ADSL

VDSLとは?VDSLって光回線とは違うの?

投稿日:

マンションなどの集合住宅で光回線を利用する場合、
光回線の最大通信速度が100Mbpsとなっていることがあります。

最大通信速度が1~2Gbpsであるはずの光回線が最大100Mbpsになっている原因は、
その集合住宅が「VDSL」を採用しているからです。

ではVDSLとはいったい何なのか、
集合住宅がVDSLを採用することで光回線の最大通信速度が100Mbpsになるのは
どうしてなのかなどについて詳しく見ていきましょう。

VDSLは光回線の配線方式の1つ

「VDSL」は、マンションなどの集合住宅で各部屋に光回線を分配する際の配線方式の
1つなんですね。

光回線の配線方式にはVDSL以外にも
 ・光配線方式
 ・LAN配線方式
があります。

比較的築年数の少ない集合住宅では光配線方式を採用するところも増えていますが、
少し築年数を経ている集合住宅ではVDSL方式が主流となっています。

部屋数の少ないアパートのような集合住宅ではLAN配線方式が使われている場合も
ありますが、全体的にはLAN配線方式を採用している建物は少ないですね。

VDSL方式・光配線方式・LAN配線方式の違い

VDSL方式と光配線方式とLAN配線方式では、
共用部から各部屋に光回線を分配するのに使うケーブルが違います。

最寄りの電信柱から光ケーブルを集合住宅の共用部に引き込むところまでは、
VDSL方式でも光配線方式でもLAN配線方式でも同じです。

その共用部から各部屋に光回線を分配するのに
 ・VDSL方式・・・アナログ電話回線
 ・光配線方式・・・光ケーブル
 ・LAN配線方式・・・LANケーブル
を使います。

アナログ電話回線は最大100Mbpsまでしか対応していないので、VDSL方式では
最大通信速度が1~2Gbpsの光回線でも最大100Mbpsになってしまうわけです。

光ケーブルを使う光配線方式だと最大1~2Gbps、LAN配線方式では
使われているLANケーブルによって最大通信速度が変わります。

VDSL方式

それぞれの配線方式で共用部から各部屋までどうやって光回線が分配されているかを
もう少し詳しく説明します。

まずVDSL方式ですが、
最寄りの電信柱から光ケーブルを集合住宅内の共用部に引き込みます。

最初に光ケーブルが引き込まれる共用部には、固定電話の主配線盤(MDF)が
設置されている「MDF室」が使われるケースが多くなっています。

MDF室に引き込まれた光ケーブルは「Premises Tamination(PT)」を通して
「集合型回線終端装置」に接続されます。

集合型回線終端装置と「VDSL集合装置」をLANケーブルで接続し、
VDSL集合装置から固定電話用のアナログ電話回線を使って各部屋に光回線が
分配されます。

各部屋にある固定電話用のモジュラージャックと「VDSL宅内装置」いわゆるモデムを
モジュラーケーブルで繋ぎます。

後はモデムとパソコンなどの機器を直接繋いだり、
WiFiルーターを使って無線化することで集合住宅内の各部屋で光回線を使った
インターネット接続が可能となります。

光配線方式

光配線方式でも、最寄りの電信柱から光ケーブルをMDF室に引き込んでPTに
接続するところまではVDSL方式と同じです。

PTに接続された光ケーブルは「スプリッタ」もしくは「パッチパネル」を通して、
そのまま各部屋に分配されます。

各部屋には「光コンセント」が設置され、光コンセントに「光回線終端装置(ONU)」を
LANケーブルで繋ぎます。

後はONUとパソコンなどの機器を直接繋ぐ、あるいはWiFiルーターを使って
無線化することで光回線のインターネットが利用可能となります。

LAN配線方式

LAN配線方式も、最寄りの電信柱からMDF室に光ケーブルが引き込まれてPTに
接続されるところまで先の2つの方式と全く同じです。

光ケーブルはPTを通して、MDF室内に設置されている「集合型回線終端装置」に
接続されます。

集合型回線終端装置から各部屋へは、モデムやONUとWiFiルーターを繋ぐ時などに
使うLANケーブルを使って光回線を分配します。

LAN配線方式では、各部屋に「LANコネクタ」が設置されるだけで、
モデムやONUといった終端装置は使いません。

LANコネクタにLANケーブルを使ってパソコンなどの機器を直接繋ぐか、
WiFiルーターを使って無線化することで光回線のインターネットが使えるようになります。

VDSLとADSLは何が違う?

光回線の前の主力回線と言えば「ADSL」ですが、この最初のアルファベット1文字が
違うだけのVDSLとADSLでは何が違うのでしょうか?

アナログ電話回線を使って通信するという点では、VDSLもADSLも同じです。

ただVDSLでは集合住宅内の共用部から各部屋までしかアナログ電話回線を
使わないのに対して、ADSLではインターネット回線そのものとしてアナログ電話回線を
使っています。

VDSLは共用部から基地局までは光ケーブルで繋がりますから、
基地局までアナログ電話回線で繋がるADSLに比べると通信速度が速いんですね。

ADSLの通信速度は最大50Mbpsですが、光回線のVDSL方式では最大100Mbpsと
なっています。

ADSLは基地局からの距離でも通信速度が変わる

VDSLとADSLのもう1つの違いは、
基地局との距離で通信速度が変わるかどうかです。

アナログ電話回線は通信距離が長くなると通信速度が減衰するという特徴があり、
ADSLでは基地局と自宅との距離が遠ければ遠いほど通信速度が遅くなります。

ですからADSLで同じ50Mプランを利用していても、基地局から自宅までの距離が
1kmの場合と4kmの場合では通信速度の実測値が大きく変わってしまいます。
(4km離れている方が遅い)

対して光ケーブルは距離による通信速度の減衰はほとんどないので、
基地局と自宅との距離によって通信速度が変わることはありません。

このようにVDSLとADSLには共通点もありますが、
インターネット回線としては全く別物なんですね。

マンションの光回線の配線方式をVDSL方式から光配線方式に変えられる?

最大100MbpsのVDSL方式と最大1~2Gbpsの光配線方式では、
光配線方式の方がインターネットを使う際の通信速度が速くなる可能性が高いです。

じゃあマンションで光回線の配線方式をVDSL方式から光配線方式に
変更できるかと言うと、無理ではありませんがかなり難しいんですね。

実はマンションの光回線の配線方式は、
マンションのオーナーとNTTの間で決められています。

また既存のアナログ電話回線を使うVDSL方式よりも、
光ケーブルを各部屋に引き込む光配線方式の方がコストがかかります。

そのため既存のマンションに後から光回線を導入する場合には、
NTTが光配線方式の導入を渋りがちなんです。

ですからマンションの入居者の都合だけで、マンションの光回線の配線方式を
VDSL方式から光配線方式に変更するのは難しいというわけです。

オーナーと管理組合を説得してNTTと交渉すれば光配線方式に変更できるかも

マンションの光回線の配線方式をVDSL方式から光配線方式に変更するのは
難しいだけで、できないというわけではありません。

ただVDSL方式から光配線方式に変更するには、まずマンションのオーナーと
管理組合を説得して光回線の配線方式の変更の承諾を得ます。

オーナーと管理組合の承諾を持ってNTTと交渉し、NTT側が首を縦に振れば
マンションの光回線の配線方式がVDSL方式から光配線方式に変更されます。

しかしオーナーと管理組合の承諾を貰うだけでも、
何度も話し合いを行わないといけないので、かなり時間がかかります。

また承諾を得たとしても、マンション内でNTTのフレッツ光利用者が少なければ
NTTと交渉しても不調に終わる可能性が高いです。

マンションの光回線の配線方式は変更可能というだけで
、実際に変更するには時間も手間もかかりますし、変更できる可能性も低いんですね。

NTT以外の光回線事業者を利用する方法もあるが・・・

どうしてもマンションの光回線を最大1~2Gbpsで使いたいのであれば、
NTT以外の光回線事業者に乗り換える方法もあります。

NTTと同じように最寄りの電信柱から共用部を通して光ケーブルを部屋に
引き込むこともできますし、戸建てのように電信柱から直接光ケーブルを
引き込むこともできます。

NTT以外の自社回線を使った光回線サービスには
 ・NURO光
 ・auひかり
 ・コミュファ光
 ・eo光
 ・Pikara
 ・MEGA EGG
 ・BBIQ
があります。

ただしマンション内で同じ光回線を使う人が少ないと、
マンションで利用しているにも関わらず戸建て用の料金が適用されます。

なのでNTT以外の光回線事業者に乗り換えることで、
通信速度は最大1~2Gbpsになりますが、料金も月1,000円ほど高くなってしまいます。

また集合住宅では、集合住宅内で使う光回線事業者を統一することで光回線の料金を
安くしてもらっているケースがあります。

ですから集合住宅に開通している以外の光回線を使う場合には、
事前に集合住宅のオーナーや管理組合に許可をもらわないといけませんよ。

フレッツ光以外の光回線もVDSL方式で使える?

集合住宅の光回線の配線方式としてVDSL方式を採用しているのはNTTだけでは
ありません。

KDDIの「auひかり」や電力会社系光回線の「コミュファ光」「eo光」などもVDSL方式を
採用しており、VDSL方式の集合住宅で利用可能です。

ちなみに「ドコモ光」や「ソフトバンク光」などの光コラボは、
NTTからフレッツ光の回線を借りて光回線サービスを提供しています。

ですからドコモ光やソフトバンク光などの光コラボも、
VDSL方式で利用することができます。

NURO光はVDSL方式では使えない

最大通信速度2Gbpsで「世界最速」を自認している「NURO光」は、
戸建て・集合住宅に関わらず100%光配線となっています。

「NURO光 for マンション」という集合住宅用のプランがありますが、
これも光配線方式で利用することになります。

なのでNURO光をVDSL方式で使うことはできませんが、
VDSL方式のマンションでNURO光を使うことは可能です。

通常通り最寄りの電信柱からMDF室を通って部屋に光ケーブルを引き込むか、
最寄りの電信柱から部屋に直接光ケーブルを引き込むことになります。

VDSL方式でもIPv6 IPoEで通信速度が速くなる?

VDSL方式のマンションでも、
通信方式を従来の「IPv4」から「IPv6 IPoE」に変えることで通信速度が速くなります。

従来のIPv4では、インターネットサイトとデータをやり取りする際に
「網終端装置」というところを経由しなければいけません。

この網終端装置は、インターネット利用者の多い時間帯になると非常に混雑しやすく、
通信速度低下の大きな原因となっています。

昼間や平日に比べて夜間や休日などに通信速度が遅くなるのは、
網終端装置の混雑が原因となっていることが多いんですね。

それがIPv6 IPoEに変わることで、網終端装置を経由しなくても
インターネットサイトとデータのやり取りができるようになります。

混雑しやすく通信速度低下の原因となるところを通らなくて良いわけですから、
VDSL方式でもIPv6 IPoEで通信速度が速くなるというわけです。

IPv6 IPoEを利用するには

光回線を使っていれば誰でもIPv6 IPoEが使えるわけではなく、
利用しているプロバイダがIPv6 IPoEに対応していなければいけません。

マイナーなプロバイダは対応していないところも少なくありませんが、
 ・BIGLOBE
 ・@nifty
 ・So-net
 ・GMOとくとくBB
 ・Yahoo!BB
などの有名どころであれば大体IPv6 IPoEに対応しています。

プロバイダに連絡して「IPv6 IPoEを使いたい」と言うだけでOK、
工事や機器の変更は必要ありませんし、IPv6 IPoEの利用料金も発生しません。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6ならよりベター

単なる「IPv6 IPoE」ではなく「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」を利用した方が
より通信速度アップが期待できます。

詳しい説明は省きますが、IPv6 IPoEだと
 ・Google
 ・YouTube
 ・ネットフリックス
 ・Facebook
 ・ウィキペディア
など通信速度が速くなるサイトが限られています。

しかしIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6であれば、
ほぼ全てのサイトで通信速度アップが期待できるんですね。

ちなみにIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6は、プロバイダによって
 ・v6プラス
 ・IPv6オプション
 ・高速ハイブリッド
 ・v6エクスプレス
などの名称で提供されています。

ただし光回線でWiFiルーターを使っている場合は、IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6に
対応したWiFiルーターでないと通信速度アップの効果が期待できません。

またプロバイダによってはIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6を利用するための
オプション料金が発生する場合があります。
(無料で利用できるプロバイダも多い)

VDSL方式でもオンラインゲームはプレイできる?

VDSL方式でオンラインゲームをプレイすることは、もちろん可能です。

オンラインゲームにはそれほど通信速度は必要無く、
20Mbps程度も出ていれば何の問題も無くプレイできます。

ただVDSL方式では一部アナログ電話回線を使っていることもあって、
光配線方式に比べると通信の安定性が劣ってしまいます。

そのため光配線方式や戸建てで光回線を使っているプレイヤーと対戦する場合は
不利ですし、協力する場合は足を引っ張ってしまう恐れがあります。

また「VR」のような高画質なゲームにもVDSL方式はあまり向いているとは言えません。

なので現状ではVDSL方式でもオンラインゲームがプレイできますが、
今後オンラインゲームが進化するとVDSL方式でプレイするのが難しくなるかも
しれないですね。

VDSL方式が嫌なら引っ越すしかない?

光配線方式が増えてきているとは言え、
まだまだ集合住宅ではVDSL方式を採用しているところが多くなっています。

VDSL方式は光配線方式に比べて通信速度が遅く、安定性でも劣りますが、
だからと言って集合住宅の配線方式をVDSL方式から光配線方式に変更するのは
簡単ではありません。

また別の光回線事業者に乗り換えるにしてもオーナーや管理組合の許可が要るので、
こちらも簡単にはできません。

どうしてもVDSL方式が嫌だというのであれば、
現状では光配線方式の集合住宅か戸建てに引っ越すしかないですね。

-ADSL

Copyright© 光コラボの事業者変更で得する方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.