ADSL

ADSLは廃止されても田舎なら使える?

投稿日:

ADSLの廃止時期が近付くに連れて、
ADSLから光回線へ乗り換えるユーザーが増えていきます。

光回線に乗り換えられるユーザーは良いですが、田舎や山間部など光回線が
開通していない地域では光回線に乗り換えたくても乗り換えられませんよね。

光回線が開通していない田舎や山間部などでは、ADSLが廃止されることで
自宅でインターネットが使えなくなると危惧している人も多いはずです。

そこで光回線が開通していない田舎や山間部でADSLが廃止になったら
どうすれば良いのかを、詳しく見ていきましょう。

ADSLはいつまで使える?

ADSLがあと数年で廃止されるのはよく知られていますが、具体的な廃止時期は
 ・NTTのフレッツADSL・・・2023年1月末
 ・ソフトバンクのYahoo!BB ADSL・・・2024年3月末
となっています。

ちなみにもう1つ「イー・アクセスADSL」というサービスがありますが、
こちらは現在ソフトバンクグループの傘下に入っています。

ですからイー・アクセスADSLもYahoo!BB ADSLと同じで、
2024年3月末でサービスが終了となります。

現状でもADSLの契約件数は100万件を超えていると言われており、ADSLの
廃止時期が近付くと光回線などへの乗り換え手続きが混雑することは必須です。

ADSL廃止まで時間的に余裕があるとは言え、
できるだけ早く乗り換えの検討を始めた方が良いですよ。

Yahoo!BB ADSLは2020年3月から廃止が始まる

Yahoo!BB ADSLの廃止時期は2024年3月末となっていますが、
2020年3月から順次ADSLサービスが廃止されることになっています。

2020年3月から地域ごとにADSLを廃止していき、
最終的に2024年3月末で全ての地域でYahoo!BB ADSLが使えなくなるんですね。

実際にADSLが使えなくなる半年ほど前にソフトバンクから通知が来るので、
さすがに「明日でADSL廃止」とはなりません。

しかしソフトバンクからの通知がいつ来るか分かりませんから、
フレッツADSLより廃止時期が遅いとは言え、
Yahoo!BB ADSLユーザーに悠長に構えている時間はありませんよ。

光回線が開通していない田舎や山間部ではADSLは廃止されない?

ADSLが廃止されるのは光回線が使える地域だけで、
光回線が開通していない田舎や山間部では基本的にADSLは廃止されません。

実際にNTT東日本の公式サイト(https://flets.com/adsl/)に、「サービス提供終了までに
『フレッツ光』が提供されないエリアにおいては、『フレッツADSL』の新規申し込み
受付終了およびサービス提供終了の予定はございません」と記載されています。
(「」内は引用)

ですから現時点でフレッツ光が開通しておらず、さらに2023年1月末までに開通する
予定もない地域では引き続きADSLが使えるってことなんですね。

ただしこれはあくまでNTTのフレッツADSLの話で、
ソフトバンクのYahoo!BB ADSLは光回線が開通していない地域でも廃止となります。

将来的にはADSLが全面的に廃止される可能性大

NTTはフレッツ光が開通していない地域ではADSLを廃止しないとしていますが、
将来的には光回線が開通していない田舎や山間部でもADSLが使えなくなる可能性が
高いです。

ADSLが終了する大きな原因は
 ・ユーザー数の減少
 ・保守部品の枯渇
です。

ADSLのユーザー数はピーク時の10分の1程度にまで減っており、
このまま減り続けると採算が取れなくなります。

ADSLに限らず通信サービスでは、
通信品質を維持するために定期的に基地局などのメンテナンスを行います。

ところがADSLのメンテナンスに必要な部品の生産が終了したため、部品の在庫が
無くなったらメンテナンスができず、ADSLの通信品質が維持できなくなります。

1つ目のユーザー数の減少はともかくとして、
2つ目の保守部品の枯渇はADSLサービスの提供を光回線が開通していない
田舎や山間部に限ったからと言って解決する問題ではありません。

なのでADSLの保守部品が完全に枯渇してしまうと、
光回線が開通していない田舎や山間部でもADSLが廃止されてしまうというわけです。

光回線が開通していないのにADSLが廃止される地域もある!?

光回線が開通していないにも関わらず、
フレッツADSLもYahoo!BB ADSLも廃止されてしまう地域もあるんです。

「オガールプロジェクト」の成功例として全国の自治体から注目を集めている
岩手県紫波町にある「佐比内地区」が、光回線が開通していないのにADSLが
廃止される予定だった地域です。
(その後光回線が開通することになった)

オガールプロジェクトの詳しい説明は省きますが、簡単に言うと、
国の補助金に頼らないまちづくりを行う地方創生政策のことです。
(補助金を一切貰わないわけじゃない)

この佐比内地区は山間部にある400世帯ほどの集落で、
お年寄りの割合が多いいわゆる田舎と言われる地域です。

そのためNTTは人口増加が見込めないということで、光回線は開通せず、
ADSLも廃止することとしました。

こうした人口増加が見込めない地域にインフラをするための補助制度があるんですが、
オガールプロジェクトを推進している町長はこれを利用せず、佐比内地区は
見捨てられた形となってしまったんですね。

その後、佐比内地区の住民の強い要望が町長を翻意させて、
補助金を活用して佐比内地区に光回線が開通されることが決まりました。

全国には紫波町以外にもオガールプロジェクトを推進しているところがあり、
顕在化していないだけで佐比内地区と同じように光回線が開通していないのに
ADSLが廃止される地域があるのかもしれないですね。

自分の住んでいる地域で光回線が使えるかどうかを調べるには

ADSL廃止に伴う乗り換え先としては光回線が第1候補に上がりますが、まずは
光回線が自分の住んでいる地域で利用できるかどうかを確認しないといけません。

隣近所で光回線を使っている家があるなら、間違いなく自宅でも光回線が使えます。

隣近所に光回線を使っている家が無いのであれば、
 ・フレッツ光(新潟、長野、山梨以東はNTT東日本、
富山、岐阜、静岡以西はNTT西日本)
 ・NURO光(北海道、関東、東海、関西、九州の各一部エリアのみ)
 ・auひかり
 ・コミュファ光(中部電力管内のみ)
 ・eo光(関西電力管内のみ)
 ・Pikara(四国電力管内のみ)
 ・MEGA EGG(中国電力管内のみ)
 ・BBIQ(九州電力管内のみ)
の各光回線事業者の公式サイトで提供エリアが確認できます。

自宅で光回線が使えるかどうかに加えて、光回線について聞きたいことがある場合は、
それぞれの回線事業者に電話で問い合わせるのも良いですね。

光回線が開通していない地域に自費で光回線を開通させることは可能?

自宅周辺に光回線が開通していなくても、
自費で光回線を開通させることができないことはありません。

スマホの電波すら届かない田舎や山間部だとさすがに厳しいですが、
スマホが通じる地域であれば、その地域にスマホの電波を飛ばしている基地局には
間違いなく光回線が開通しています。

工事費を負担するのでスマホの基地局周辺の電信柱から自宅まで光ケーブルを
引っ張って欲しい、とNTTにお願いすれば良いわけです。

ただ通常の光回線の開通工事とは違うので、
工事費がいくらぐらいかかるのか想像もつきません。
(数万円程度という話もある)

また光回線を開通させた以上、
回線事業者は通信品質を維持するためにメンテナンスを行わないといけません。

光回線事業者は私企業ですから、たった1軒のためにコストをかけて
定期的にメンテナンスを行うのはちょっと考えにくいです。

ですから一応自費で光回線を開通させることは可能ではありますが、
実際に自費で光回線を開通させるのはかなり難しいと言わざるをえないですね。

光回線が使えない田舎や山間部はポケットWiFiを検討すべし

光回線が開通していない田舎や山間部では、
ADSL廃止に伴う乗り換え先として「ポケットWiFi」を検討するのも1つの方法です。

ポケットWiFiと言うと、
スマホと同じように1か月に使える通信量に制限があるというイメージも強いですよね。

確かに通信量に制限が設けられているポケットWiFiもありますが、
通信量が無制限に使えるポケットWiFiが最近は増えています。

またポケットWiFiは持ち運んで使うものというイメージもありますが、ADSLや
光回線などの代わりとして使うことを前提としたサービスや端末も登場しています。

スマホが使えればポケットWiFiは使えますから、光回線が開通していない田舎や
山間部ではADSL廃止に伴ってポケットWiFiに乗り換えるのもアリですよ。

田舎や山間部で使うならLTE対応のポケットWiFi

光回線が開通していない田舎や山間部でポケットWiFiを使うのであれば、
LTE回線に対応したポケットWiFiを選びましょう。

LTE回線はスマホでも使う回線ですから、スマホでインターネットが使えているなら
LTE回線に対応したポケットWiFiも使うことができます。

少し前まではLTE回線に対応したポケットWiFiで、
通信量を無制限に使えるものはほとんどありませんでした。

月間通信量が無制限でも3日間の通信量が1GBに制限されていたりして、
ADSLや光回線の代わりとして使うには力不足だったんですね。

しかし最近は月間通信量無制限で3日間の通信量にも制限が設けられていない、
LTE回線に対応したポケットWiFiサービスが登場してきていますよ。

LTE回線対応で通信量無制限のポケットWiFi

光回線が使えない田舎や山間部でADSLの代わりとなる、
LTE回線対応で通信量無制限のポケットWiFiをいくつか紹介しておきましょう。

まず1つ目は、テレビやYouTubeなどのCMでもお馴染みの
「どんなときもWiFi」です。

どんなときもWiFiはクラウドSIMに対応しており、ドコモ・au・ソフトバンク3キャリアの
回線から状況に応じて最適な回線を選んで通信します。
(自分で回線は選べない)

料金は月額3,480円で、
ADSLよりはちょっと高めですが光回線に比べると安くなっています。

ただ2年契約と契約期間の縛りがあり、
さらに3年目以降は月額3,980円と料金がアップするのがマイナスポイントですね。

ネクストモバイル

2つ目は「ネクストモバイル」です。

ネクストモバイルはソフトバンクのLTE回線に対応しており、以前は通信量に
制限があるプランのみでしたが、現在では無制限プランも利用できます。

無制限プランの料金は月額3,100円で、現状利用しているADSLサービスによっては、
ネクストモバイルに乗り換えた方が料金が安くなるぐらいですね。

また持ち運んで使うことを前提とした端末だけでなく、固定回線として使うことを
前提としたホームルータータイプの端末が選べるのネクストモバイルの特徴の1つです。

ただ契約期間(2年)の縛りがあり、3年目以降は月額3,600円と料金が
月500円高くなるのは、先のどんなときもWiFiと同様にマイナス点と言えます。

FujiWiFi

3つ目は「FujiWiFi」です。

FujiWiFiもクラウドSIM対応で、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアのLTE回線から
最適なものを選ぶ仕組みとなっています。
(自分で回線は選べない)

料金は月額3,980円で少し割高ですが、1年分の料金を前払いする「おまとめ支払」を
利用すれば月額3,480円で利用できます。
(おまとめ支払期間終了後も月額3,480円のまま)

2年契約など契約期間の縛りは無く、また一定期間以上継続して利用しても
料金がアップしないのもFujiWiFiのメリットですね。

ただ、最初に1年分の料金をまとめて払わないと料金が安くならないというのが
マイナスポイントとなります。

限界突破WiFi

4つ目は、最近何かと話題の歌手氷川きよしさんがイメージキャラクターを務めている
「限界突破WiFi」です。

限界突破WiFiもクラウドSIM対応で、
ドコモ・au・ソフトバンクの回線から状況に応じて最適な回線を端末が選んでくれます。

料金は月額3,500円と特別安くありませんが、
限界突破WiFiは契約事務手数料など初期費用が一切かかりません。

そのため2年間の支払総額で比較すると、
どんなときもWiFiやFujiWiFiよりも安かったりするんですね。

2年契約ですが、3年目以降に料金が高くなるといったことはありません。

Mugen WiFi

光回線が使えない田舎や山間部でADSL廃止に伴う乗り換え先としておすすめの
ポケットWiFi、最後は「Mugen WiFi」です。

Mugen WiFiもクラウドSIM対応で、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線が
使えます。
(自分で回線を選ぶことはできない)

料金は月額3,280円で、3年目以降も料金が上がりませんから、
使い方次第ではネクストモバイルよりお得ですね。

2年の最低利用期間が設けられていますが、
2年以上継続して利用すればいつ解約しても違約金は発生しません。

また利用開始から30日間はお試し期間で、この期間中の解約であれば違約金や
当月の料金は発生せず、契約事務手数料も返金されます。

WiMAXやワイモバイルはダメ?

先に紹介したものよりも「WiMAX」や「ワイモバイル」の方が知名度的には上ですが、
ADSLが廃止される田舎や山間部で使うポケットWiFiとしてはあまりおすすめ
できません。

WiMAXやワイモバイルがおすすめできないのは、「LTE回線じゃない」からです。

先に紹介したポケットWiFiはLTE回線を使いますが、WiMAXは「WiMAX2+」、
ワイモバイルは「AXGP」という回線を使います。

WiMAXでもワイモバイルでもLTE回線が使えないわけじゃなく
 ・WiMAX・・・auのLTE回線
 ・ワイモバイル・・・ソフトバンクのLTE回線
が使えます。

ただWiMAXやワイモバイルでLTE回線を使うと、
月間通信量が7GBに制限されて通信量無制限じゃなくなってしまうんですね。

WiMAX2+やAXGPはLTE回線よりも対応エリアが狭い

WiMAXのWiMAX2+、ワイモバイルのAXGPはいずれも、
LTE回線に比べると対応エリアが狭いんです。

WiMAX2+はLTE回線に迫る勢いでエリアを拡大しているものの、
山間部を中心にLTE回線よりも繋がらないエリアが多くなっています。

AXGPに関してはWiMAX2+よりもさらに対応エリアが狭く、
現状では都市部と街道沿いぐらいでしか繋がりません。

ですから都市部で使うならともかく、田舎や山間部で使うポケットWiFiとしては
WiMAXやワイモバイルはちょっと力不足なんですね。

WiMAXやワイモバイルは屋内や地下で繋がりにくいという弱点も

WiMAXやワイモバイルのポケットWiFiには、
屋内や地下といった閉鎖空間では繋がりにくくなるという弱点もあります。

これは通信に使う電波の周波数に関係しており、LTE回線のポケットWiFiが
700MHz~2.1GHzの電波を使っているのに対して、
WiMAXやワイモバイルでは2.5GHzの電波を使っています。

電波は周波数が高くなるほど、通信速度は上がりやすいですが、
障害物に当たると跳ね返されたり減衰したりしてしまいます。

反対に周波数が低い電波は、通信速度はあまり上がりませんが、
障害物を避けたりある程度透過して進むことができるんですね。

そのため周波数の高い電波を使っているWiMAXやワイモバイルは、
周波数の低い電波を使うLTE回線のポケットWiFiよりも屋内や地下で
繋がりにくくなってしまうわけです。

引き続きADSLが使える地域でも乗り換えは検討しておいた方が良い

全国的にはADSLが廃止されますが、
光回線が開通していない田舎や山間部では引き続きADSLが使えます。

だからと言って、ADSLから別のインターネット回線への乗り換えを検討しなくても良い
というわけではありません。

先に説明したように、光回線が開通していない田舎や山間部でも将来的には
ADSLが廃止される可能性が高くなっています。

ですから全国的なADSLの廃止をきっかけとして、ADSLの代わりに自宅で使える
インターネット回線にどんなものがあるのかぐらいは調べておくと良いですよ。

-ADSL

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.