ADSL

モデムが故障した!交換してもらえる?

投稿日:

自宅で動画でも見ようと思ったのにインターネットに繋がらない!
なんてことが時折ありますよね。

最近はインターネットありきの生活をしている人も多いですから、
インターネットが使えなくなると軽いパニック状態になってしまいます。

まあ大抵はWiFiルーターのケーブルが外れているなどのちょっとしたことが原因で、
すぐに復旧できるケースも少なくありません。

ところがインターネット回線の終端装置である「モデム」が故障しているとなると、
ユーザーの力だけで復旧させるのは難しいです。

インターネット回線のモデムは、一部買い取っている場合もありますが、基本的に
レンタルですから故障した場合には回線事業者に交換してもらうことができます。

そこで、インターネット回線のモデムが故障した場合に交換してもらう方法について
詳しく説明しましょう。

モデムが原因でインターネットが使えなくなっても、一概にモデムが故障しているとは
限りませんから、モデムが故障しているかどうかの見分け方も紹介しますよ。

光回線ではモデムは使わない?

一般的にインターネット回線の終端装置のことをひとまとめにして「モデム」と言うことが
多いですが、実は光回線ではモデムを使わないことも珍しくありません。

光回線の終端装置には
 ・ONU
 ・VDSLモデム
の2種類があります。

この内、主に使われるのが「ONU」で、「VDSLモデム」は光回線の配線方式として
VDSL方式を採用している集合住宅ぐらいでしか使いません。

なので光回線でもモデムを使うことはあるんですが、
基本的には光回線の終端装置としてはONUを使うのが一般的なんですね。

ただしONUのことをモデムと表現しても話は通じますから、回線事業者の
サポートセンターに電話する際に「モデムが故障した」と言っても理解してもらえますよ。
(「ONUのことですか?」と聞き直される可能性はある)

ONUとモデムは何が違う?

ONUとモデムには
 ・ONU・・・光信号とデジタル信号を相互に変換する
 ・モデム・・・アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する
という機能の違いがあります。

パソコンやスマホといった通信機器はデジタル信号を使って通信していますが、
光回線は光信号を使って通信します。

ですからパソコンやスマホと光回線をそのまま接続しても、対応する信号が違うので、
正常に通信することができません。

そこでONUが光信号とデジタル信号を相互に変換して、
パソコンやスマホと光回線を接続して通信できるようにしているわけです。

簡単に言うと、母国語しか話せない日本人とアメリカ人の間に入って
会話を成立させる通訳の役割をONUは果たしているんですね。

VDSL方式ではアナログ電話回線を使う

VDSL方式が採用されている集合住宅では、
光回線の終端装置としてVDSLモデムが使われます。

これはVDSL方式がアナログ電話回線を使う配線方式だからです。

マンションなどの集合住宅では、最寄りの電信柱から光ケーブルを建物内に引き込むと、
一旦「MDF室」などの共用部に収容します。

共用部に引き込まれた光ケーブルは「集合型回線終端装置」に接続され、
さらにその集合型回線終端装置と「VDSL集合装置」が接続されます。

そしてVDSL集合装置から各部屋までは、
固定電話の回線であるアナログ電話回線を使って光回線を分配しています。

集合住宅の部屋と共用部の間はアナログ電話回線で繋がっているので、
集合住宅の部屋には光回線の終端装置としてデジタル信号とアナログ信号を変換する
VDSLモデムが設置されるわけです。

ちなみに部屋から共用部に送られたアナログ信号は、
VDSL集合装置で再びデジタル信号に変換され、
さらに集合型回線終端装置で光信号に変換されることになります。

またインターネット回線としてアナログ電話回線を使う「ADSL」でも、
回線終端装置としてモデムが使われます。

ISDN回線の終端装置は「ターミナルアダプタ」

光回線の終端装置はONU、ADSLはモデムですが、
「ISDN」回線の終端装置は「ターミナルアダプタ」となります。

厳密に言うと、ターミナルアダプタにONUやモデムのように信号を変換する機能は無く、
ターミナルアダプタに接続もしくは内蔵されている「DSU」という機器が信号を
変換しています。

そのままではISDN回線に接続できないパソコンや電話、
FAXなどをISDN回線に接続するための装置なんですね。

インターネット回線と通信機器を接続するための装置と言う意味では、
モデムもONUもターミナルアダプタの1種と言うこともできます。

モデムが故障しているかどうかを見分けるには

モデムやONUにはいくつかランプが付いており、そのランプが点いている・消えている・
点滅していることでモデムやONU、回線の状態を推測できるようになっています。

まず光回線のONUには
 ・AUTH
 ・UNI
 ・PON/TEST
 ・POWER/FAIL
もしくは
 ・STATUS
 ・FIBER
 ・LINK
 ・FULL
といった4つのランプが付いています。
(光回線の種類によってはランプの数や表現が違う場合もある)

この内
 ・AUTHが消灯
 ・PON/TESTがオレンジ色で点灯
 ・POWER/FAILが赤色で点灯
 ・STATUSが赤色で点灯
 ・FIBERが赤色で点滅
の場合はONUに故障が発生している可能性が高いです。

VDSLモデムの場合

VDSLモデムやADSLのモデムもONUと同じように、
本体のランプでモデムが故障しているかどうかを見分けることができます。

モデムが故障しているかどうかを見分ける際に重要な役割を果たすのは、
 ・ONLINE
 ・CABLE(CBL)
 ・INTERNET
 ・RF
 ・RCV
 ・SND
 ・RDY
 ・SYNC
のランプです。

モデムの機種によって表現が違いますが、
いずれもインターネット接続の状態を表すランプとなっています。

このランプが消えているもしくは赤色で点滅している場合は、
モデムに故障が発生している可能性があります。

ターミナルアダプタの故障は固定電話でも見分けられる

ISDNのターミナルアダプタは、「ACTランプ」が赤色で点滅していて、
点滅の間隔が長い場合には故障している可能性があります。

ISDNはインターネット回線としてだけでなく固定電話回線としても使いますから、
ターミナルアダプタが故障した場合には固定電話も繋がらなくなります。

ですからターミナルアダプタの故障は、
ランプよりも固定電話が繋がるかどうかで判断した方が良いかもしれないですね。

モデムやONUを交換する方法

光回線の終端装置として使っているモデムやONUは、
基本的に回線事業者からレンタルしているものです。

なので光回線のモデムやONUが故障した場合には、
新しいものに交換してもらうことができます。

モデムやONUの交換では
 ・自分でモデムやONUが故障しているかを診断する
 ・回線事業者のサポートセンターに連絡して、モデムやONUの交換を申し込む
 ・スタッフが来訪して交換もしくは新しいモデムやONUが送られてきて自分で交換
 ・モデムやONUに初期設定を施す
が大まかな流れとなります。

サポートセンターに連絡する前に

ランプの状態でモデムやONUの故障が疑われる場合には、
すぐに回線事業者のサポートセンターに連絡したくなりますよね。

しかしサポートセンターに連絡しても、まずは
 ・ケーブルの挿し直し
 ・モデムやONUの再起動
 ・ID、パスワードの再入力
などといったことを試すように言われます。

なのでサポートセンターに連絡する前に、これらユーザーができる自己診断は
全て行っておくことで、モデムやONUの交換手続きがスムーズに進みますよ。

具体的にどういったことチェックすれば良いかは、NTT東日本・NTT西日本それぞれの
公式サイトにあるトラブルシューティングのページで確認できます。

NTTのトラブルシューティングのページを紹介しましたが、
光回線事業者の公式サイトには同様のトラブルシューティングページがあるはずです。

なのでNTTのサイトでなくても、自分が使っている光回線の公式サイトで
トラブルシューティングページを確認してももちろん構いませんよ。

サポートセンターに連絡する

ケーブルの挿し直しや再起動などを自分でできることを試しても復旧しない場合は、
回線事業者のサポートセンターに連絡します。

NTTのフレッツ光を利用している場合は
 ・NTT東日本・・・0120-000113(https://flets.com/customer/contact_tel.html)
 ・NTT西日本・・・0120-248995
(https://www.ntt-west.co.jp/share/inquire.html#modal-flets-kosyo)
がサポートセンターの連絡先となっています。

受付時間は9時から17時までで、
年末年始(12/29~1/3)を除いて土日祝日でも受け付けてくれますよ。

ちなみに、自宅が「新潟・長野・山梨以東」にある場合はNTT東日本、
「富山・岐阜・静岡以西」にある場合はNTT西日本の管轄となります。

NURO光やauひかりを利用している場合

フレッツ光ではなく「NURO光」や「auひかり」を利用していてモデムやONUが
故障した場合には、
 ・NURO光・・・0120-300-260(https://www.so-net.ne.jp/support/contact/tel/nurotech/)
 ・auひかり・・・0077-7076
(https://www.au.com/support/inquiry/internet/?bid=cs-support-ivrtop-0002 )
でそれぞれ交換を申し込むことができます。

NURO光の受付時間は9時から21時で1/1と1/2のみ休業、
auひかりの受付時間は9時から23時で年中無休となっています。

ただしauひかりについては、利用しているプロバイダが「au one net」以外の場合は
それぞれ利用しているプロバイダに問い合わせないといけません。

auひかりプロバイダの問い合わせ先、受付時間、休業日はauひかりの
公式サイトで確認できます。

光コラボを利用している場合

ドコモ光やソフトバンク光などの「光コラボ」は、NTTのフレッツ光の回線を使っており、
モデムやONUもNTTのものを使います。

とは言え、モデムやONUが故障した際に先に紹介したNTTのサポートセンターに
連絡しても受け付けてもらえません。

光コラボを利用していてモデムやONUが故障した場合には、
それぞれ契約している光コラボ事業者に問い合わせることになります。

数百社ある光コラボ事業者のサポートセンターを全て紹介することはできないので、
主な光コラボ事業者の連絡先だけ紹介しておきます。

光コラボ事業者のサポートセンターの電話番号と受付時間は
 ・ドコモ光(https://www.nttdocomo.co.jp/support/inquiry/index.html#phone)
ドコモのスマホ、携帯電話からは(局番なし)151
一般電話からは0120-800-000
受付時間は9時から20時、年中無休
 ・ソフトバンク光(http://ybb.softbank.jp/support/inquiry/sbhikari/)
0800-111-2009
受付時間は10時から19時、年中無休
 ・OCN光(https://mypage.ntt.com/ksupport/ocn/tel/047540/)
0120-047-540
受付時間は9時から19時30分、年中無休
19時30分から翌9時までは録音で受付、翌日以降に折り返しの連絡が来る
 ・So-net光(https://www.so-net.ne.jp/support/contact/tel/support/)
0120-80-7761
So-netフォンやIP電話からは0503-383-1414
受付時間は9時から18時、1/1と1/2は休業
 ・ビッグローブ光(https://support.biglobe.ne.jp/ask/)
一般電話からは0120-68-0962
スマホや携帯電話、IP電話からは03-6328-0962
受付時間は9時から18時、年中無休
 ・@nifty光(https://support.nifty.com/support/madoguchi/tel/customer.htm)
0570-03-2210
ナビダイヤルが利用できない場合は03-6625-3232
受付時間は9時から19時、年中無休
などとなっています。

ADSLを利用していてモデムが故障した場合

光回線ではなくADSLを利用していてモデムが故障した場合の連絡先も
紹介しておきます。

現状でも利用できるADSLは「フレッツADSL」と「Yahoo!BB ADSL」の2種類で、
それぞれのサポートセンターの電話番号と受付時間は下記の通りです。
 ・フレッツADSL
NTT東日本(https://flets.com/customer/contact/contact_adsl.html)
 0120-000113
 受付時間は9時から17時、年末年始は休業
NTT西日本(https://flets-w.com/user/inquiry/)
 0120-248995
 受付時間は9時から17時、年末年始は休業
 ・Yahoo!BB ADSL(http://ybb.softbank.jp/support/inquiry/adsl/102i.html)
0800-1111-820
受付時間は10時から19時、年中無休

NTT東日本・西日本はともにフレッツADSL専用窓口は設けておらず、
フレッツ光と同じ受付窓口となっています。

ISDNのターミナルアダプタは交換してもらえない

ISDNを利用していてターミナルアダプタが故障したとしても、
モデムやONUのように交換してもらうことは基本的にできません。

ISDNのターミナルアダプタはレンタル品ではなく販売品なので、故障した場合には
NTTに問い合わせるか自分で調達するしかありません。

ターミナルアダプタが故障した場合の問い合わせ先については記載がありませんが、
恐らくモデムやONUと同じ
 NTT東日本(https://flets.com/customer/contact/contact_adsl.html)
  0120-000113
  受付時間は9時から17時、年末年始は休業
 NTT西日本(https://flets-w.com/user/inquiry/)
  0120-248995
  受付時間は9時から17時、年末年始は休業
が受付窓口になっているはずです。

ISDNのユーザーはかなり減っているものの、NTTの公式オンラインショップ
 ・NTT東日本(https://web116.jp/ced/personal/isdn/index.html)
 ・NTT西日本(http://www.ntt-vshop.com/item/9000018.html)
や一部の通販サイトでも購入できますよ。

サポートセンターに連絡する際は契約書類を用意しておく

サポートセンターに連絡する際には、
光回線の契約時に送られてきた契約書類を用意しておきましょう。

サポートセンターへの問い合わせでは、本人確認として名前や住所、電話番号に
加えて会員IDが求められます。

光回線の会員IDはアルファベット(大文字と小文字が混ざっていることも)と数字が
ランダムに組み合わさったもので、簡単には覚えられません。

また住所や電話番号も契約時に登録した正式なものでないといけませんし、
スムーズに問い合わせるためには契約書類が手元にあった方が良いんですね。

新しいモデムやONUに交換してもらう、自分で交換する

サポートセンターに問い合わせてモデムやONUが故障していることが認められると、
新しいモデムやONUに交換してもらえます。

交換の方法は
 ・担当スタッフに来訪してもらい交換してもらう
 ・新しいモデムやONUを送ってもらい自分で交換する
のいずれかから選べます。

担当スタッフに交換してもらう場合、出張費や作業費は発生しませんし、
故障したモデムやONUは持って帰ってくれます。

ただ日程調整が必要で、
場合によっては問い合わせてからスタッフの来訪まで数日かかる恐れがあります。

自分で交換する場合は、
問い合わせた翌日・翌々日ぐらいには新しいモデムやONUが手元に届きます。

もちろんマニュアルはありますが、自分でモデムやONUの交換作業を行うことに
なりますし、故障したモデムやONUを回線事業者に送り返さないといけません。
(返送先や返送方法の案内は新しいモデムやONUに同封されている)

新しいモデムやONUに初期設定を施して交換完了

自分で交換した場合はもちろん、担当スタッフに交換してもらった場合でも
新しいモデムやONUの初期設定はユーザー自身が行うことになります。

WiFiルーターを使っている場合は、
新しいモデムやONUとWiFiルーターの接続と設定もしなければなりません。

もし自分で設定を施す自信が無いのであれば、
担当スタッフが来訪して設定作業を代行してくれる訪問サポートを利用しましょう。

担当スタッフにモデムやONUを交換してもらう場合は、
問い合わせの際に訪問サポートも同時に利用することを伝えておくと良いですよ。

ただし訪問サポートには別途料金が必要で、
モデムやONUの初期設定だと出張費と作業費で10,000円ぐらいはかかります。

モデムやONUの交換は必ずしも無料じゃない

モデムやONUの交換には一定の基準があり、場合によっては故障したモデムや
ONUを交換するのに費用が発生するケースもあるんです。

無料でモデムやONUを交換してもらえるのは
 ・通常使用の範囲内でモデムやONUが故障した場合
 ・経年劣化によってモデムやONUに重大な不具合が生じた場合
のいずれかです。

落下や水濡れなどユーザーの過失に因る故障の場合は無料交換の対象外で、
新しいモデムやONUに交換するのに料金が発生します。

また経年劣化と言っても単にモデムやONUが古くなっただけでは交換できず、
回線事業者側の判断となります。

なので同じモデムやONUを長年使っていてインターネット接続が不安定に
なったような気がするといった場合は、回線事業者に相談してみましょう。

モデムやONUの交換にかかる費用は、機器代だけで10,000円前後、担当スタッフに
交換してもらう場合は出張費と作業費(5,000~7,000円程度)がプラスされます。

無料で交換できるはずが有料になることも

故障したモデムやONUを無料で交換してもらえるはずが、
後で有料に変わることもあります。

サポートセンターに問い合わせた時点では、回線事業者側はモデムやONUが
故障した原因が分かりませんから、無料で交換してもらえます。

しかし故障したモデムやONUを技術的に分析した結果、ユーザーの過失に因る
故障だと判明した場合には、後で機器代と交換費用を請求されることになります。

ADSLだとモデムを購入していることも

光回線でモデムやONUを購入することはありませんが、
ADSLだと事業者によってはモデムが購入できる場合があります。

ADSLでモデムを購入している場合は、当然ですがモデムが故障したとしても
新しいモデムに無料で交換してもらうことはできません。

購入しているモデムが故障したら新しいモデムに交換してもらうことはできますが、
新しいモデムの機器代が発生します。

「モデムやONUを無料で交換します」という電話には要注意

「光回線のモデムやONUを無料で交換します」という電話が、
NTTやフレッツ光を名乗る業者からかかってくることがあります。

これはフレッツ光以外の光回線の代理店が、
NTTやフレッツ光を装って電話をかけてきている可能性が高いです。

実際にこうした勧誘電話を信じて交換をお願いしたところ、それまで使っていた
光回線とは別の光回線に乗り換えさせられてしまったなんてこともあるんですね。

また無料交換と言っておきながら、無料なのは機器代のみで、
高額な交換費用を請求されるといったこともあります。

元電電公社であるNTTはそんなに親切な会社ではないので、
ユーザーが申し込んでもいないのにNTTからモデムやONUの交換を
勧誘してくることはまずありません。

何らかの理由でNTTからモデムやONUの交換を依頼してくる場合は、
電話ではなくダイレクトメールなどを送ってきます。

ですからNTTやフレッツ光を名乗ってかけてくる電話は、
ほぼ100%こちらを騙そうとしている電話だと思っておいた方が良いですよ。

故障したモデムは無料で交換してもらえるが・・・

モデムやONUが故障した場合には、その原因がユーザー自身に無ければ、
無料で交換してもらうことができます。

ですからインターネットに繋がらないのがモデムやONUの故障にあると
考えられる場合には、とりあえずサポートセンターに連絡してみましょう。

ただしモデムやONUを無料で交換してもらいたいがために、
故障した原因に心当たりがあるのに「心当たりが無い」とウソをついてはいけませんよ。

-ADSL

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.