供されています。

もう1つ「おうちのでんわ」というサービスも有るのですが、これはソフトバンク光の
オプションサービスではないので後ほど説明します。

そしてこの光電話(N)とホワイト光電話はソフトバンク光の光ファイバーケーブルを
使った電話なのでソフトバンク光を解約すると使えなくなってしまいます。

ソフトバンク光解約後も電話を残したい場合は番号ポータビリティを使う

例えばインターネットの固定回線を使うことがあまりなく、スマホやモバイルルーターで
必要なことが出来るなら光回線の月額料金は余計な負担になってしまいます。

そんな時には固定回線の解約というのはおすすめできるのですが、この時にひかり電話等
IP電話サービスは使えなくなってしまいます。

まあひかり電話もホワイト光電話もどちらも光ファイバーケーブルを使った電話なので
光回線の契約を止めてしまえば使えなくなるのはわかってもらえるかと。

でも電話だけは続けて使いたいという場合には使っていたひかり電話やホワイト光電話を
番号ポータビリティでアナログ電話に戻す、という方法があります。

いわゆる「アナログ戻し」という方法ですが、ひかり電話やホワイト光電話などの
IP電話サービスをアナログ電話サービスに戻すことから、そう言われています。

光回線を使った電話サービスは光回線を解約すれば使えなくなりますが、アナログ回線は
光回線とは関係なく使い続けることができます。

そこで一度光回線を使ったIP電話にしたサービスをもう一度アナログ回線で
使う事が出来るように戻す設定をすることで電話を残すことが出来るようになります。

アナログ戻しが出来るのはNTT発番の電話番号のみ

ソフトバンク光の解約をして光回線が使えなくなったとしてもアナログ戻しをすれば
電話自体は使い続けることができます。

ただ全てのIP電話サービスのアナログ戻しでアナログ電話に出来るわけではなく
アナログ戻しをするためには条件があります。

その条件とは「NTT発番の電話番号」ということです。
簡単に言えばNTTから電話加入権を購入している電話番号ということです。

NTTのひかり電話やソフトバンクのホワイト光電話は元々アナログ回線での
電話番号を持っていない人でも加入することができます。

その場合は新しく光回線の電話番号で使える「光発番の電話番号」をもらいます。
そしてこの電話番号は基本的に光回線でのみ利用することが出来ます。

元々アナログ電話で電話番号を持っていて、その電話番号をひかり電話などの
IP電話でも使い続けたいという場合に番号ポータビリティをします。

番号ポータビリティとはアナログ電話で使っていた電話番号をひかり電話などの
IP電話でも使えるように、電話番号を移行することです。

この番号ポータビリティをしてひかり電話で同じ電話番号を使っていたなら
アナログ戻しをする事ができます。

でもソフトバンク光やフレッツ光で新しくひかり電話やホワイト光電話に加入して
電話番号をもらった場合にはアナログ回線に電話番号を移行することが出来ません。

おうちのでんわはソフトバンク独自の固定電話サービス

もう1つ、おうちのでんわというサービスがソフトバンクにはあります。
こちらはソフトバンク光とは関係ない、ソフトバンクの電話サービスの1つです。

こちらの特徴は「今まで使っていた電話機材など環境を変えずにIP電話を使える」
というところにあります。

基本的におうちのでんわとはアナログ回線を使わないサービスですが、ひかり電話や
ホワイト光電話と違って光回線を使った電話回線サービスではありません。

一応ソフトバンクではIP電話サービス、と言っていますが光回線ではなくスマホと
同じ4G/LTE回線を使った電話サービスです。

通話料金などがひかり電話やホワイト光電話と同じなのでIP電話という形で
サービスを行っていますが、光回線に関係なく使うことができます。

アナログ海鮮で使っていた電話機などもそのまま使い続けることができます。
回線はでんわユニットという独自の機材に接続することになります。

電話を残したい、というだけならこんなサービスも利用できます。

おうちのでんわでは電話番号が変わる可能性もある

電話を残したいだけならおうちのでんわが簡単なのですが、こちらの場合には
電話番号が変わる可能性があります。

先程のようにNTT発番の電話加入権を持っている電話番号なら問題ないのですが
ひかり電話やホワイト光電話から使い始めた電話番号は変わる可能性があります。

IP電話の場合は電話番号の管理がそれぞれの回線提供会社等が別々に行っていて
同じ電話番号が使われている可能性があるのです。

電話番号を持っていない人がおうちのでんわに加入することも出来ますし、その時に
新しく電話番号をもらうことができます。

つまりおうちのでんわに乗り換えたいと思ったひかり電話ユーザーは同じ電話番号が
すでに使われてしまっている可能性があるのです。

この場合は電話番号を変えることになります。
必ず同じ電話番号が使える、という訳では無いので注意しましょう。

ソフトバンク光から乗り換えて電話番号を残したいなら事業者変更

ではソフトバンク光から別の光コラボに乗り換える時に電話番号を残したい場合は
どうすればいいのか。

こんな時には事業者変更を使うことがおすすめです。

事業者変更とは光コラボから光コラボに乗り換えるための制度です。
今までは光コラボ同士の乗り換えには解約と再契約が必要でした。

同じフレッツ光を使う光コラボ同士でも、一度光コラボの契約をするとフレッツ光回線が
その光コラボ専用に卸されてしまうので別の光コラボで使えなくなってしまいました。

これでは乗り換えをしたいというユーザーの負担が大きくなりすぎるので、光コラボの
乗り換えを簡単にできる制度が始まりました。

これが事業者変更なのですが、そのメリットは光コラボ同士の乗り換えだけではなく
ひかり電話の乗り換えにも大きく影響をしています。

まずは事業者変更を使うことでどれくらいお得になるのか、確認してみましょう。

事業者変更では光回線の撤去と再設置が必要ない

今までの光コラボの乗り換えでは光回線を一度撤去して、新しく設置する工事が必要で
そのコストと手間がとても大きな問題になっていました。

でも事業者変更を使えば光回線を使い続けることができます。
回線工事が必要なくなり、工事費用が必要なくなります。

手続きもフレッツ光から光コラボにするときの「転用」とほとんど同じなので
一度転用をしているユーザーなら問題なくできるというのも魅力的です。

そして光回線を祖のまま使い続けることができる、という事業者変更のメリットは
単純に光コラボ同士の乗り換えを手軽にするだけではありませんでした。

光回線を使ったオプションサービスの乗り換えも簡単にできるようにしたのです。
つまりひかり電話の乗り換えもとても簡単にできるようになったのです。

ソフトバンク光から乗り換えても同じ電話番号を使う事ができる

ソフトバンク光から他の光コラボに乗り換えた場合、以前はアナログ戻しをしなければ
同じ電話番号を使い続けることが出来ませんでした。

でも事業者変更では光回線の解約が必要なくなったので、ひかり電話の電話番号も
そのまま乗り換えた光コラボで使い続けることができるようになりました。

しかもアナログ戻しをする必要がないのでNTTの電話加入権がない電話番号でも
そのまま使い続けることができるのです。

ソフトバンク光に加入した時にひかり電話に加入、その時にもらった電話番号は
光発番なのでアナログ回線に番号ポータビリティを行うことが出来ません。

でも事業者変更ではアナログ戻しが必要ないのでこの光発番の電話番号でも
問題なく使い続けることができるのです。

単純にアナログ戻しにかかる手数料などが必要ない、ということも大きなメリットに
なっていると思います。

ソフトバンク光解約の場合はちょっと注意が必要

ただソフトバンク光を解約する場合、電話番号を使い続けるなら1つ注意が
必要になります。

それはソフトバンク光を使っている時にIP電話サービスとして光電話(N)ではなく
ホワイト光電話を使っていた場合です。

フレッツ光からソフトバンク光に転用した場合、使っていた電話番号はそのまま
ひかり電話から光電話(N)に引き継がれます。

でもソフトバンク光に新規加入をした場合、使っていたアナログ電話の番号は
ホワイト光電話か光電話(N)のどちらかを選んで移行させることになります。

このアナログ電話の電話番号移行手続き自体はソフトバンク光が代行しているので
ユーザーとしては何もせずに手続きが完了します。

でも実際には光電話(N)かホワイト光電話に番号ポータビリティをしています。
そしてホワイト光電話はソフトバンク光のオプションではありません。

つまりホワイト光電話を選んだ場合、事業者変更でソフトバンク光から乗り換える時に
アナログ戻しをしなければ同じ電話番号を使い続けることが出来ません。

事業者変更は基本的に光コラボ、つまりフレッツ光に関する回線乗り換えの制度なので
フレッツ光と光コラボ以外のオプションに関しては何も出来ません。

ソフトバンク光のオプションの光電話(N)なら電話番号の移行手続きができます。
でもホワイト光電話の場合は自分で手続きが必要なので注意しましょう。

-ソフトバンク光から乗り換え

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.